読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

転職、働き方を考えるブログ

肩こりや首の痛みに首枕がおすすめ。パソコンやスマホの使い過ぎに注意

肩こりや首の痛みに首枕

パソコンやスマホを長時間使っていると、肩こりや首の根元がこってきます。最初の内は肩を勢いよく回したり、自分で揉んだりするとすっきりするのですが、時間が経つにつれて自分で揉んだだけでは効果が薄くなっていきます。

そして症状がひどくなり、首の根本に痛みがでたり、目の奥に違和感がでたり、頭痛がしたりもするのです。

ぼく自身パソコンで仕事をするようになってから、この肩こりと首の痛み、そして頭痛に悩まされました。マッサージを受けると一時的に良くはなるのですが、翌日パソコンで作業をすると同じように肩がこってしまう。酷いとパソコンを使うことが出来ないほどの肩こりと首の痛みに悩まされたのです。

さらに、年齢のせいか腰も痛めていたのでデスクワークは本当に辛いものでした。とは言え、仕事なのでやらないとお金になりません。

そんな辛いデスクワークをある商品が救ってくれたのです。この記事ではぼくが悩まされた症状と愛用している首枕を紹介します。

 

 

両肩が痛くなりパソコンが打てない

営業をやっていた当時から肩こりに悩まされていました。事務仕事はパソコンを使いますし、営業は長距離を車で移動する必要があります。なんでこんなに肩がこるんだろうと考え、気が付いたのは、パソコンを使う姿勢と運転する姿勢がよく似ていること。

つまり、肩と腕の位置がほぼ一緒なのです。

恐らく長時間同じ姿勢で作業をすることで、両肩に負担がかかって肩こりが始まったのでしょう。腕1本の重さは体重の6.5%もあると言われますから、ぼく場合は片腕約4.5㎏。それを同じ位置に固定してずっと支えていれば、そりゃ肩もこりますよね。

そして、パソコンで仕事をするようになってから肩こりが一層ひどくなってきたのです。

 

首の根本に感じる痛みとこり

姿勢の悪い女性

パソコンで仕事をするようになってから肩こりが一層ひどくなり、腕をあげると痛みを感じたり、首の根元に違和感が出たり、ひどい頭痛がするようになりました。

この、首の根本の痛みと頭痛がとにかく辛かった。マッサージをしても取れることが無く、一時はスマホを見ることが出来ないほどだったのです。

ネットで調べる限り原因は「ストレートネック」だと考えられます。

医者に診てもらったわけではないので正確なところは分かりませんが、パソコンを使うときに頭が下に下がっていたことが原因で、ストレートネックのような形になっていたのでしょう。

なにしろ毎日5・6時間はパソコンを使って作業をしていましたからね。しかも斜め下を向いて。

頭の重さは体重の7%、成人の場合5㎏の重さがあると言われています。しかも、斜め下を向くことでその重さは15度で約2.4倍、30度で約3.6倍、45度で約4.4倍にもなるのです。

そんな重い頭と両腕を支えている首や肩。不自然な姿勢を長時間保っていれば、痛みが出て当然ですよね。しかも、ひどい時は耳鳴りが何時間も続くようになってしまったのです。

 

マッサージで一時的には良くなる

マッサージ器

あまりに肩こりや首のこりがひどかったので、自分でマッサージ器を買いました。首周りを重点的にマッサージすることが目的でしたから、買ったのは上の画像のマッサージ器です。

このマッサージ器、両端の輪の部分に腕を入れて、肩に押し付ける力を調節することで、マッサージの当たり方や強さを加減できる優れもの。強・中・弱で調節するものよりはるかに自分に合った強さにすることが出来ます。

あまりの気持ちよさに使ったまま眠ってしまうこともあったほどです。

このマッサージ器を使うことで、一時的には肩こりがほぐれるようになりましたが、残念ながら首が痛い時は全く効果がありません。むしろ痛みが増してしまうので使わない方が良いようです。

 

原因は姿勢の悪さ

あまりに首の根元が痛いので、しばらくはシップを貼りごまかしながら作業をしていましたが、ついに我慢できなくなり対策を真剣に考えました

その結果導き出した答えが頭を下げずにパソコンの作業をすると言うもの。

考えてみれば、肩こりや首の痛みの原因は斜め下を見ながら長時間同じ姿勢でいることです。

と言うことは、定期的に体を動かすか、頭を正しい位置に固定して作業をすれば解消されるはずなのです。

ストレートネックや肩こり、腰の痛みも姿勢の悪さが原因だと言われていますしね。

ただ、原因が姿勢の悪さだと分かっても、正しい姿勢を意識しながら作業をするのはとても大変。集中してくると徐々に前のめりになっていきますし、頭の位置を意識すれば腰が曲がってしまいます。

意識するだけで姿勢を正すのは、無理だと思い、何か良い道具は無いかと模索し始めました。

 

首枕とコルセットで快適に

首枕

正しい姿勢でパソコンを使うために、最終的に行きついたのが首枕とコルセットです。

コルセットは何度も腰を痛めているので、家にS・M・Lの3サイズが揃っていました(笑)

そして首には通販で購入した首枕(上の画像)これがすごく具合が良い。

この二つをセットで使うと、腰はコルセットで固定されていますし、首も首枕で下を向きにくくなっていますから姿勢はかなり良くなります。

しばらく使ってみましたが、ありがたいことにかなり肩こりと首の痛みが解消されました。

 

ぼくにとっては最適な選択だった

コルセットと首枕を使うことで、肩こりや首の痛みに悩んでいる人がみんな楽になるとは言えません。症状にも差がありますし、使っても効果の無い人もいるでしょう。

ですが、試してみる価値はあると思っています。

ぼくは交通事故でむち打ちを2回経験したこともあって、簡単に言うと首と腰が弱い(笑)

首を回すとポキポキ音がなるほどですし、腰も痛みで動けなくことを何度か経験しています。なので、デスクワークで痛みが出ると「また動けなくなるかも」と思うので怖いのです。

コルセットと首枕を使うようになってから、首を動かして音がなることが無くなりました。首の根元の痛みも出なくなりましたし、頭痛も耳鳴りも無くなったのです。

今ではリビングでスマホをいじるときも首枕を愛用しています。

欠点は締めすぎると息苦しいことと、マジックテープで傷みやすいことですかね。でも、かなり快適です。

職場で使うのは少し恥ずかしいかもしれませんが、辛い痛みに耐えることを考えれば一時の恥ずかしさなんてどうでも良いはず。

似たような症状に悩まされている方は、ぜひ試してほしい方法です。

Amazonリンク⇒頸椎症、首こり、肩こりに! 山田朱織のオリジナル首枕 Plus (主婦の友ヒットシリーズ)


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi