読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

転職、働き方を考えるブログ

仕事を辞めたくなる職場の特徴。我慢せず早めに転職を

仕事を辞めたくなる

仕事が多少きつくても職場の雰囲気が良ければ続けていけるものですが、職場の雰囲気が悪いと耐えられず辞めたくなることが多いようです。

そして、従業員が辞めたくなる職場には似たような特徴があります。その特徴と我慢して勤め続けることで体に表れる異変について紹介します。

辞めたいと思っている職場で当てはまる項目がいくつもあるようなら、早めに転職を考えるべきかもしれません。

 

 

辞めたくなる職場の特徴

辞めたくなる職場の多くは人間関係が原因で雰囲気が悪くなっていることが多いようです。

職場に活気がない

不思議なことに待遇も悪くなく業績もそれなりに良い会社でも活気が無くなることがあるのです。

その原因の多くは、従業員同士の相性が悪くコミュニケーションを全くとろうとしないこと。

相性の悪いメンバーとチームを組まされる、冗談や世間話をする相手もいない、不真面目な社員が注意されることもない。こんな職場で働いていれば、たとえ待遇が良いとしても積極的に働こうという気持ちが無くなってしまいます。

活気のない状態が長く続くと生産性も下がり始め、最後には「辞めたい」と考えるものなのです。

事務所が静かで気を遣う

事務所に響くのはキーボードを叩く音だけ、と言う職場を経験したことがありますが、静かすぎる職場は変な気を使ってしまいすごく疲れます。

たとえ仕事の電話でも大きな声で話すことをためらってしまいますし、仕事の話なのに静かすぎて話しかけることまでためらってしまうのです。

静かで集中できると言えば聞こえはいいですが、極端に静かな職場は変な気を使ってしまい、妙な疲労感があるのです。

悪口が多く人を馬鹿にする

悪口の多い職場で働くのは嫌ですよね。以前お局様2人が事務所でひそひそと人のうわさ話や悪口を言っている職場で働いたことがあります。

あまりにも聞くに堪えなかったので「辞めてほしい」ことを伝えましたが、意に介していない様子で改めようともしませんでした。

悪口は言われている人は当然気分が悪くなりますし、それを聞いている周りの人も気分を害するもの。ましてや人前で言う悪口は職場の雰囲気を極端に悪くしてしまいます。

上司に質問するのが怖い

「分からないことがあったら何でも聞いてほしい」と言う上司に限って、聞きに行くと「そんなこともわからないのか!」と怒り出すことが多い気がします。

聞く側としては分からないから聞いているのに「なんで分からないんだ!」などと叱られても困ってしまいますよね。

これが何回も繰り返されると、上司に質問するのが怖くなり、仕事を覚えることが出来なくなってしまいます。すると当然「自分はダメなやつなんだ」と考えてしまい、最後には「辞めたい」と考えてしまうのです。

やりがいを感じない

仕事を評価されることが無い、自分で考え行動すると「勝手なことをするな」と叱られる。そんな職場で働いていると仕事にやりがいを感じられなくなります。

やりがいを感じない仕事では、創意工夫を使用とも思いませんし、積極的に行動しようとも思わないでしょう。すると、徐々に仕事が面白くなくなってしまい、「もっと面白い仕事に転職したい」と考えるようになるのです。

仕事を与えてくれない

そもそも仕事の量がすくない職場に就職すると、仕事を与えてくれないことがあります。また、上司が部下を信用せず、すべてを一人でやろうとする職場でも仕事が与えられないことがあるようです。

ぼくは仕事をやらせてもらえないことが切掛けで、周りから無視されるようになり、最後には仕事を辞めたことがあります。

働きに来ているのに仕事が無いのは、想像以上に辛いことなのです。

仕事を押し付ける

気の弱い人や断れない人に、雑務や残業を押し付けてくる人がいます。仕事を押し付けられた人は、自分の仕事をこなしながらさらに押し付けられた仕事もやらなくてはいけなくなり、精神的にも肉体的にも辛くなってきます。

実際毎日仕事を押し付けられ残業が増え続けた結果、病気になってしまい仕事を辞めていく人もいるのです。

仕事を教えてくれない

営業や工場に多い「背中を見て覚えろ」と言う考え方が人を追い詰めます。新しい仕事を覚えるのに背中を見たところでわかるはずがありませんよね。それなのに「なんでこんなことも出来ないんだ!」と叱られるからたちが悪い。

仕事を教えてくれない職場は、新人にとって辛い場所にしかなりません。

 

我慢すると体に異変が出てくる

職場の雰囲気が悪く「辞めたい」と思っているのに我慢して働き続けていると、体に異変が起こることもあります。

心がストレスの限界を超え「休ませてくれ」と叫んでいるのです。

朝起きると腹痛や吐き気がして涙が流れてくる

休みの日は普通に起きられるのに、仕事のある日は朝起きるとお腹が痛い、吐き気がする、自然と涙が流れてくると言った症状が出る。

これは明らかに限界を超えています。出来れば長期の休みを取って、心と体を休めるべきでしょう。

布団から出られない

疲れがたまりすぎていると朝起きても布団から出られないことがあります。それでも「仕事に行かなきゃ」と言う思いで布団から出るのですが…。

どうしても布団から出られないのなら、思い切って休みをもらいましょう。

職場に行くと腹痛や吐き気がして涙が流れてくる

「職場に行くと」気持ちが悪くなったりお腹が痛くなるようなら、仕事に拒絶反応を示している証拠。休みを取ってこのまま仕事を続けるべきか考える必要があります。

どうしても仕事を続けないといけないのなら、仕事の何が嫌なのかを自分に聞いてみましょう。原因が分かれば対処する方法を考えることも出来るはずです。

 

我慢する必要はない、辛いのなら退職も考える

どんなに辛い目にあっても仕事を辞めない方の中には「忙しい時に私が抜けたら迷惑をかける」「私がいないと仕事が終わらなくなる」と、退職してからのことを心配していることが良くあります。

ですが、引き継ぎをきちんと行ったのなら、仕事を辞めた後にその職場がどうなろうと関係のない話、ましてや「私がいないと仕事が…」と考えるのは勘違いでしかありません。

たとえ仕事のできる人が辞めて大変になったとしても、2週間もすれば元の状態に戻ることの方が多い、なので退職するときに職場の心配をする必要はないのです。

それよりも、今辛い状況を我慢していることの方が問題で、ストレスが溜まりすぎると心や体が病気になってしまいます。

まずは自分のことを第一に考え、辛いのなら転職を考えてください。

 

転職は転職エージェントに相談する

仕事が辛い状況だと、在職中に仕事を探すのは困難なはずなので、退職後出来るだけ短期間で次の仕事を見つけるためにも、転職エージェントに相談してください。

転職エージェント最大手のリクルートエージェントは、求人の量が多く質も高いことで評判です。

担当になるキャリアコンサルタントにより対応に差が出てしまうのが玉に瑕ですが、大手ならではの経験と実績からくるアドバイスは、すごく参考になるので、利用者の多くが「満足した」と感じているようです。

また、求職者の経歴をしっかりと考え未経験の職種でも求人を紹介してくれるので、迷っている方には選択肢が広がって嬉しいですよね。

求人の質だけを考えても登録する価値がある転職エージェントです。

登録はこちら⇒リクルートエージェント

 

まとめ

仕事を辞めたくなる職場には似たような特徴があり、ほとんどは人間関係に原因があります。

今少しでも辞めたいと思っている職場に似たような特徴がいくつもあるのなら、転職を考えた方が良いかもしれません。


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi