読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

働き方を考えるブログ

質の悪い記事を改善する具体的な方法「Google AnalyticsとSerch Consoleを使用」

ブログ運営 ブログ運営-コラム

質の悪い記事は書き直すか削除して、ブログの質を上げましょう(実験中)

f:id:ranmaru-24mensou:20160204222610p:plain

こんには。ぶのしです。

ブログを毎日書いていると、自然と記事数が増えてきます。当然、検索でのアクセスを稼いでくれる記事もあれば、全くアクセスのない記事も出てきます。

そんな人はこのブログと同じように、「SEOってなに?」と言うくらい知識も何もない状態で始めたブログで、開設したばかりの事はとにかく思いついた事何でもいいから書いていたんじゃないでしょうか。

そして経験と知識が増えてきたころ、アクセスが伸びないことを悩み、原因を調べたときに、質の悪い記事はGoogleの評価が下がる。そんな話を聞いて、「今更どうすればいいんだよ」と、半ばあきらめてしまい、新しくブログを作り直す人もいるはずです。

でも、長い間書き続けてきたブログにやっぱり愛着がありますし、出来ることならこのままブログと付き合っていきたい人もいるはず。ぼくも、質の悪い記事の山に何度もブログを作り直そうかと思いましたが、どうせ作り直すのならその前に出来ることは全部やろうと思っています。

そのひとつが、質の悪い記事を見つけ改善することです。

改善することでGoogleの評価が上がりアクセスが増える! かどうかはこれからの推移をみていきますが、まずは質の悪い(と思われる)記事を見つけ、改善する具体的な方法を紹介します。

 

Google Analyticsで閲覧開始数の少ない記事を探す

まずGoogle Analyticsで閲覧開始数の少ない記事を探します。閲覧開始数が少ないと言うことは、キーワードが適切じゃないかニーズがない、または情報量が少ない為、検索に引っかかっていないと言えます。

 

f:id:ranmaru-24mensou:20160204210025p:plain

みる場所は「行動」⇒「すべてのページ」で表示される「閲覧開始数」です。この欄をクリックすると昇順降順を入れ替えられますので、昇順(数の小さいものから大きいものを順番に表示)にします。

 

f:id:ranmaru-24mensou:20160204210317p:plain

閲覧開始数0がずらずらと出てきました。ただ「/?page」と言う良くわからないアドレスが表示されています。このままだとよくわからないのでURLを絞り込みます。

 

f:id:ranmaru-24mensou:20160204212115p:plain

右上にある「アドバンス」をクリックして。

 

f:id:ranmaru-24mensou:20160204212322p:plain

赤枠の中に絞り込みたい文字を入れます。

アドバンスフィルタと言う抽出するための機能ですが、正直使いこなせていません。取りあえずはURLで絞り込めれば良いので、すべてのページのURLに組み込めれている文字を入力しています。

はてなブログだとドメインの後に必ず「entry/」が付きますので。この文字はサイトによって違うと思いますから、設定によって変えてくださいね。

 

f:id:ranmaru-24mensou:20160204212927p:plain

これでURLに絞り込めましたが、まだよくわかりません。なのでページタイトルも表示させます。

 

f:id:ranmaru-24mensou:20160204213118p:plain

セカンダリディメイションをクリックして「タイトル」で検索。「ページタイトル」をクリックします。

 

f:id:ranmaru-24mensou:20160204213313p:plain

ページタイトルが表示されて分かりやすくなりました。

公開したばかりの記事も閲覧数0で表示されていることから、閲覧開始数の少ないページすべてが質の低いページとは言えませんので、次はSerch Consoleをつかって、検索されているキーワードや表示順位を調べます。

 

ページビューの推移を確認する

中には「読まれているのに閲覧開始が0」で表示されるページもあります。間違えてアクセスがあるページを消してしまうと大変です。

対策を行う前に、まずはページ欄にあるURLをクリックしてページビューの推移をグラフで確認します。

 

f:id:ranmaru-24mensou:20160206100412p:plain

ページビューがある程度あり、それが維持されているようなら手を入れる必要はありません。もし右肩下がりで落ちているとか、そもそもページビューがないのなら対策をとりましょう。

 

Serch Consoleでキーワードと順位を調べる

公開してから期間が経っているのに閲覧開始数が少ない記事を見つけて、URLをコピーします。

Serch Consoleの中の検索アナリティクスを開きます。次に「ページ」⇒「フィルタなし」をクリックし、

f:id:ranmaru-24mensou:20160204213927p:plain

「ページをフィルタ」をクリックします。

 

f:id:ranmaru-24mensou:20160204214248p:plain

URLを入力する画面が開きますので「次を含むURL」を選び「http://www.bunoshi.com/entry/2015/10/02/232157」マーカーを引いてある部分だけ入力(コピペ)します。

そしてフィルタをクリックすると、検索されたキーワードと検索数が表示されます。

 

f:id:ranmaru-24mensou:20160204214704p:plain

はい。でた! どーん!

 

うわ! ひでぇ・・・。

予想以上の結果にちょっと面白い。うれしくは無いですが。

より詳しい結果が分かるように、左上の「クリック」「表示回数」「CTR」「掲載順位」はすべてチェックを入れてください。

 

検索キーワードに全くヒットしていない記事は消す

上の例のように、あまりにもひどい場合は記事を読み返した上で消すことも考えます。今回の記事は、文字数は1259字とそこそこ書いていましたが、内容が薄い上に、疑問に思ったことに対しての結論が良くわからなかったと言うお粗末なもの。

自分で書いておいて言うのもなんですが、最低な記事ですね。加筆する気にもならないので、こういう記事は削除します。

 

検索キーワードが多く順位が低い場合

f:id:ranmaru-24mensou:20160204220318p:plain

この記事の場合、閲覧開始は調べた期間では0ですが、キーワードは41個とそこそこ引っかかっていて、検索順位も50位以内に入っているものが30個もあり、記事中のキーワードを見直すか、内容を充実させることで、さらに上位を狙える可能性があります。

記事の内容も削除するにはもったいないほどきちんと書かれていたので、記事を修正して上位を狙うことにします。

修正すると言ってもやみくもに加筆したり内容を変えたりしても、もっと順位を下げてしまう可能性があります。なので今調べた結果を反映させながら修正していきます。 

 

記事にキーワードを入れる

内容を修正するときのポイントは、タイトルや本文にキーワードを入れること。そして入れるキーワードはクエリで表示されているキーワードを入れます。(実験中)

もちろんキーワードをただ横に並べたりしてもダメですよ。キチンと文章になっていて、かつ、読んだ人が「なるほど!」と納得できるものにすることが大前提。

ある意味普通に書くより難しいかもしれません。

 

情報を追加する

どのキーワードで検索されているのかが分かっていますから、どんなサイトがライバルになっているのかもすぐに分かります。

検索されているキーワードで上位表示されているサイトを調べ、自分の書いた記事を比較します。そして足りない部分を補う。ライバルが書いていない情報を追加すれば、上位表示される確率は高くなります。

 

キーワードから検索している人の気持ちを想像する

今回の例では「転職するなら」と言うキーワードが沢山出ていました。これはきっと「転職を考えているけど、いつ行動するのが良いんだ?」と言う疑問を持っていることが想像できます。

それなら「転職は今するべき」と冒頭に書き「その理由」を次に書く、最後に「だから転職しなさい」と後押しすれば、より読まれる記事になります。

 

まとめ

1.Google Analyticsで閲覧開始数が少ない記事を探す

2.Serch Consoleで検索状況を確認する

3.質が低すぎる記事は消す

4.質は悪くないが順位が低い場合は修正する

この方法で記事の質を良くすることが出来ます。質が低い記事が無くなることでブログの評価も上がるはずです。

「過去記事を何とかしたい!」と思っていたら、試してみてください。

 

※結果について一切責任は負いません。削除、修正は自己責任で行ってください。


転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項

Presented by bunoshi