読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

転職、働き方を考えるブログ

未経験で営業から経理に転職するには。簿記1級を取得する意味はあるのか

転職

未経験で営業から経理に転職するには

ノルマがきつい、社内でも調整、社外でも調整をしないといけない、仕事の量が多く残業続きで辛い、と言った理由で営業を退職し、違う職種へ転職したいと考える営業は大勢います。

そのほとんどが「次はノルマが無く定時で帰れる仕事」に就きたいと考えますが、一般事務や総務、人事を目指す人はそう多くありません。

二度と営業に戻りたくないという気持ちもあり、一度スキルが身に就けば転職もしやすいであろう経理職を目指すことが多いのです。

営業から経理への転職は、比較的成功しやすいという話も聞きますが、実際はかなり難しい。

と言うのも、中途採用では資格よりも経験を重視するからです。

この記事では、未経験で経理に転職するために必要なことと、どんな人材が求められているのかを紹介します。

 

 

中途採用は資格より経験が重視される

20代なら、ある程度規模の大きい会社の経理へポテンシャル採用されることもありますが、中途採用の場合は経験が無ければかなり厳しいのが現実です。

例えば未経験で簿記2級を取得している30歳男性と、経験3年で資格なしの30歳男性なら、経験3年の男性の方が採用されやすくなります。

つまり、簿記2級は「最低限の知識を持っている」と言う証明にしかならず、経験者より優位に立てるわけではないのです。

当たり前ですが、「資格を持っているから経理が出来る」わけではありませんし、そう思ってもらえることもありません。

経理の中途採用は経験が重視されます。

ではなぜ営業から未経験で経理を目指したときに、簿記2級を取得するように言われるのでしょうか。

 

簿記2級は最低条件

未経験で経理を目指すとき、簿記2級を取得していることは最低限必要なことになります。

簿記の資格もなく、経験もなければ「経理のことを何も知らない人」だと判断されるのです。

何度も書きますが、経理の中途採用は経験重視です。

簿記の資格も経験ない人が「経理がやりたいんです!やる気はあります!」と言ったところで採用されるわけがありませんよね。

まだ「経理がやりたいので簿記2級を取得しました!」の方がやる気が伝わりますし、最低限の知識はあることが分かります。

 

つまり「未経験で経理を目指すなら簿記2級を取得しろ」と言うのは、やる気と知識があることを示すためです。

何もなければスタートラインにさえ立てないので、せめてスタートラインの一歩手前まで行くために、簿記2級の取得を進めるのです。

 

経理経験を積む方法

では、スタートラインに立つにはどうすればいいのか。

そのためには経理経験を積むしかありません。

経理経験を積む方法はいくつかありますので、紹介します。

 

派遣社員として経験を積む

派遣社員で経理として働き経験を積む方法があります。

忘れてほしくないのは、派遣社員として経理で働く時点では、未経験だということ。

派遣社員を採用するメリットは「教育する必要がないこと」なので、未経験者に年次決算まで行う仕事を任せることはありません。

 

実際の仕事は、未経験でも出来る簡単なものから、経験者じゃないと出来ないものまで幅広くあるようなので、最初は簡単な仕訳を行う仕事からスタートすることになります。

そして徐々に経験を積んで行くことで、売掛金や買掛金の管理、月次決算などを任されるようになり、最後に年次決算を経験することになるのです。

そのため、未経験からスタートすると当然必要な経験を積むまでに結構な時間がかかります。

中途採用で正社員になるには、出来れば決算業務まで経験しておきたいところですが、そこまでたどり着くのが意外と大変かもしれません。

 

パート・アルバイトで経験を積む

会計事務所や税理士事務所でパート・アルバイトとして働き、経験を積むこともできます。

税理士事務所の仕事は、クライアントからレシートや通帳、請求書などを預かり、仕訳を会計ソフトに入力すること。

そして月次決算資料(貸借対照表・損益計算書)を作成し、クライアントに報告。1年経ったら決算を行います。

会社の経理よりも仕訳の量が多く、決算もクライアントの数だけ行いますので、パート・アルバイトで採用されれば、派遣社員として働くより知識が早く身に付きます。

経験を積むまでの期間も短くて住みますが、採用されるまでが大変かもしれません。

 

職業訓練校で資格と経験を手に入れる

ハローワークに相談して、簿記の資格が取得できる職業訓練校のコースを受講する方法もあります。

メリットは、失業給付金をもらえるのであれば、卒業まで給付期間を延ばしてもらえることと、簿記を授業で教われること。

そして、実際に会社や税理士事務所、会計事務所で実務経験を数か月積むことが出来ることです。

デメリットとしては、卒業までに就職が決まらないと収入が途絶えるため、妥協して就職してしまうことですね。

 

簿記2級を取得し経験を積んでやっとスタートライン

未経験から経理に転職するには、簿記2級を取得し実務経験を積んでやっとスタートラインに立てます。

ここからは、諦めずに多くの求人に申し込むことです。

経理は非生産部門ですから、会社もそれほど多くの費用をかけたくないもの。なので必要最低限の人数になっていることがほとんどです。

そのため、欠員が出た場合でも即戦力となる経験者を求める傾向が強くなります。

 

さらに、日本の会社の約99%は中小企業ですが、中小企業の場合はリーダーシップがあり1人で決算業務までこなせる経験を求めます。

つまり、ライバルのほとんどが実務経験のある人なので、派遣社員やパート・アルバイトで経験を積んでも、面接まで行けるスタートラインにやっと立てただけ。

スタートラインと言っても、書類選考で落とされる件数が減ったかなくらいなものです。

 

また、採用されるには、運とタイミングも重要になってきます。

例えば、あと数年で定年退職だから後継者を育てたい、今の経理担当が異動するから変わりの人材を採用したい、とかですね。

そういった求人に当たると、採用される可能性がかなり高くなります。

 

中途採用の求人で欠員が出たあとの補充では、採用されるのはかなり難しいでしょう。

 

簿記1級、税理士科目を目指すべきか

簿記2級を取得しても採用されないと、採用されるには簿記1級を目指せと言われます。

そして簿記1級を取得しても採用されないと、税理士科目を目指せと言われます。

最初に書きましたが中途採用では資格よりも経験を重視します。なので、経験が不足しているのに資格だけ追いかけても採用されることはありません

むしろ税理士事務所に就職することを目指した方が、採用される可能性があります。

 

それでも簿記1級や税理士科目の取得を目指すのは、学び続ける姿勢を示すことが、面接で効果があるからです。

簿記2級で満足している人よりも、上を目指して勉強している人の方がやる気があると思いますよね。

もし、実務経験も年齢も資格も同じなら、よりやる気のある人を採用したくなるものなのです。

 

求められる人材像

経理の中途採用で求められるのは資格よりも経験だと何度も書きました。

では実際に求められるのはどんな人材なのでしょうか。

  • 仕訳の経験
  • 月次決算の経験
  • 簿記2級程度の基本知識
  • リーダーシップ

ここまでは最低条件として求められます。

さらに中小企業で欠員を補充するための募集だと、

  • 簿記1級程度の知識
  • 年次決算の経験
  • 経理・財務の経験
  • マネジメントスキル

も、求められることがあります。

また、中小企業の場合、予算や業績の管理と分析、資料にまとめて社長に報告する。と言ったことまで出来ると採用される可能性が高くなります。

 

中小企業によっては「管理部」として人事・総務・経理・財務が一つにまとまっている事もありますので、経理以外の経験が必要なケースもあります。

もし採用されればより経営に近い立場で仕事ができますから、やりがいはものすごくありますが、未経験では採用されることはまずないでしょう。

 

会計事務の有効求人倍率

厚生労働省の発表では2016年1月の会計事務の有効求人倍率は0.67倍、ただし非正規込みの倍率です。

経理で社員が不足していることはほぼない、と考えて良いと思います。事務職は人気が高いので、経験者でも転職するのは難しいのが現実です。

 

転職活動はハローワーク・転職サイト・転職エージェントを利用する

経理への転職を目指すのなら、ハローワーク・転職サイト・転職エージェントを利用して活動してください。

 

理由は、それぞれ扱っている求人に違いがあり、未経験で経理に転職するには、幅広く情報を集める必要があるからです。

ハローワークには転職サイトや転職エージェントに求人を出さない中小企業の求人があります。

転職サイトには、1つの求人で大量に応募者を集めたい求人があります。

転職エージェントには、ピンポイントで企業が欲しいと思ったスキルを持っている人を募集するための求人があります。

それぞれ質の違う求人を広く集め、数をこなすことが未経験で経理に転職するために必要です。

 

まず管轄内のハローワークに行き、求職者として登録しましょう。この際、情報を開示するようにしてください。情報を開示することで企業側からハローワークを通してオファーが来ることがあります。

 

次に転職サイトと転職エージェントに登録しましょう。

転職サイトはリクナビNEXT ピタジョブ 、転職エージェントはリクルートエージェントに登録してください。

リクナビNEXTとピタジョブは掲載されている求人の量が多いので、情報を集めるのに最適です。

転職サイトに登録したら職務経歴をすべて入力し、スカウトメールを受け取れるようにすることで、転職の可能性を知ることが出来ます。

もし、経理としてスカウトメールが届くようなら、転職できる可能性が高いということです。

 

また、リクルートエージェントは、業界最大手だからこそ持っている転職ノウハウと、その経験の多さからより参考になるアドバイスが期待出来ます。

面談をするときは職務経歴を必ず持っていき、経理へ転職出来そうか相談しアドバイスを求めてください。

さらに、個人の経歴を重視し、未経験の業界でも求人を紹介してくれることがあります。経理に転職したいと伝えても、該当する求人があれば紹介してもらえる可能性が高いのです。

担当するキャリアコンサルタントにより、対応に差が出るのは玉に瑕ですが、求人の質だけみても、登録する価値が十分にあるエージェントです。

 

経理を目指していると伝えた時点でサービスを断られたら、今の段階では転職エージェントを利用した転職は難しいということ。

気にせず、ほかのエージェントにも登録してみましょう。

 

まとめ

未経験で営業から経理へ転職するのはかなり難しい。そもそも未経験ではスタートラインに立つことさえ出来ないのです。

まずは簿記2級を取得し、それから経験を積んでください、そこで初めてスタートラインに立てます。

 

ただし、そこから先も厳しい道になることは変わりがありません。

経理の中途採用では資格よりも経験が重視されます。そして求められる経験は、実務として月次決算が出来ることが最低条件。

求人が一番多い中小企業では、マネジメントスキルを持った年次決算の出来る経験者を求めています。

 

また、経理経験を積むには一度退職し、派遣かアルバイトとして働く必要があります。今勤めている会社を退職するだけでもリスクが高いですよね。

 

と、ネガティブな面ばかりを書いてきましたが、30代未経験で営業から経理に転職した人は実際に何人もいます。実際ぼくも、職業訓練校を利用することで営業から経理に転職しました。

資格と経験を身に着ければ不可能ではない、ただ果てしなく遠く、そして狭い門だと言うだけのことです。

 

もし「営業が嫌だから他の仕事が良い」と言う安易な理由で経理を目指すのであれば、ほかの職種を検討することをお勧めします。

 


転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi