bunoshi

転職と働き方を考えるブログ

仕事を辞めたいと悩むのは時間の無駄じゃない

仕事を辞めたいと悩むのは時間の無駄じゃない

社会に出て仕事をしていると「仕事辞めたい」と思うことがあります。

ときには、悩んでしまうこともあるでしょう。

 

でも、「仕事を辞めたいと悩むのは、時間の無駄かもしれない」と考える必要はありません。

本当に辞めるかどうかは決断するのは大変なことですから、悩んで当然です。

それに、中途半端な気持ちで仕事を辞めると、次の仕事が見つからなかったり、もっと悪い状況に追い込まれたりと、後悔する可能性が高くなります。

なので、しっかりと悩んで納得のいく決断をすることが大切です。

 

とは言うものの、「辞めようかな、どうしようかな」と考え続けても、なかなか結論は出ないもの。

そこでこの記事では「仕事を辞めたい」と悩んだら、考えるべきことを紹介します。

 

なぜ、辞めたいのかを考える

まずは、なぜ「仕事を辞めたい」と悩んでいるのか、悩みの原因を明らかにしましょう。

仕事を辞めたくなる理由は、大きく次の3種類に分けることが出来ます。

  • 今の仕事に不満がある
  • 他にやりたいことがある
  • なんとなく辞めたい

辞めたい原因が分かれば考え方も変わってくるはず。

次に、原因別でどんな行動を起こすべきかを紹介しますね。

今の仕事に不満がある

今の仕事に不満があるかどうかは、少し考えてみればわかるはず。

「給与が安い」「仕事が面白くない」「残業が多い」などなど。

でも、「辞めようかどうしようか」と悩むということは、転職しても今より良くなるかどうか分かっていないことが原因かもしれません。

 

なので、まずはインターネットを使って求人を調べてみてはどうでしょうか

給与に不満があるのなら、今より高い給与の仕事に転職できそうか。

仕事が面白くないのなら、他にどんな仕事があるのかを知ることが出来ます。

 

本当に辞めるかどうかは、一通り調べてから決めても遅くはないはずです。

 

他にやりたいことがある

他にやりたいことがあるのなら、そのことが出来る可能性を探ってください。

例えば、今とは違う業界に転職したい、今とは違う職種に転職したいのなら、本当にできそうかどうかを調べるのです。

 

ここでもやっぱり求人を検索します。

求人を調べることで、求められる「経験」や「スキル」「資格」などが分かりますよね。

他にも、休日日数や給与、年齢層なども知ることが出来ます。

あるいは、転職エージェントに相談してみても良いでしょう。

いまの仕事で身につけた経験やスキルを、希望する仕事で活かせるかどうかと言った、キャリア相談をすることが出来ます。

ただ、転職エージェントは求人企業と求職者を結び付けることが仕事なので、まったく転職する気が無いのなら、利用は控えるべきかもしれません。

 

なんとなく辞めたい

なんとなく辞めたいと思っている場合は、「仕事辞めたい病」にかかっている可能性があります。

そのまま放っておくと本気で辞めたくなりますから、まずはリフレッシュすることを考えてください。

 

レジャーに行くとか、お酒を飲みに行くとか、なんでもいいので仕事以外のことを思いっきり楽しむのです。

それから、もう一度本当に仕事を辞めたいのかどうかを考えてみましょう。

 

気持ちがすっきりすると、「よし!頑張ろう!」と思えるかもしれませんよ。

 

最後に

仕事を辞めたいと悩むのは時間の無駄ではありません。

ある意味、悩んで当然とも言えます。

 

ですが、「辞めようかな、どうしようかな」と同じことをぐるぐる回すように考えるのは、無意味です。

なぜ辞めたいのか、辞めてどうしたいのかということを、出来るだけ具体的に考えてください。

その上で、少しずつでも行動に移すことが大切です。

 

おすすめの転職エージェント

転職活動は、転職エージェントに相談して進めましょう。

転職エージェント最大手のリクルートエージェントは、大企業の関連会社など業績が安定していて待遇の良い求人も多く、質も高いことで評判です。

担当になるキャリアコンサルタントにより対応に差が出てしまうのが玉に瑕ですが、それはどのエージェントでも同じこと。

それよりも、大手ならではの経験と実績からくるアドバイスはすごく参考になるので、利用者の多くが「満足した」と感じているようです。

 

非公開求人の取扱数も「業界最大」と言われるほど豊富で、リクルートエージェントを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

求人の質だけを考えても登録する価値がある転職エージェントです。

登録はこちら⇒リクルートエージェント


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi