bunoshi

転職、働き方を考えるブログ

カフェ店員に転職するには

カフェ店員に転職

ゆっくりとくつろげるカフェに通ううちに、自分のカフェで正社員として働きたいと、考える方もいます。

でも、カフェで働く社員の情報はすくなく、どうすれば正社員になれるのか分からないと言う方もいるでしょう。

この記事では、カフェ店員について書いています。カフェ店員を目指す方の参考になれば嬉しいです。

 

個人経営のカフェは求人が少ない

カフェはお客にくつろぎの空間を提供してくれます。多くの場合、長い時間お店にいることが許され、人によっては読書をしたりパソコンを出して仕事を始めたりもします。

販売する商品はドリンクやカフェメニューといった客単価の低いものが中心。その上お客の滞在時間が長いのでテーブルごとの回転率も悪くなります。

なので、ほとんどのカフェでは、利益を出すためには人件費と食材費を低く抑えています。仮に、正社員を雇うとどうしても人件費は高くなりますから、個人経営で正社員を募集することはほとんどありませんから、求人の中心はチェーン店がほとんどです。

 

カフェ開業に向けた知識が得られる?

お金を貯めて将来はカフェで開業したい! そう考えてカフェ店員を目指す方もいます。

個人経営のカフェであれば、開業に関する知識を得ることが出来るかもしれませんが、こればかりは就職したお店によります。素晴らしい知識や調理方法を得られるお店もあれば、何も得られないお店もあるでしょう。

ただし、そもそも求人数自体が少ないので、納得のいくカフェに就職できるかどうかが問題になります。

 

カフェ店員の給与

正社員の場合、初任給は大体20万円前後が多く、企業によっては固定残業代を設定していることもあります。

アルバイトだと時給1000円前後が多いようです。

 

求められる資格やスキル

カフェ店員で求められる資格やスキルは特に無いようです。強いて言えば自動車運転免許があるといいですね。

チェーン展開をしている企業の求人では、学歴経験不問、未経験者歓迎、第二新卒歓迎と書かれているものが多いです。

おもてなしやコーヒーが好きで、やる気があって明るい方を求める求人も多いですね。

 

仕事内容

チェーン展開している企業の求人では、多くの場合店長候補として人材を求めています。

そのため、まずは一般社員として店舗のオペレーションを経験。現場作業を把握・理解していきます。

その後、ホール業務を行いながら品切れのチェックや、売上・在庫管理を行い、近隣地域のイベントの情報収集も行っていきます。

また、パート・アルバイトの採用業務や指導、教育も行う必要があります。

個人経営のおしゃれなカフェで働きたい!と、思う方も居ると思いますが、残念ながら個人経営のカフェで正社員を募集する求人は、数が少なく、探すのが大変です。

 

求人の数

求人は意外と少なく、リクナビネクストを使いカフェで検索をかけると全国で100件程度がヒットします。求人はチェーン展開している会社が多く、個人経営のカフェはほとんど見かけませんね。

また、チェーン展開している企業の多くは、公式サイトに採用情報が載っているので参考にしてください。

以下は公式サイトの採用ページです。

スターバックス:中途採用【店舗 | サポートセンター (本社)】

タリーズコーヒー:採用情報

エクセルシオール(ドトール):アルバイト・フランチャイズ正社員採用情報

サンマルクカフェ:採用情報

カフェ・ベローチェ:採用情報

プロント:採用情報

 

カフェ店員になるには

カフェ店員に特別な資格を求められることはありません。

接客が好きで、このお店で働きたい!と言う熱意が伝われば、採用される可能性は高いと考えられます。

チェーン展開している企業では、一般社員から店長、仕事が出来る方ならマネージャーになることも出来ます。コーヒーと接客が好きな人に向いている職種ともいえるでしょう。

ちなみに、「カフェ」だけではなく「バリスタ」で検索することでヒットする求人もあります。

 

カフェ店員で経験を積み将来独立を目指すなら

未経験からカフェ開業を目指すのであれば、数年単位で計画を立てることが大切です。まず、調理を一から学べるところで働き、次にホールでの接客、そして仕入れや販促、店舗運営を学べるところへ転職するなど、必要な知識を貪欲に吸収していく必要があります。

また、「カフェで開業したいから、カフェで働く」と言うのは一見間違っていないようですが、固定観念にとらわれている時点で間違っています。

調理はレストランでも学べますよね。接客も必ずしもカフェで学ぶ必要はありません。

 

最後に

カフェ店員の求人は、チェーン店が多く個人経営はほとんどありませんでした。ですが、長くカフェ店員として働くのなら、福利厚生のしっかりしている企業を選ぶことが大切です。

もし、将来独立を考えていて、個人経営のカフェで働きたいと思っているのなら、直接お願いしてみてはどうでしょうか?

 

登録はこちら⇒ リクルートエージェント


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi