読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

働き方を考えるブログ

ブログを使った色々な稼ぎ方。ブログで儲ける方法

ブログ運営 ブログ運営-コラム

ブログを使った色々な稼ぎ方

一言で「ブログで稼ぐ」と言ってもその方法は色々あります。アフィリエイトで広告収入を得たり、集客のツールとして使ったり。

実際にどんな方法があるのかをまとめました。

 

アフィリエイト

アフィリエイトは広告収入を受け取る仕組みの事。広告収入と聞くと「個人でも出来るのか?」と疑問に思いますよね。

個人で広告主を探して広告収入を得るのは無理じゃありませんが、すごく大変です。なのでブログ(サイト)を運営する個人(企業)と広告主とを結びつける仲介役として、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)と呼ばれる企業が存在します。

つまりアフィリエイトとは、ASPに登録して広告主の商品やサービスをブログ(サイト)で紹介、訪問したユーザーが商品を購入したり会員登録をするなどの成果があった場合に、報酬(広告収入)を受け取る仕組みの事です。

広告収入なので、自分のブログに広告主の広告を貼る必要があります。

代表的な広告はバナー広告とテキスト広告

・バナー広告

ホームページやブログを見るとよく見かけるのがこのバナー広告。何を宣伝しているのか分かりやすいけど、「邪魔!」と言う人も結構います。

 

・テキスト広告

A8.net

約190万サイトが利用しているA8.net

テキストの広告なので文字にリンクを貼ってあります。本文中に差し込んだり

「管理人が使っているASPです⇒A8.net

のように使ったりします。

「紛らわしいから本文中に差し込むな!」と言う人もいますが、気にしていたらアフィリエイトなんてできません (笑)

 

報酬の種類はクリック報酬とアクション報酬型

・クリック報酬型

バナー広告やテキスト広告がクリックされるごとに報酬が発生。1クリックの単価が決められているが報酬額は低め。Google Adsenseが有名で、アクセス数やPV(ページビュー)に成果が左右されやすいが、報酬までのハードルが低いのが特徴です。

・アクション報酬型

広告主が任意に成果発生地点を設定できるのが特徴。広告によって商品購入時点だったり、新規会員登録完了時だったりする。初回購入後45日以内の再購入と成果発生までのハードルが高い案件もあります。

その代わりクリック報酬型に比べ報酬は高いものが多く、やり方次第で高収入が見込めます。

 

ブログで集客して稼ぐ

ブログは定期的に記事を更新することで検索される確率も高くなりますし、読者を増やすことでアフィリエイトとは違う方法で稼ぐことも出来ます。

その方法は色々ありますが、共通して言えるのは「専門性のある記事を書く」か「読んで面白い記事を書く」こと。

雑多なブログで日記を書いていても、素人では集客することは難しいでしょう。

 

書籍の出版

1つのカテゴリーに特化し、独自性や専門性がある記事を書き続けていれば、本を書かないかと言うオファーが来ることがあります。(とは言っても話しに聞くだけで来た事はありません)

出版社がオファーを出したいと思うブログを運営しないといけないので、書籍出版をゴールとしてブログを書くのはなかなか大変でしょう。

こちらの記事「出版社から書籍のオファーが来るブログの書き方」に詳しく書かれていますので、参考までにリンクを貼っておきます。

今は出版社から依頼が来なくても、電子書籍を自分で作ることも出来ます。時間をかけて書いたブログの記事をそのまま電子書籍にして販売。なんて夢がありますよね。

とは言え、日記のような記事を電子書籍にしてもよほど内容が面白く、さらにファンが付いていないと売るのは難しいでしょう。

電子書籍を出版し沢山販売するためにブログでコアなファンを獲得する。この考え方の方が、しっくり来ます。

電子書籍を販売するならやっぱりAmazonのKindleでしょうか。参考までにリンクを貼っておきます。

電子出版なら Amazon Kindle ダイレクト・パブリッシング

出版する方法は、なかなかややこしい・・・。調べたけど理解できませんね。やっぱり自分で出版してみないとダメか。

参考になるサイトを見つけましたので、リンクを貼っておきます。

誰でも簡単にKindle電子書籍を出版する方法 2015年版

 

セミナーの開催

ブログで集客をしてセミナーに来てもらう。この方法も「ブログで稼ぐ」と言う事じゃないでしょうか。つまり集客のツールとしてブログを使うと言う事です。

ブログで集客をするには、やっぱり専門性が大切な要素になってきます。とにかくブログで専門的な事をバンバン記事として書いて、それをSNSで拡散しまくる。

やっぱり大切なのは「専門性」です。日記や雑多ブログと違ってどれだけ自分の専門性を打ち出せるかが大切な要素になってきます。

いきなり100人も200人も集めることは難しいでしょうから、ぼくがやるとすれば5人とか10人くらいの規模で、最初は無料かな。と思います。10人でも集めるのは難しいかも。

でも、専門性のあるきちんとした記事を定期的に更新して、SNSを使って更新の通知を流して、メルマガも並行して運用すれば、十分集客できる人数です。(きっと)

「セミナーを開催した」という実績を作りながら、少しずつファンを増やしていく。コツコツと続けることが大切。そしてブログだけじゃなくSNSでもダイレクトメールでも他のブログへの寄稿でも、露出を増やして認知度を上げる努力も必要じゃないでしょうか。

 

オンラインサロンの運営

有名なブロガーさんたちは大体やっているサロンの運営。多いのはやっぱり「ブログの運営について」です。月額4980円で数百人規模のサロンを運営されている方もいるので、ブログが有名になればかなり稼げるんでしょうね。

サロンの良いところは、「自分の得意分野で勝負できる事」だと思います。ブログで100万PVとかアクセスを稼げるなら「ブログでアクセスを稼ぐ方法」を教えることが出来るでしょうし、アクセス数が少なくても「月50万円」稼いでいるなら「少ないアクセスで稼ぐ方法」を紹介すれば、かなりの会員数を集めることが出来そうです。

バイクが好きならバイクのサロン。料理が好きなら料理のサロンでも良いでしょうね。ただ、絶対に集客する方法が必要になりますから、ブログを集客の手段として使います。

オンラインサロンは「Synapse(シナプス) - オンラインサロン・プラットフォーム」が有名です。どんなサロンが運営されているか、覗いてみても面白いですよ。

 

商品の販売

自分自身を販売しても良いかもしれません。「何でも屋」のように、「1時間〇〇円で家事全般を請け負います」と売り込んでみたら面白がってくれる人が買ってくれるかもしれませんよ。

それ以外でも、自作のアクセサリーや洋服、バックなどを販売することも出来ます。作る過程を記事にして書いても良いですよね。

あるいは書類の作成やエクセルファイルの作成など、業務の請負を販売しても良いかもしれません。

ブログのコンサルタントをやっても良いでしょうし、料理へのアドバイスなんかも出来るかもしれません。文章の添削なんてのも面白いかも。

または土日だけ夕食を作りに行きます。とか、洗車代行とか。サービスを販売すれば、アイディアはそれこそ無限に沸いてます。

 

ブログ記事作成の代行

ブログの記事を書くと言っても、自分のブログじゃありません。依頼を受けて記事を書き、納品することで報酬をもらう事です。「 ランサーズ 」が有名ですね。

ブログを運営して成果を出すには時間がかかりますが、この方法だとすぐに稼ぐことが出来ます。それに、依頼を受けて記事を書くことで、記事の書き方の練習にもなります。

ただ、稼げる額は決まってきますので、大きく稼ごうと思っている人にはお勧めできません。ブログの初心者ならキーワードの勉強にもなりますから、経験を積むと言う意味でもお勧めです。

 

まとめ

ブログで稼ぐと言っても方法によって活用の仕方が全然違う。ただ、すべての方法で言えるのは読まれる記事をしっかりと書くこと。

読んでくれる人がいなければ、アフィリエイトで報酬をもらうことも、集客することも出来ません。まず読まれる記事があるのが大前提

きちんと運営していけば大きく稼げる可能性があるのも、ブログの魅力です。


転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項

Presented by bunoshi