読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

働き方を考えるブログ

Google Analytics ユーザーセクションの使い方まとめ

ブログ運営 ブログ運営-コラム

Google Analyticsユーザーセクションの使い方「自分用まとめ」です。

f:id:ranmaru-24mensou:20160130162638p:plain

Google AnalyticsはGoogleが提供しているとても高機能な解析ツールです。しかも無料。でも正直なところ、なかなか複雑で使いこなせていません。

アクセスアップや収益をアップさせるには分析も大切だよね!

と言うことで、Google Analyticsについて勉強したことをまとめます。ほとんど自分用メモです。

 

ユーザーセクションでは「訪問者」を分析する

ユーザーセクションでは、サイトにどのくらい人が来たのかを調べることが出来ます。また、訪問したユーザーの言語や年齢、住んでいる地域、閲覧環境(ブラウザ、OS、モバイル機種など)、新規かリピーターかも分かります。

 

まずは使われている言葉の意味から。

f:id:ranmaru-24mensou:20160130124054p:plain

ユーザー

集計期間にアクセスした人の中から、同じユーザーが重複しないようにして集計した数値。例えばAさんが1日に10回訪問しても、1人(1回)としてカウントされます。

自分のサイトに何人来たのかを確認するには、この項目を見ましょう。

セッション

サイトに来た人を集計します。つまり訪問した人ののべ人数です。Aさんが2回来たら2回。3回来たら3回になります。なのでユーザーに比べセッションは数が多くなりますね。

ページビュー数

ユーザーがサイト内のページを閲覧した回数。この数字が多いほど、サイト内のコンテンツが多く見てもらえていることになり、サイトの人気や大きさを表す数値として良く使われます。「今月は100万PV!」とかね。

ページ/セッション

1回の訪問で何ページ閲覧したか表す数値です。この数値が多いとユーザーが沢山のページを見てくれていると考えられます。

平均セッション時間

セッションは1人のユーザーがサイトを訪れてから離れるまでの行動の事。そして平均セッション時間ユーザーの平均滞在時間の事。

書いている記事の長さにも関係しますが、あまりにも短いのは問題かも

直帰率

最初に訪問した1ページを見ただけで離脱してしまった人の割合。専門的なサイトならこの数値が低いのは問題ですが、ブログは比較的高くなる傾向があるようです。1ページ完結みたいなところもありますし。

新規セッション率

初めてサイトを訪問した新規ユーザーの割合。2度以上サイトを訪問するとリピーターになるので、この割合が高いほど新規ユーザーが多いということになります。

 

ユーザーセクションで確認すること

ユーザーとセッションを比べることで、新規ユーザーが多いのか、同じユーザーが多いかが分かりますし、ページビュー数をみることで、どのくらいコンテンツを見てもらえたかが分かります。

平均セッション時間がみじかければ、「来てはみたけどほとんど読んでいない」のかもしれません。さらに直帰率も高いようなら、コンテンツの内容を見直す必要があると考えるべきでしょう。

もしユーザーが減っているようなら、コンテンツを増やして新規ユーザーを獲得できるように努力すべきですし、ページビューを増やしたければ、関連記事へのリンクをつけたり、カテゴリごとのコンテンツをまとめたページを作ったり、と言った工夫も必要です。

アクセスのピーク時間を把握

どの時間帯のアクセスが多いのか分かっていれば、記事を投稿する時間をアクセスに合わせて変えることが出来ます。ピークの少し前に新しい記事を公開しておけば、ついでに読んでもらえる可能性も上がりますよ。

f:id:ranmaru-24mensou:20160130140837p:plain

やり方は、まずユーザーサマリーを表示。で期間を1日~3日の短い期間に変更します。次にで軸を時間別に変更。はセッションを選択します。

f:id:ranmaru-24mensou:20160130141206p:plain

するとこんな感じのグラフが表示されます。

これをみると、お昼くらいから増え始めて、3時に少し減少、夕方からまた増えだして21時がピークになっていますね。

とするとピークの少し前、20時頃公開するのがよさそうです。

カスタムレポートを作れば、アクセスの多い時間順に表示することも出来ますよ。

f:id:ranmaru-24mensou:20160130142908p:plain

 

やり方は簡単なので自分で作ってみましょう。

ではアクセスが多い時間純に表示するレポートの作り方を紹介します。

f:id:ranmaru-24mensou:20160130144755p:plain

↑まずは「カスタム」を選んで、新しいカスタムレポートをクリック。

 

f:id:ranmaru-24mensou:20160130144207p:plain

↑次に指標グループで「ユーザー」⇒「ページビュー数」と「ユーザー」⇒「セッション」を選びます。

 

f:id:ranmaru-24mensou:20160130144805p:plain

↑最後にディメンションで「時刻」⇒「時」を選んで保存すれば完成!

簡単でしょ?

タイトルと名前を分かりやすいものにしておくと次に使う時や、レポートが増えた時に分かりやすくなります。

 

 リピーターの割合と回数を調べる

リピーターが多いと言うことはファンが多い! とも言えます。お店でもそうですが何度も来てくれるお客様ほどありがたいものはありません。

新規で来てもらったら、もう一度来たくなるように工夫をしたいもの。なのでリピーターがどのくらいいるのかを調べます。

新規とリピーターの割合

f:id:ranmaru-24mensou:20160130145851p:plain

ユーザーセクションの行動を開いて「新規とリピーター」をクリックすれば表示されます。少しでもリピーターがいるのはうれしいですね。

 

リピートの回数

f:id:ranmaru-24mensou:20160130151508p:plain

ユーザーセクションの行動を開いて「リピートの回数や…」をクリックします。セッション数がリピートの回数です。リピートの回数は指定した期間に何回訪問したかを示しています。

 

リピートの間隔

f:id:ranmaru-24mensou:20160130150515p:plain

リピートの回数と同じ画面で、セッション数の横にある「セッションの間隔(日数)」をクリックします。

リピートの間隔は前回の訪問から何日たったか表示されています。1なら1日、2なら2日です。

1日おきに来てくれた人が367人もいる! なので毎日更新できるよう頑張ります!

 

滞在時間を確認する

恐怖の滞在時間確認。この時間が長ければそれだけ面白い記事があったと言う事。逆に短ければ「何だ。つまんねー記事」って言われているも同然。

出来れば見たくないのですが、やはり見ないといけないでしょう!

と、言うことで「行動」の「ユーザーのロイヤ…」をクリック。

f:id:ranmaru-24mensou:20160130151315p:plain

0-10秒が一番多い・・・。努力が足りませんね。

この時間は出来るだけ長くしたい。長くなってほしいです。

 

 ユーザーの性別や年齢を調べる

結構マニアックなことも調べられます。稼ぎたい! と思っている方は確認すべき項目です。

※表示させるには設定が必要です。詳しくはこちらユーザー属性とインタレスト カテゴリに関するレポートを有効にする - アナリティクス ヘルプ

 

f:id:ranmaru-24mensou:20160130152330p:plain

 「ユーザーの分布」⇒「サマリー」では年齢や性別を調べることが出来ます。bunoshiは25~34歳が多いですね。男女比は五分五分か。ぼくと近い年齢の方が読んでくれていることが分かります。

訪問者の年齢を表示するには「ユーザーの分布」⇒「年齢」で。性別を表示するには「ユーザーの分布」⇒「性別」で表示できます。

女性をターゲットにしていたり、特定の年齢層をターゲットにしているなら、確認すべきでしょうね。

 

訪問者の思考を表示する

ここからがマニアックな項目。まずは「ユーザーの分布」⇒「インタレストカテゴリ」⇒「アフィニティカテゴリ」から。

f:id:ranmaru-24mensou:20160130152925p:plain

どーん!

これは「芸術や芝居が好き」、「自動車愛好家」「美容の達人」などなど、ライフスタイルでユーザーを分類したものらしいです。広告を出す時、ターゲットにするユーザーを選定するのに役立つでしょうね。

また、表示された分野に興味のある人が来ているので、関連した記事を書けば滞在時間が長くなるかも。うん。やってみよう。

 

 購買意欲の高いセグメント

さっきの一覧も興味ありますが、購買意欲はさらに興味があります。

「ユーザー」⇒「インタレストカテゴリ」⇒「購買意向の強いセ…」をクリック。

f:id:ranmaru-24mensou:20160130154008p:plain

こちらも英語表記になります。bunoshiでは「雇用」や「出会い系サービス」が上位に来ていました。仕事や転職について書いた記事が多いからでしょう。

 

PCとモバイル、タブレットの割合を調べる

これかなり重要です。PC向けに作るかモバイル向けに作るかで収益はかなり変わってきますから。

f:id:ranmaru-24mensou:20160130155816p:plain

「ユーザー」⇒「モバイル」⇒「サマリー」をクリックします。

bunoshiはモバイルからのアクセスがかなりありますね。

f:id:ranmaru-24mensou:20160130155957p:plain

右側にある「円グラフ」をクリックすれば、表示を円グラフにすることが出来ます。このほうが分かりやすいです。

モバイルが多いってことは、スマホできちんと表示されているのか確認するべきですね。

ちなみに、使っているモバイルの種類は「モバイル」⇒「デパイス」で見られます。

f:id:ranmaru-24mensou:20160130160321p:plain

右端にある「その他」から「画面の解像度」を選べば、ユーザーが使っている端末の解像度を見ることも出来ます。

その解像度でどんなふうに見えているのか確認すれば、より見やすいブログが作れるかもしれませんよ。

 

ブログが解像度が変わった時どう見えるか確認する方法

Chromで右クリックをして「検証」をクリックします。

f:id:ranmaru-24mensou:20160130160922p:plain

こんな画面が出てくるので、左から2つ目にある四角アイコン(赤枠のところ)をクリックしてください。

すると表示が変わります。

f:id:ranmaru-24mensou:20160130161152p:plain

この画面、解像度が変わるとそのサイトがどういう風に見えるか確認できるんです。

上の画像で赤丸部分をクリックすると、矢印がでてサイズを変えることが出来ます。この画面を使えば、解像度が変わった時に自分のサイトがどう見えているのか、確認できるので、便利ですよ。

 

その他確認できる事

FlashやJavaの環境やネットワークドメイン、使っているブラウザも調べることが出来ます。ユーザーフローも見られますね。

ユーザーフローは「ユーザー」⇒「ユーザーフロー」で表示されます。どの地域からどのページにアクセスがあるかとか分かるので、見てみると面白いですよ。

ちなみにbunoshiは大阪が一番多かったです。

 

まとめ

Google Anaiythicsの使い方を自分のメモとして記事にしました。不思議なもので記事にするとノートに書くより頭に入るんですよね。

読んでいただいて参考になるところが1つでもあればうれしいです。

次は「集客セクション」をまとめます。


転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項

Presented by bunoshi