bunoshi

転職、働き方を考えるブログ

経理の仕事は難しい?資格があれば理解も早くなる

経理の仕事は難しい

未経験で経理の仕事を目指すときに、実務経験が優先されている状況を見ると「経理の仕事は難しいのかな?」と思いますよね。

事務経験はあるけれど経理はやったことが無い方や、計算に苦手意識を持っていれば、そう思うのも仕方がないことかもしれません。

実際に経理として働いてみればわかることですが、恐らく経理として働きだした最初の1年は戸惑うことが多くなるでしょう。

でもそれは、ほかの職種でも同じこと。経験のない仕事は内容を覚えるまで難しいものです。

 

 

経理の仕事内容

基本的に会社のお金の流れを管理することが経理の仕事。具体的には、小口清算や預金の管理、売上・入金の確認、経費の精算などを行います。

会社によっては週単位か月単位で費用と収益のバランスを確認して、必要があれば関係部門に改善提案を行うことも必要です。

  • 仕入に関する管理
  • ・・買掛金の管理など
  • 売上に関する管理
  • ・・売上管理、売掛金の管理、請求書の発行、領収書の発行など
  • 預金や現金の管理
  • ・・現金、預金、小切手、手形、経費の仕訳など
  • 財務状況のまとめ
  • ・・月次決算、年次決算
  • 資産の管理
  • ・・減価償却など
  • 給与や社会保険の計算
  • ・・給与計算、年末調整、社会保険料など
  • 税金の計算
  • ・・源泉所得税、法人税、法人住民税、消費税の計算など

それ以外にも銀行や税理士事務所、会計事務所との調整、銀行への振り込みや記帳、備品の買い出しや掃除などの雑務を行うこともあります。とは言え雑務を行うのは社員ではなく、派遣社員やパートが多いですね。

また、会社の規模によっても仕事内容が変わってきますので、詳しいことは勤め先に聞かないと分かりません。

傾向としては、大企業ほど経理専門職として働くことが多く、中小企業の場合は総務や人事を兼務することが多いようです。大企業の子会社の場合は、銀行との調整が一切ないケースもあります。

 

最初の1年で仕事のサイクルを覚えよう

経理の仕事は1日単位、1か月単位、1年単位で同じことを繰り返しています。

なので、最初の1年は「経理は難しい」と思うことが多いかもしれませんが、そこを乗り切れば後は似たようなサイクルで進みますので、気持ちが楽になるはずです。

1日単位の仕事では、小口現金の管理や仕訳伝票の入力、消耗品の在庫チェックや発注などを行います。

1ヶ月単位では、毎日の入力に間違いがないかをチェック、月末に手形の発行、売掛金の入金確認、手形の受け取りや領収書の発行、月締め処理など。

1年単位では、棚卸しや減価償却、決算書類の作成、税務申告、株主総会にむけた報告書の作成などを行います。

とにかく1年目はどの仕事をどのタイミングで行っていたのかを覚えることが大切です。

 

簿記を覚えれば経理の仕事の覚えも早くなる

簿記の資格を取得するか勉強すれば、経理の仕事を覚えるのが早くなります。

経理の仕事は、日々の取引を会計データとして集計することとも言えます。そして取引を記録しているのは「伝票」と「帳簿」です。

簡単に言えば、会社で行われる取引は「売上伝票」や「仕入伝票」と言った「伝票」で記録します。小口現金の入出金も記録するための「伝票」が存在します。

経理担当者はその伝票を集めて「仕訳帳」や「総勘定元帳」と言った「帳簿」にまとめます。

この、帳簿にまとめる作業を「仕訳」と言う簿記のルールに従って行うのです。だから、簿記を覚えると経理の仕事を覚えるのも早くなります。

最近は会計ソフトの性能が上がっていますから、簿記の知識が無くても仕事を行うことが出来ます。ですが、会計ソフトが自動でやってくれると言っても、その内容が正しいかどうかは入力した人が判断しないといけません。

つまり、入力するのに知識は必要ないけれど、確認するために知識が必要なのです。

簿記3級を勉強するだけでも、かなり違ってきますよ。

 

経理におすすめの資格

経理の仕事を覚えるのに資格を勉強することはすごく大切です。

基本のルールが決まっている仕事ですから、資格の知識がそのまま仕事で生きてきます。

FASS(Finance Accounting Skill Standard)

経済産業省が経理・財務に関わる人の育成を目的に実施している検定試験です。

月次の業務管理から決算業務の進めから、各種税金の申告方法まで学べるので、経理業務の基礎知識を身に着けたい人におすすめ。

給与計算実務能力検定

どんな会社でも行われている給与計算。その業務に携わるのに必要な正しい知識と実務能力が身についているかを測るための検定試験です。

厚生労働省が認可する団体が主催している資格なので、実務能力を身に着けるために学ぶのも良いですよね。

その他

上でも書きましたが、簿記(3級・2級)の資格があると経理の仕事を覚えるのが早くなります。

それ以外にもFP(ファイナンシャルプランナー)は幅広い分野でのお金に関する知識が学べます。

さらに上を目指すのなら、公認会計士や税理士の資格取得を目指してもいいでしょう。

 

まとめ

経理の仕事は、はたから見ると難しく思えるかもしれませんが、1年経験すれば大体のことは理解できます。

もちろん1年の経験ですべての仕事が出来るとは限りませんが、経理は1年周期で同じ仕事を繰り返しますから、経験をするだけでも気持ちが楽になるはずです。

もし、仕事が難しく理解できないのなら、簿記やFASSを学んでみてください。

経理は決まったルールに沿って仕事が進んでいきますから、学んだ知識をそのまま仕事に生かすことができます。

基礎となる知識があれば、難しいと感じることも少なくなるはずです。


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi