読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

転職、働き方を考えるブログ

転職して半年で辞めたくなるのはなぜ?辞める前に考えてほしいこと

転職して半年で辞めたくなる

勤め始めて3ヶ月、半年たつと仕事を辞めたいと思う人が多くなります。3の倍数で退職者が増えるというのは、よく聞く話です。

実は一番辞める人が多いのは入社して3ヶ月です。丁度試用期間が終わって仕事の内容が変化する時期なので、変化に馴染めず辞めてしまいます。

次が6か月。

仕事の変化についていこうと必死になって頑張ったけれど、ある時プツンと何かが切れたように辞めたくなる時期です。

仕事が出来ない、周りに気を使い過ぎている、自分に合っていない気がする、職場に上手くなじめないなど、理由が具体的になってきます。

こうなると選択肢は2つしかありません。辞めるか続けるかです。

転職することを考えても3年は続けるのが理想ですが、今の時代は変化が早く、3年も我慢すれば環境がガラッと変わってしまう可能性があります。なので、半年で仕事を辞めてもいいのです。

しかし3ヶ月、あるいは半年で仕事を辞めてしまうと次の仕事に影響が出ることは覚悟しておくべきです。

 

 

入社して半年なら仕事が出来なくて当たり前

中途採用だと即戦力を求められますから、「半年たっても仕事が出来ない」と、周りからのプレッシャーや注意も厳しいものになります。

ですが、20代または30代前半であればポテンシャル採用されることがありますし、未経験で採用されたのなら仕事が上手くできなくても仕方がないのです。

採用する側も同じように考えているケースが多く、「中途採用なのに半年たっても仕事が出来ない」ことに責任を感じて辞めようとすることがあります。

もし、本当に仕事が出来ず役に立たないと思ったら、会社は容赦なく辞めさせようとします。ストレートに退職を進めてくるところさえあるくらいです。

なので、退職するよう勧められていないのなら、会社としても今後の成長を見守ってくれていると考えてください。

 

仕事を続けた場合のメリット・デメリットを考える

今の仕事を続けた場合のメリットとデメリットを考えることも大切です。

例えば、管理職は年配で埋まっていて同年代も多い、頑張っても出世できそうにないのなら、転職を考えるべきでしょう。自分よりかなり長く勤めているのに給与が同じくらいでも、転職を考えるべきです。

逆に、数年勤めることで資格試験を受ける権利が得られるとか、業界特有のスキルを身に着けられる、5年経てば管理職になれそうだと言うなら、続ける意味がありますよね。

 

半年で仕事を辞める影響を理解する

半年で仕事を辞めると、次の転職活動で退職した理由を確実に聞かれます。

相手が納得できる説明が出来ないと、面接を通過することも難しくなっていきます。

また、短期間での転職を繰り返すと、書類審査も通らなくなるのです。

転職が当たり前になってきたとはいえ、短期間で転職を繰り返す人は「こらえ性のない人」だと思われます。

その影響は意外なほど大きいのです。

 

いきなり退職せず、辞めるまえに仕事を探す

どうしても我慢できずに退職する場合は、退職する前に仕事を探してください。

先ほども書いたように、短期間で辞めると書類審査で落ちることが増えてきますので、想像以上に時間がかかることがあるのです。

退職してから転職活動を行い、中々採用されないと必ずお金の問題が出てきます。

生活費が足りなくなって「どこでもいい」と妥協して就職先を決めてしまっては、同じことを繰り返すことになりかねません。

毎月の収入があるだけでも気分的に楽になるものなのです。

半年で仕事を辞めるデメリットを考えると、在職中に転職活動をするべきです。

 

転職活動は転職エージェントを利用する

ハローワークを利用する場合、退職する日がある程度決まっていないと職業紹介をしてもらえません。

あるいは転職サイトだけで転職活動を行うと、自分で面接の段取りを取らないといけませんから、管理や日程調整が難しくなります。

なので、転職エージェントに相談して進める方が、効率が良いのです。

 

転職エージェント最大手のリクルートエージェントは、求人の量が多く質も高いことで評判です。

担当になるキャリアコンサルタントにより対応に差が出てしまうのが玉に瑕ですが、大手ならではの経験と実績からくるアドバイスは、すごく参考になるので、利用者の多くが「満足した」と感じているようです。

また、求職者の経歴をしっかりと考え未経験の職種でも求人を紹介してくれるので、迷っている方には選択肢が広がって嬉しいですよね。

求人の質だけを考えても登録する価値がある転職エージェントです。

登録はこちら⇒リクルートエージェント

 

半年で退職しますから経歴として生かせるのは前々職になると思います。出来れば事前に職務経歴を作成して面談の場に持っていくようにしてください。

どんな仕事がやりたくて、転職で譲れないことは何なのかを事前に考えておくことも大切です。

また、半年で退職することを伝え、面接対策として退職理由と志望動機をどう話すべきか、相談できるのも転職エージェントとの強いです。

 

最後に

試用期間が終わり正社員となっていますから職歴としてカウントされますが、短期間での退職が1回であれば、それほどデメリットにはならないはずです。

もし転職するのであれば、次の会社では長く勤めるつもりで行ってください。

何度も短期間での転職を繰り返すと、最後には転職できる仕事が限られてしまいます。

それこそ、辞めたいと思いながら毎日働かないといけなくなる、かもしれないのです。

そのためにも、自分がどんな仕事をやりたいのかしっかり考えることが大切です。

 


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi