読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

働き方を考えるブログ

言いたいことは言った方が良い。上司に歯向かってもなかなか首にはならない。

働き方コラム 働き方コラム-人間関係

平和に過ごすことをお勧めしますが・・・。

f:id:ranmaru-24mensou:20160214094807p:plain

何度か上司に歯向かったことがあります。

当時はあんまり深く考えずに歯向かっていましたが、よく首にならなかったな~と思うところもあります。

普通の会社なら解雇になってもおかしくないのかな。

上司に意見をするときは懐に辞表を入れて、辞める覚悟をもって。

なんて話も聞きますが、実際にはそうそう悪影響は出ません。

逆に「あいつはやべぇ」とでも思うのか、働きやすくなります 笑

 

生活を人質に取られている気分

仕事をしていると理不尽なことを言われたり、やられたりで頭にくることありますよね。

頭にくるし腹も立つのですが。

相手が上司だと歯向かうわけにもいかないし、もし首にでもなったら明日から生活していけない。

ふとそんな事が頭をよぎると、何も言えずに素直に従ってしまう。でもそんな自分が本当は嫌なんだ! と思っていませんか。

 

実際職場の規律を乱す行為、暴言とか暴力は処罰の対象となります。

どなり声もダメですね。職場規定に書いてある会社多いですよ。

 

なので、腹が立っても冷静に言い返すしかありませんがこれがまた難しい。

相手にきちんと伝わらなかったり、勇気が足りなくて声が小さくなってしまったり。

結局収入がその会社からしか入らないのが問題でしょう。

生活を人質に取られている気分なんです。

 

「逆らって首になったら生活できなくなる」

 

これ、普段意識することは無いでしょうが、心のどこかでそう思っていませんか?

 

何度も上司に歯向かったが、首どころか処罰もない

と言うことで、世の中にはこんなバカがいるんだと思って、読んでください。

 

ホームセンター時代、マネージャーと店長を整列させお説教

ホームセンターは棚卸があると1時間から2時間早くお店を閉めます。

夕方から深夜にかけて、商品の数を数えるためです。

 

2時間早くお店をしめると言っても、小さいホームセンターでも商品数が数万点から数十万点ありますから、閉店後だけではとても数え終わりません。

そんな理由から、棚卸中は開店時間でも数えています。

 

それでもお店の人員だけじゃ、とてもじゃないけど終わらない。

 

なので毎回近隣のお店から応援をもらっていました。

ほとんど店長が来たんじゃないかな。

時間があれば上司であるマネージャーも手伝ってくれます。

 

ここからが本題。

 

当時店長だったぼくは閉店後、棚卸の説明をするために店内放送でレジ前に集まるよう声をかけました。

同じお店で働いている社員やパートさん、アルバイトはすぐに集まりましたが、応援で来ている社員が一人も来ません。

5分ほど経っても集まらないので、もう一度声をかけます。でも・・・集まりません。

そして3度目のアナウンス。

棚卸のプレッシャーと疲れから、すでに我慢の限界を超えていた短気な店長さん(ぼく)は

 

「集まれって言ってるのが聞こえねーのか!」

 

と店内放送でどなる。

すると、一切集まろうとしなかった方々がレジ前にやっと集まりました。

怒りに震えている店長さんは淡々とお説教を始めます。

 

・パート、アルバイトが集まっているのになんで、各店の責任者が何で集まれないのか

・手伝いに来ているんだから、私の指示に従うべきじゃないのか

・高校生でさえすぐに集まったのに、いい大人が集まれないなんてどういうことか

 

と言うようなことを罵声まじりで言いました。

言っている時は良かった。

頭に血が上っているから「てめぇらふざけんなよ」と言う勢いで居られるんだけど、時間がたつと怒りって冷めてくるじゃないですか。ふと、我に返った瞬間。

やっちまった~~~・・・。

と、激しく後悔。その日の夜きちんと謝りましたとさ。

 

「怒鳴ってごめん。でも言ったことは間違ってない。反省しろ。」

 

とね。ぜんぜん謝ってないな。

マネージャーもまとめて怒鳴りつけましたが、特におとがめなし。注意も受けませんでしたね。

 

意見が会わず上司に歯向かう

スケジュールを作成している時でした。

すでにかなりの量の仕事が入っていて、もうこれ以上は徹夜でやらないと無理なんじゃないか、と言うところまで来ていました。

すると上司が、「新しい仕事が入ったから急ぎで対応するように」とぼくに指示を出します。

ですがすでに出来ないことは分かっているので、そのことを上司に説明しました。

物わかりの良い上司ならこの時点で別の方法を考えるんでしょうね。無理なものはどうやったって無理ですから。

 

ところが、

 

「工数が足りないなら、休みを潰せば良い。それでも無理なら徹夜をしろ」

 

と、言います。

すでに休日出勤をする体制でしたので、やるとなれば徹夜をするしかありません。なので、そのことを勤めて冷静に説明します。が、

 

「良いから徹夜で組め。」

 

の一言。

何を言われようと無理な日程は組めません。状況を理解しようともせず、要求だけを通そうとする上司に腹が立ってしまい。思わず、

 

「無理な物は無理です。お断りします。どうしてもと言うなら製作できる工数を確保してください」

 

と、半分怒鳴ってしまいます。

自分の意見を真っ向から部下に却下された上司も、頭にきたんでしょうね。

 

「分かった、それなら仕事はやらないくていい。日程も組まなくていい!」

 

そう言われました。

念のため、本当にやらなくて良いのか確認して、「やらなくていい」と言うことだったので、そのまま家に帰りました。

 

次の日。出勤すると怒っていた上司が、

 

「昨日の仕事話だが、どうすればできるかな?」

 

妙に軟化した態度でそう聞いてきます。

「やらなくて良いと言われましたので、私には分かりません」と、答えたぼくもかなり性格が悪いですけど。

この時はぶつかりましたが、最後には上司が折れてくれました。

その後働きにくくなったことも無く、逆にやりやすくなった気がします。

 

やり玉にあげられバカにされ、笑われたので社長を怒鳴りつけた

この時は1日我慢しました。

怒っちゃいけない怒っちゃいけないと自分に言い聞かせ、ひたすら我慢しましたが、ダメでした。

 

経緯は現場に作業をお願いしに行ったとところ。

 

「売り上げが下がっているぞ! どうするんだ?」と聞かれ「今営業を必死にかけています」そう答えたんです。

 

すると「それじゃ遅い」と突然やり玉にあげられ、3人から一斉に非難されます。

売り上げが下がったのは営業に責任がありますから、我慢して聞いていると突然別の話に切り替わります。

 

「そう言えば〇〇(お客様)が来るんだって?」

 

そう聞かれたので、

「来たいと言っていました」

 

と答えたところ

 

「何しに来るんだ、来たって何にも見せねぇよ」

 

と言われるじゃないですか。

 

来ていただければ、工場を見せたり工程を説明したりと今度の仕事につながる話ができるので、拒む理由は全くないはず。なのでそう説明すると。

 

「見せないのに呼ぶんだってよ。はははは」

 

と、あからさまにバカにされ、笑われました。

この時点で完全に頭に来ていましたが、取りあえず我慢。

相手は取締役と課長ですから。

 

取りあえず1日我慢、必死に我慢しましたが、どうにもこうにも抑えが利かなかったので、翌日会議室に社長を含め集まってもらい、話をしました。

 

我慢は本当に良くないですね。

 

溜っていた怒りが一気に爆発し、机を思い切り殴りつけてどなるどなる。

 

あ~ぁ、やっちまった。

 

そんな気分です。

と言うわけで、社長含め上役をまとめて怒鳴った訳ですが、やっぱり特におとがめは無いですね。

この件は完全に相手が悪いので、「もうしわけなかった」とお詫びをもらっています。話をしている時の態度はいただけませんでしたが。

 

我慢するよりぶつかってみたら?

人それぞれキャラがあると思います。

簡単に「言いたいことは言った方が良い」と言われても、言えない人もいるでしょう。

ぼくは理不尽な思いや納得がいかないことがあれば、言うようにしています。と言うよりも我慢するより先に、手よりも先に、口が動きます。

ただ声が大きくなってしまうのが悩みの種。腹が立つとつい、ね。

意見はきちんと主張して、その結果理不尽な扱いを受けるのなら、それも正面からぶつかっていきます。

 

そんな事をやっていても、そう簡単には解雇にはなりません。

 

我慢してストレスをためるより、ちょっと勇気を持って思ったことを言ってみると、実はたいしたことなかった、なんてことも結構ありますよ。

 

「言われないと分からない」

 

たとえ親子でも家族でも、よっぽど気をつけてみていないと、理解することは出来ません。

ましてや赤の他人しかいない職場で、私の気持ちに気が付いてと思うのなら、それは甘えでしかない。

言いたいことははっきり言って、その後の事は起こってから考えましょう。

 

ただし!

 

怒りにまかせて怒鳴るのはダメです。

自分でやっておいてなんですが、何度も経験しているからこそ言います。

 

怒りにまかせて怒鳴るのは、ダメですよ。

 


----- カテゴリ -----
転職 30代の転職 働き方コラム 派遣から正社員 ニートから正社員 転職サイト 転職エージェント 雑記

転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項

Presented by bunoshi