bunoshi

転職、働き方を考えるブログ

未経験でエステティシャンに転職するには

エステティシャンに転職

転職を考えたとき、美容に関わりのある業界に転職したいと思ったことはありませんか?

せっかく転職をするのだから、理想的なのは好きなことを仕事にすること。女性なら、美容にはある程度関心がありますよね。

美容に関する仕事の中でも、キャリチェンジを目指す女性に人気なのがエステティシャン。この記事ではエステティシャンの仕事と転職について書いています。

「エステティシャンになりたいなー」と思ったときにでも、参考にしてもらえると嬉しいです。

 

必要な資格や経験

エステティシャンになるのに、特別な経験や資格は必要ありません。求人を調べてみても、学歴不問・未経験者歓迎となっているものが多いですね。

未経験者可としている求人では、採用後にエステに関する知識や技術、接客マナーなどの研修を行うところもあります。

エステティシャンは人の体に触れて施術を行う仕事。当然ですが、お客に満足してもらわなければ商売として成り立ちません。

そのため、未経験者であっても「エステに興味がある」ことや「人と接するのが好き」と言ったコミュニケーション能力が求められます。

知識を身に着けるなら

即戦力として働きたいのなら、エステティック養成学校やスクールに通って技術を身に着けることも出来ます。

エステティックサロンと提携しているところもあり、通うことで就職が容易になるケースもあるようです。また、基本的な知識を身に着けていると、採用時に優遇してくれる職場もあります。

とは言うものの、実際に求人を調べると未経験者には研修を行ってくれる職場が多いので、スクールに通うメリットがあまりないかもしれません。

通信教育もありますので、実際にエステティシャンとして働いてみて、さらなるスキルアップを目指すときに受講しても良いかもしれませんね。

参考サイト:一般社団法人日本エステティック教会

 

エステティシャンの就職先

エステティシャンの大半は、エステティックサロンやリラクゼーションサロンで働いています。

サロン以外の就職先だと、ホテルや旅館にあるエステコーナーや、ブライダル専門のサロン。経験を積んだエステティシャンでは独立している方も居ます。

ホテルや旅館のエステではその日限りの施術が多いため、技術を一通り学び、経験を積むと言う意味では、エステティックサロンやリラクゼーションサロンが良いかもしれません。

 

エステティシャンは肉体労働?

エステティシャンの仕事は、基本的に立ちっぱなしです。お客ごとに部屋のセッティングをする必要がありますから、施術に合わせた道具を用意したり、ときには大掛かりな機器を運ぶこともあります。

また、お客のボディケアを行う際には、1時間マッサージを続けることも普通にあるそうです。全身を入念に1時間もマッサージするって、慣れないとかなりの重労働ですよね。

そして、職場が女性中心、と言うか女性だけが多くどうしても人間関係に気を遣う必要があるとか。「~派」と言うグループが自然と作られていくそうなので、人間関係が嫌になって辞めていく方も多いそうです。

この辺の話は調べると大量に出てくるので、職場選びがとても大切な要素だと言えます。

 

求人の探し方

エステティシャンの求人は、求人雑誌や求人サイトなどを使って探します。

大手求人サイトでエステティシャンの求人を探してみましたが、かなり数は少なかったです。

美容系を専門としている転職サイト「リジョブ」で検索してみたところ、掲載求人数に差があり過ぎるくらいありましたので、こちらを利用したほうが見つけやすいはずです。

 

最後に

経験や資格不問で働きだすことが出来るエステティシャン。仕事が出来るようになれば将来独立することも夢ではありません。ただ…エステ自体が乱立されていますので、独立して生計を立てるには、かなりの努力と工夫が必要そうではあります。

ついでに言うと、エステ業界はブラックな職場が多いと言う話もあります。どの職場に行くのかによって環境も大きく違うようなので、情報収集を必ず行うことをお勧めします。


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi