読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

転職、働き方を考えるブログ

工場の夜勤は辛い。向いていないのなら辞めた方が良い

仕事を辞めたい

工場の夜勤は辛い

夜9時から朝6時まで、本来なら寝ている時間に起きて仕事をする夜勤は本当につらく、きついです。

面接のときは「そのうち体が慣れる」と言われてやる気になっていたけれど、いざ働きだしたら眠くて仕方がない。

そういった理由から辞めたくなるのはよくあることです。

そしてさらに追い打ちをかけるのが、ネットで夜勤を検索すると出てくる「寿命が10年縮まる」「がんの発症リスクが高まる」「体のホルモンバランスが崩れる」と言った記事。

尚更辞めたくなりますよね。

だから今夜勤のある工場で働いていて、辞めたいと思っても不思議はありません。

 

 

工場が辛くて辞めたいと思う理由

まず、どうして工場の夜勤が辛く辞めたいと思うのか、多い理由を紹介します。

体が馴染めず辛い

夜勤は本来なら寝ている時間に起きて仕事をする必要があります。

2交代制の工場の場合、朝8時から夜5時までと夜8時から朝5時までの勤務時間が多いようです。

ただ夜勤のある工場は24時間稼働していることが多く、生産量によってプラス3時間の残業が発生し11時間勤務が標準になることも。

そして週5日で日勤と夜勤が交代になるので、体が馴染みにくいのです。

 

休みが不規則

交代制で休みをシフト制にしている工場もあります。

生産量を確保するのが目的なのですが、夜勤日勤が交代制でしかも休日がシフト制だと、体が馴染むことが難しく、疲れやすくなります。

 

日勤夜勤の交代が1ヵ月ごと

月ごとに日勤と夜勤を交代することもありますが、夜勤1か月続くと体は慣れてきても心が病んでくるようです。

昼間みんなが働いている時間に寝て、夜みんなが眠る時間に仕事に行く。

家族と同居していると尚更生活リズムの違いを苦痛に感じますよね。

 

定年まで夜勤がある

若いうちは何とか持ちこたえられたとしても、40代50代に成っても夜勤を続けるのかと思うと嫌になる方もいます。

将来結婚して子供が出来たときのことを考えると、定年まで夜勤がある工場でいいのだろうかと悩みますよね。

出世することで夜勤が無くなるケースもありますが、人によっては転職を考えることも多くあります。

 

結局夜勤は体が辛いことと、友人家族と時間が合わないことが原因で辞めたいと思うのです。

 

メリットは昼間時間があること

夜勤のメリットは昼間時間があること。

「夜勤明けは疲れて寝ているだけだ」

と言われそうですが、実際に、6時に帰宅して3・4時間眠る。10時に起きて外出、16時に帰宅して3時間眠る。そして20時から夜勤に行く。

と言うサイクルで生活している方もいます。

皆が働いている日中に時間を取れるのは、夜勤ならではのメリットかもしれません。

 

昼間の時間を使って転職しよう

夜勤ならではのメリットがあるとはいえ、体が辛く精神的に追い詰められて、出勤前に泣いてしまう人もいるようです。

合わない仕事を無理して続ける必要はありませんから、夜勤のメリットを利用して転職活動を始めましょう。

 

日中に時間が取れるのは、転職する上でも大きなメリットになります。

つまり、在職中での転職活動が進めやすいのです。

日中働いていると、面接時間は定時後の夕方や有休を使わないといけませんが、昼間時間があれば会社に合わせた面接時間が設定できますよね。

 

転職活動はハローワークと転職エージェントを平行して利用する

ハローワークは、求職者が積極的に「してほしいこと」を言わないと求人を紹介されるだけの期間になってしまいます。

ですが、積極的に要望することで「面接対策」「履歴書の添削」「職業相談」「職業訓練」などの幅広いサービスを受けることが出来るのです。

また、ハローワークには転職サイトにない中小企業の求人が多く集まっています。

昼間時間を取れるなら、積極的に利用するべきです。

 

転職エージェントはハローワークと違い、求人企業が「ピンポイントでほしいと思う経験やスキルを有した人」を募集する求人があります。

つまり、ハローワークとは持っている求人の質が違うのです。

転職エージェントを利用するときは、事前に職務経歴を作成しキャリアコンサルタントとの面談に持っていくことをお勧めします。

職務経歴を見せることで、キャリアコンサルタントがどんな求人を紹介すればよいのか判断しやすくなるのです。

登録する転職エージェントはマイナビエージェント 。あとは転職したい業界に強い転職エージェントを1つ登録しましょう。

多くても3社以内にしないと、面接のスケジュールが管理しきれなくなってしまいます。

 

まとめ

夜勤で働く方がいるおかげで、経済が回っているのは事実です。

多くの人が苦しいと思う夜勤で働く方は、本当にすごいなと思います。

ですが、夜勤が合わないと感じたら無理をすることなく、転職を考えるべきです。

疲れが抜けなかったり、友人や家族と時間が合わないことでストレスを感じた場合も同じです。

昼間時間が取れる分、ほかの仕事に比べて転職活動自体はやりやすくなります。

合わない仕事を無理して続けるのではなく、自分に合った仕事で頑張ってください。

 


転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi