読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

働き方を考えるブログ

タイトルに入れるキーワードの決め方。過去記事にテコ入れをしてアクセスアップ

ブログ運営 ブログ運営-SEO

キーワードの決め方

ブログの記事数は増えたけどほとんどアクセスが増えないな、なんて思っていませんか?

僕は今そう思っています。記事数は増えてきましたが、思ったほどアクセスがアップしません。

実際ブログのアクセスを調べると、過去記事に検索で流入している数がかなり少ない。

つまり過去記事がほとんど検索に引っかかっていないんです。

これではせっかく書いた記事がもったいない。

そこでアクセスアップさせるためにSearch Consoleを使って実際に検索されているキーワードを調べ、検索に引っかからない過去記事のタイトルを見直す事にしました。

 

過去記事のテコ入れ手順

次の手順で記事にキーワードを入れていきます。

  1. Search Consoleで実際に検索されているキーワードと表示回数、クリック率を調べる
  2. キーワードプランナーで検索されているキーワードの検索ボリュームを確認
  3. タイトルに検索ボリュームが2000程度あるキーワードを入れる

 

Search Consoleで個別のページを調べる方法

まずはSearch Consoleで調べたいページがあるサイトを選択します。

僕は「bunoshi」しか運営していませんので迷わずクリック。

f:id:ranmaru-24mensou:20151010071742p:plain

次に検索アナリティクスをクリックします。

f:id:ranmaru-24mensou:20151010072157p:plain

 

次にページの下にあるフィルタなしをクリックし、ページをフィルタをクリックします。

 

f:id:ranmaru-24mensou:20151010072516p:plain

 

次に調べたいページのURLをコピーします。

f:id:ranmaru-24mensou:20151010072738p:plain

コピーするのはドメインを除いた部分。上の画像で青くなっている部分です。

http://bunoshi.hateblo.jp/entry/2015/10/03/122642」なら「/entry/2015/10/03/122642」の部分。「/」も忘れずにコピーしてください。

 

コピーしたURLをページをフィルタの赤枠部分に貼りつけフィルタをクリックします。

 

f:id:ranmaru-24mensou:20151010073006p:plain

 

そしてクエリにチェックを入れるとそのページが検索されているキーワードとクリック数がずらずらずらっと出てきます。

 

f:id:ranmaru-24mensou:20151010073222p:plain

 

そして、クリック数・表示回数・CTR・掲載順位すべてにチェックを入れると分析できる項目が増えます。

 

f:id:ranmaru-24mensou:20151010073513p:plain

 

・クエリ : どんなキーワードで検索されているか

・クリック数 : 実際にそのキーワードで何回流入があるのか

・表示回数 : 検索キーワードでページが何回表示されたか

・CTR : クリック数÷表示回数

・掲載順位 : Google検索での掲載順位

 

 この結果をもとに、過去記事にテコ入れをしていきます。

 

アクセスアップの為に、タイトルの見直し

アクセスアップの為に、記事タイトルを見直します。

先ほどの結果でクエリ上位にあるキーワード。このキーワードがどの程度検索されているかをキーワードプランナーを使って調べます。

 

キーワードプランナーの検索ボリュームと傾向を取得をクリックします。

 

f:id:ranmaru-24mensou:20151010074839p:plain

 

オプション1:キーワードを入力の枠内にクエリ上位に表示されたキーワードを入力して検索ボリュームを取得をクリックします。

 

f:id:ranmaru-24mensou:20151010075650p:plain

 

その結果でタイトルとキーワードを変えていくんですが、まぁここまで見事に検索数が少ないと困っちゃいますね。真田丸以外ほとんど検索されていません。

この記事は2015年10月11日を過ぎたら消える運命なのでテコ入れはしませんが、アクセスアップには「キーワードを考えないとだめ」だと言うことだけは良く分かりました。

 

f:id:ranmaru-24mensou:20151010080043p:plain

 

タイトルに検索ボリュームが2000ほどあるキーワードを入れる

検索ボリュームを調べた時、ボリュームが2000ほどあるキーワードが入っていて、表示回数・クリック率が高ければ何もする必要はありません。

ですが、ほとんど検索されないキーワードでしか表示されないのであれば、タイトルをみなします。

キーワードの決め方

  1. 記事を読みなおし、何について書いたのかを考えて「goodkeyword - Google/Bing/Yahoo関連キーワードツール」で関連するキーワードを調べます。
  2. キーワードプランナーで検索のボリュームを調べ、2000ほどあるキーワードをタイトルに入れます。
  3. サブタイトルとして検索数の少ないキーワードも入れます。

 

こちらの記事にやり方が分かりやすく書かれていました。

 

west81.hatenablog.com

 

もしキーワードが思いつかなかったり分からなければ「SEO 高屋 | 1クリックで自動分析SEOチェックツール」で記事を調べると、検索の順位や検索されているキーワード、関連キーワードを一度に調べることが出来ます。

 

やり方は、診断ページURLに調べたいページのURLを入力しSEO診断チェックをクリックします。

 

f:id:ranmaru-24mensou:20151010082823p:plain

 

すると検索順位、キーワード出現率、被リンクや、

 

f:id:ranmaru-24mensou:20151010083009p:plain

 

関連キーワードを調べることが出来ます。

 

f:id:ranmaru-24mensou:20151010083149p:plain

 

さらに関連キーワードの下にある「続きを見る」をクリックすると。

 

f:id:ranmaru-24mensou:20151010083314p:plain

 

キーワードの検索ボリュームが見られます。

この結果を参考にしながらキーワードを組み合わせていきます。上の例なら「松代」と「十万石」と「祭り」を組み合わせて「松代十万石祭り」を・・・・・・ってそのまんまだ。

まぁ、表示された関連キーワードを参考にgoodkeywordで関連キーワードを調べ、キーワードプランナーでボリュームを確認してタイトルにキーワードを入れていて行くのが良いと思います。

全然関係のないキーワードも出てきますので。

 

さいごに

どの程度の検索ボリュームを狙うかは自由ですが、僕は1000~2000位を狙っていこうと思います。

あまりにもボリュームが大きすぎると上位表示はされないでしょうし、少なすぎても見に来てくれないので。

後はカテゴリの見直しと、記事の内容も見直さないとな。

過去記事が資産となるように、頑張ります。

 

追記

タイトルに入れるキーワードはとても大切です。

大体1000~2000くらいのキーワードを狙いたいところですが、キーワードプランナーの仕様が変わり、広告を出さないと検索のボリュームがみられなくなりました。

 

なので、キーワード選定は検索ボリュームのあるものなら何でもOKです。

検索数が少なくても、実際に記事を書いてみると意外とアクセスが多いこともあります。

 

大切なのはタイトルと記事の内容が一致していること。

検索したユーザーの意図に沿った内容になっていることです。

 

この二つを心がければ、アクセスは自然と集まるようになります。


転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項

Presented by bunoshi