bunoshi

転職、働き方を考えるブログ

未経験でアパレルに転職!必要な経験や資格はある?

未経験でアパレルに転職

おしゃれが好きで、衣料品に関わる仕事がしたいと考えた時、最初に思いつくのがアパレル産業への転職です。

とくにおしゃれが好きな人は、きれいな洋服を着て店頭に立って販売する店員になりたいと考える方も多いようです。

この記事では、アパレル産業への転職について書いています。転職を考えた時参考にしてもらえると嬉しいです。

 

アパレル産業とは

アパレル産業は、衣料品に関わる産業のことで、特に既製服製造業の総称。アパレルメーカーは、衣服の企画・製造・販売を行っている企業のことです。

有名な企業だと「ユニクロ」や「GU」を展開している「ファーストリテイリング」や、「ファッションセンターしまむら」でおなじみの「しまむら」。

ほかにも「ワールド」「オンワードHD」「青山商事」「ワコールHD」などがあります。

 

アパレル産業の仕事

アパレル産業全体で仕事を見ると、繊維を作る農業から縫製工場、クリーニングまで含まれますが、ファッションに関わりたいと転職を考えているのなら、製造ではなく販売に関わる仕事への転職を考えていますよね。

アパレル産業で販売に関わる仕事は大きく次の3つに分けられます。

  1. ファッションを作る仕事(デザイナー・パタンナー・マーチャンダイザー・バイヤー)
  2. ファッションを広げる仕事(広報・営業・ビジュアルマーチャンダイザー)
  3. ファッションを伝える仕事(販売員・スーパーバイザー・生産管理・イーコマース)

どれも魅力的な仕事ですよね。上記以外にも一般事務や経理、総務などの仕事ももちろんあります。

デザイナーはちょっと特殊ですが、どの仕事もアパレルメーカーに転職することでなれる可能性はあります。

 

求められる経験や資格

アパレルメーカーへの転職で絶対に必要とされる資格はありませんし、中途採用も積極的に行われています。もちろん、デザイナーやバイヤーなどの求人も出ています。

ですが、販売員以外は即戦力を求める傾向が強いので、未経験者には厳しい業界かもしれません。

20代であれば専門学校に通い卒業してから就職先を探すことも出来ますが、お金と時間がかかるのがデメリットになります。

そこまで時間をかけられないという方は、経験不足を補うために資格を取得してから挑むのも方法の一つです。

  • ファッション販売能力検定
  • 販売士
  • ファッションビジネス能力検定
  • 色彩検定
  • パターンメーキング技術検定
  • CAD利用技術者試験

上にあげた資格の中でも、未経験から転職する方はパタンナーを目指すのに有利な「パターンメーキング技術検定(2級以上)」と「CAD利用技術者検定」を取得する方が多いようです。

ただ、デザイナーやパタンナーと言った職種にこだわらなければ、未経験者でも採用される可能性はあります。

 

求人の探し方

中途採用の求人はアパレルメーカーの採用情報に良く掲載されていますので、チェックしてみてください。ただ、メーカーが直接募集をかけている求人は、経験者を求めるものが多いようです。

あるいは、転職エージェントに登録して求人を探すことも出来ます。

転職エージェント利用すれば、未経験者でも応募できる求人を見つけやすいと言われています。なので、転職エージェントをそのほかのサービスと一緒に利用することをお勧めします。

アパレルに特化した転職エージェントは

などがあります。(名前クリックで公式サイトに移動します)

 

最後に

アパレル業界は中途採用を積極的に行っている業界ではありますが、未経験者が転職するには少し厳しいかもしれません。

なので、知識を身に着けるために専門学校へ通ったり、資格を取得したりすることも視野に入れてみてください。

ただ、まったく未経験者を採用しないわけではなく、熱意を持って取り組むことで道が開ける可能性はあります。大切なのは、諦めずにチャレンジすることです。


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi