bunoshi

転職、働き方を考えるブログ

新卒3年以内で退職した第二新卒は転職市場での価値が高い

新卒3年以内で退職した第二新卒

新卒で入社したけれど、想像していた職場と違っていた、人間関係に馴染めない、給与が安いと言った理由で退職する人が増えています。

なんと新卒で入社した人の3割が3年以内に退職するというデータもあるほど。でも短期間で退職すると次の仕事が見つからないのではないか、と言う不安もありますよね。

実は転職市場では、新卒で入社して数年勤めた第二新卒の価値がすごく高いので、仕事を探すのはそれほど苦労することはないはず。

ただ行き当たりばったりで転職をしていては、また短期間で辞めたくなる可能性もありますよね。

この記事では転職を繰り返さないために、第二新卒が転職するときの注意点を書いていきます。

 

 

第二新卒は市場価値が高い

第二新卒と呼ばれる新卒で入社して3年程度で辞めた人(明確な定義はないが25歳~27歳前後の人)は転職市場で非常に価値が高いと言われます。

その理由は「企業の色に染まっていない」「社会人としての基礎が出来ている」と考えられるからです。

企業の色に染まっていない

1つの会社に長く勤めると良くも悪くもその会社のやり方に馴染んでいきます。この「会社のやり方に馴染む」ことを布に例えて「色に染まる」と言います。

営業一つ取ってみても「細かく報告をしろ」と言う会社と「報告するより実績を上げろ」と言う会社がありますし、「報告をするより実績を上げろ」で働いてきた人が「細かく報告をしろ」と言う会社に転職したら、お互いにやりにくくなりますよね。

その点、社会人になって3年程度だとまだ企業の色に染まりきっていないので、「新しい会社のやり方に早くなじめる可能性がある」と言う意味でも市場価値が高くなるのです。

社会人としての基礎が出来ている

3年程度1つの会社で働けば社会人としての基礎、「報・連・相」や仕事に取り組む姿勢は出来ていると考えられます。

会社では新卒に基礎を教えるだけでも教育コストがかかりますから、基礎が出来ている第二新卒を採用するとその分コストが削減できるのです。

「基礎を教えなくて済む」から市場価値が高くなります。

 

入社1年で辞めると市場価値が下がる

企業の目線で考えると入社して1年で退職する人はある意味問題児です。

理由はコストにあるのですが、入社して1年目は教育や研修が中心になる期間ですから教育コストがかかって赤字、2年目でようやく収支がゼロになるかな、と言うところです。3年勤めることでほとんどの場合黒字になります。

そのため、新卒1年で退職すると次の仕事を探すのが難しくなりますし、1面未満の転職を繰り返すと就職先が見つけにくくなります。

とは言え年齢でポテンシャル採用されるケースも多いので、最初の会社は1年で辞めたけれど次の会社では3年は勤めることが大切、要は短期間での転職を繰り返さなければいいのです。

短期間で辞める場合でも1つは目標をクリアする

時間は資本ですからどうしても耐えられない仕事を何年も続ける必要はありません。ですが転職を考えた場合、たとえ1年で辞めるとしても何かしらの成果を残すようにしましょう。

理由は「働いた期間は1年ですが、その間に〇〇と言う目標を達成しました」と面接で伝えるためです。

ただ仕事が嫌で退職した人と、それでも歯を食いしばって実績を残した人とでは、面接官が受ける印象に天と地ほどの差が出てきます。

仕事で実績が残せないのなら、次の仕事につながる資格を取得しても良いのです。「嫌だから辞めたんだな」と思われるのか「辛い仕事の中でも頑張ってきた」と思われるのかの差は、かなり大きいですよ。

 

第二新卒が転職にかかる期間

人によって差はありますが、第二新卒が転職にかかる期間はおおむね半年から1年だと言われています。

時間がかかる一番大きな理由は「転職活動を経験したことが無い」ことです。人によっては新卒での就職活動とごっちゃになっていることもあります。

新卒の就職活動と転職活動の大きな違いは、採用される基準にあります。

つまり、新卒の場合は「将来に対するポテンシャル」で採用されますが、転職の場合は「収益の実績」と「定着性」で採用されます。

この新卒と転職の「差」を理解しておかないと、転職にかかる期間はどんどん長くなってきます。

学生のように「こんなことを頑張りました」と話しているようではダメ。「〇〇に取り込み〇〇と言う実績を残しました。御社では〇〇で貢献いたします」と、具体的な成果を話さないといけないのです。

 

転職活動の進めかた

具体的な活動はハローワークか転職エージェントを利用して、人に相談しながら進めてください。また、在職中に仕事を探すことも大切、なぜなら新卒だと貯金もなく、生活費に困る可能性が高いからです。

人に相談しながら転職活動をする

新卒での就職活動しか経験したことのない第二新卒は、残念ながら実績や経験、今後の方向性を伝えるのは素人同然です。またキャリアの棚卸しや履歴書・職務経歴書の作成も上手くいかない可能性があります。

なので、転職をバックアップした経験が豊富なハローワークや転職エージェントに相談することが大切。プロの意見を聞くことで自分を効果的にアピールする方法を学ぶことが出来ます。

転職エージェント最大手のリクルートエージェントは、求人の量が多く質も高いことで評判です。

担当になるキャリアコンサルタントにより対応に差が出てしまうのが玉に瑕ですが、大手ならではの経験と実績からくるアドバイスは、すごく参考になるので、利用者の多くが「満足した」と感じているようです。

また、求職者の経歴をしっかりと考え未経験の職種でも求人を紹介してくれるので、迷っている方には選択肢が広がって嬉しいですよね。

求人の質だけを考えても登録する価値がある転職エージェントです。

登録はこちら⇒リクルートエージェント

 

最後に

第二新卒は転職市場での価値が高いのですが、1年で退職するとその価値が大きく下がってしまいます。

その影響を最小限に抑えるためにも、何か1つ実績を残してから辞めるようにしましょう。また、次の仕事では3年は勤めると強く思うことも大切です。

実際の転職活動は在職中に、プロに相談しながら進めてください。

新卒の就職活動とは内容が大きく異なりますし、見られるポイントも違ってきます。経験がないことを自分の判断だけで進めると、想像以上に時間がかかったり、とんでもないブラック企業に引っかかったりするものです。

転職の進め方を間違えなければ、きっと良い会社に巡り合えるはずですよ。

 


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi