bunoshi

転職と働き方を考えるブログ

銀行員を辞めても転職先に困ることはない

銀行員を辞める

就活性に人気の高い銀行業界ですが、営業ノルマが厳しい、出世競争が激しい、派閥などの人間関係が面倒くさいと言った理由で転職を考える方も居ます。

体育会系のように上下関係に厳しい、あるいはプライドがやたら高いと言った社風についていけないと悩む方も居ることでしょう。

この記事では、銀行員の転職について書いています。銀行で働くのが辛く、「辞めたい」と思ったら参考にしてもらえると嬉しいです。

 

我慢して勤める必要はあるのか

今銀行で働いている方なら、はっきり言って転職先に困ることはそうそうないはずです。

本当に「辞めたい」と思っているのなら、悩むよりも転職活動を始めてください。自分で思っているよりも転職先が多いことに驚くはずです。

それなのになぜ辞める踏ん切りがつかないのか、銀行員として勤め続けるメリットと辞めるメリットについて考えてみます。

続けるメリット

日本では「銀行で働いている」と言うだけで、優れたイメージを持ってもらえます。つまり、社会的な信用が高いのです。また、給与も他の業界と比べて30%~40%程度高い傾向があります。

その上リストラされる危険性は低く、生活が安定しやすいことも特徴です。

周りからは羨望のまなざしで見られる職業ですよ。辞めるなんて、もったいない気もします。

辞めるメリット

そんな素晴らしい銀行を辞めるメリットがあるのかというと、もちろんあります。

まず、面倒くさい派閥争いや上下関係にうるさい人間関係から開放されます。しかも、営業ノルマからも開放されますし、金融商品の取引も自由に行うことができます。

最近は減る方向ですが、接待や付き合いからも開放されますよね。

 

他の銀行に転職する銀行員が多い

実は、銀行員の転職先で多いのは同業、つまり他の銀行か金融業界が多いです。面白いですよね、銀行員が嫌で辞めたいと考えているのに、やっぱり銀行に転職するのですから。

なぜ、他の銀行に転職するのかと言うと、銀行員は待遇が良くしかも安定していますから転職先も同じように待遇が良く安定している企業を選びます。すると、必然的に「銀行」が転職先の候補として挙がってくるようです。

銀行以外では、信用金庫やクレジットカード会社、保険や証券、ノンバンクに転職する方もいます。やっぱり金融系へ転職する方がとても多いですね。

 

銀行員の転職は転職エージェントのサポートを受けた方が良い

銀行員は基本的に社会的信用が高く、しかも在職中に様々な資格(日商簿記検定3級や中小企業診断士、TOEIC700点以上など)を取得しますから、転職ではかなり優位に働きます。

それだけに、将来のキャリアをよく考えることと、転職先の選定には注意するべきです。

転職が決まりやすいがゆえに、本来なら注意すべきところを安易に考えて転職してしまい、結果として、ブラック企業に入社して後悔している方も大勢います。

出来れば、転職をするときは転職エージェントのサポートを受けてください。

キャリアについての相談も出来ますし、求人企業の情報を得ることも出来るので、失敗する確率を減らすことができます。

おすすめの転職エージェント⇒リクルートエージェント

 

異業種では管理部門への転職が多い

銀行員が異業種に転職すると、多くの方が管理部門で採用されます。

銀行員として働いていた方は、日ごろから数字と向き合って仕事をしていますから、数字に強い人が多く、またリスク管理をきちんと行えるため、管理部門で採用されることが多いのです。

また、上記の理由から立ち上げ当初のベンチャー企業では、社内体制がきちんと整っていないことが多いため、いきなり管理部門の責任者として採用されることもあります。

自分の力を試してみたい、能力や経験を活かした仕事がしたいと考えているのなら、リスクはありますがベンチャー企業を検討してみることをお勧めします。

 

異業種へ転職するデメリット

異業種への転職は大きなやりがいがあると同時に、リスクも伴います。

  • 収入が下がる
  • 銀行員として社会的信用を失う
  • 雇用が安定しない
  • 年収が上がらない

銀行員として働いていれば、自然と手に入ったものが入らなくなります。特に、銀行員としての社会的信用がなくなるのは大きなリスクでしょう。

銀行員から異業種へ転職する場合は、こういったリスクも考えた上で決断してください。

 

最後に

銀行員として働くのは本当に大変だという話を聞きます。周りから見ると羨ましい存在でも、中に入れば大変なことが多いのでしょう。

ただ、中に入ると大変なのはどの業界でも同じです。

「嫌だから」「辛いから」と言う理由だけで転職に踏み切ると、ほとんどの場合失敗します。

「嫌だ」「辛い」だけではなく、辞めてどうするのか、将来何がやりたいのかと言ったことをよく考えてから転職に踏み切ってください。安易な転職は、苦労して築き上げてきたキャリアを失うことにもなりかねませんから。


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi