読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

転職、働き方を考えるブログ

未経験者が一般事務に転職するには

未経験者が一般事務に転職するには

残業が少なくノルマがないことから一般事務は人気の高い仕事、応募人数に対して求人の数が少ないのも特徴です。

ですが、一般事務は未経験者でも転職できる可能性が十分にある職種。

この記事では、一般事務の仕事内容と未経験で転職するためのポイントについて書いています。

 

 

一般事務に求められるもの

一般事務はたとえ経験者であっても、別の企業に一般事務で転職することは難しいと言われています。

理由は色々ありますが、未経験者を採用する理由は「育てていきたい」ことと「仕事を頼みやすい」ことがあるようです。

一般事務は営業や経理・人事と言った他部署をサポートする仕事が多く、なるべく仕事を頼みやすい方を求めるのは当然とも言えます。また、ほかの企業で経験を積んでいると、「色を塗り替えるのが大変」だと考えることも。

そのため、既存の従業員よりも若く、企業の色に染まっていない方を求める企業もあるようです。

逆に経験者を求める企業は、専門性が強かったり、経理・人事と言ったほかの事務を兼務していたりするケースが見られます。急な欠員の補充も経験者を求めることが多いようです。

最近では、正社員を採用せずに派遣社員や契約社員で補う企業も増えてきていますから、経験者、未経験者に関係なく、正社員をして就職するのは不可能ではありませんが、難しいでしょう。

 

一般事務の仕事

一般事務の基本的な仕事は、

  • 書類作成(資料・契約書など)
  • 電話対応
  • 来客応対
  • メール対応
  • 郵便物の仕分け
  • データ集計

になります。それ以外にも営業事務や経理、庶務、総務、人事などの補佐的な仕事を行うこともあります。企業によっては海外とのやり取りや、専門分野を扱うこともあるようです。

中小企業の場合一般事務だけで募集されることは少なく、営業事務や経理事務を一緒に行うケースが多くあります。

 

必要なスキル

パソコンを使った事務処理がメインになりますので、ワードやエクセルがつかることは必須になります。

それ以外に、簿記の資格や英会話が出来ると評価が高くなるようです。

 

アピールポイントをどうするか

電話やメールでの応対、来客対応が多くなりますから、コミュニケーション能力と接客マナーが身についていると評価が高くなるでしょう。

また、営業や経理・人事部のサポートに回ることも多く、協調性があることも必要になってきます。

 

一般事務は減りつつある

もし、営業のノルマがきついから一般事務になりたいと考えているのなら、別の職種を探すことをお勧めします。

一般事務は身に就くスキルが少なく、キャリアとしても弱いものになりがちです。また、一般事務自体が減少傾向にありますから、将来を考えるのならほかの職種を目指した方が良いでしょう。

逆に新卒で一般事務として入社したのなら、身に着けられる資格やスキルは貪欲に身に着けて行き、安易に転職や退職をしないことが大切です。

一般事務で転職するのはかなり難しい。なので、出来るのなら社内異動で経理や総務を経験しておきたいところです。

 

まとめ

一般事務は特別なスキルを求められることが少ないので、未経験者でも転職することは出来ます。

ただし、人気のある職種ですから、応募者に対して求人の数が少なく採用されるまで時間がかかるかもしれません。

 

一般事務への転職活動は、転職エージェントに相談して進めましょう。

転職エージェント最大手のリクルートエージェントは、求人の量が多く質も高いことで評判です。

担当になるキャリアコンサルタントにより対応に差が出てしまうのが玉に瑕ですが、大手ならではの経験と実績からくるアドバイスは、すごく参考になるので、利用者の多くが「満足した」と感じているようです。

また、求職者の経歴をしっかりと考え未経験の職種でも求人を紹介してくれるので、迷っている方には選択肢が広がって嬉しいですよね。

求人の質だけを考えても登録する価値がある転職エージェントです。

登録はこちら⇒リクルートエージェント

 


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi