bunoshi

転職、働き方を考えるブログ

未経験でも化粧品業界へ転職できるのか

未経験で化粧品業界へ転職

化粧品と言えば女性をイメージする方が多いと思いますが、転職についてもやはり女性が希望することの多い業界です。とはいっても女性従業員が極端に多いわけではなく、男女比で4対6くらいの企業が多いようですね。

化粧品業界の特徴は、業績が安定していて女性が働きやすい職場が多いこと。さらに異業種からの参入も多く、今後も市場規模の拡大が見込まれる業界でもあります。

そんな魅力的な化粧品業界ですが、未経験者が転職できるかと言うと、正直かなり厳しいと言わざるを得ません。

この記事では、化粧品業界の動向と転職について書いています。化粧品業界に転職したい!と、思ったときに、参考にしていただければ幸いです。

 

化粧品業界の動向

インバウンド消費に後押しされる形で業績を拡大していた化粧品業界。2017年に入り新製品の販売は伸び悩んでいるものの、既存品の売り上げは好調に推移しているようです。

これは、2016年の秋以降「インバウンド消費は一落ち着いた」と言われたあとも、化粧品は売り上げを伸ばしていて、外国人の既存品購入がいまだに続いているからだと考えられています。

また、中国向けの越境EC市場が好調で2016年には613億元(1兆158億円)を達成。その3割を生活雑貨とビューティーが占めています。越境EC市場は今後も拡大を続けると考えられていて、2019年の予測は1,270億元(2兆1,044億円)に達すると考えられています。

というわけで、国内での店頭販売は頭打ちにありつつあると言われていますが、海外に目を向ければ今後も拡大が見込まれるので、転職先としては申し分のない業界だと言えます。

ちなみに、化粧品業界の市場規模は、日本が2兆円。海外が26兆円だと言われています。

※越境EC(えっきょうイーシー):インターネット通販サイトを通じた国際的な電子商取引のこと。

参考:

Fuji-Keizai「中国ECと中国向け越境ECの市場を調査

週刊粧業オンライン

 

店頭販売員は減る方向?

先ほども書いた越境ECのように、化粧品業界ではインターネット経由での販売に力を入れています。

実際にインターネットでコスメサイトや口コミサイト、amazonのような通販サイトを利用して化粧品を購入している方も多いのではないでしょうか。

一昔前は、化粧品を購入しようと思えば百貨店の化粧品コーナーに行き、ビューティーアドバイザーと呼ばれる店頭販売員の説明を受けて購入することがほとんどでした。

ところが、最近では百貨店のビューティーアドバイザーやドラッグストアやバラエティーショップへ営業をおこなう営業員の求人が減っていると言います。

その理由は、先ほども書いたインターネット経由での通販事業に力を入れるようになっているからです。

未経験で化粧品業界へ転職するには、ビューティーアドバイザーが比較的採用されやすく、ねらい目ではあったのですが、求人自体が減っているのでそもそも未経験で転職すること自体が難しくなってきています。

 

化粧品業界へ未経験で転職できるのか

化粧品業界の中途採用は経験を重視して採用する傾向が強いようです。化粧品業界では、業界内の違う企業へ転職する方も多く、業界の中で人の動きがあるそうです。そのため、業界未経験者を募集する求人は自然と数が少なくなります。

今まではビューティーアドバイザーを目指すことで化粧品業界に転職することができましたが、ビューティーアドバイザーの求人自体減ってきています。

(余談ですが、ビューティーアドバイザーの求人が多いのは離職率が高いからだそうです。)

なので、未経験者が化粧品業界へ転職するには、業界経験を問われない職種を目指した方が、転職できる可能性が高くなります。具体的には経理や財務と言った間接部門を目指すと言うことです。

ただ経理や財務を目指す場合でも、業界経験は不問ですが職種経験は必要になります。

まとめると、未経験者が化粧品業界へ転職するのは、不可能ではありませんがかなり厳しいということになります。

 

化粧品業界へ転職するには

未経験だけどどうしても化粧品業界へ転職したいのなら、長期戦になることを覚悟して挑む必要があります。

そして、転職活動は在職中に行い、転職サイト・転職エージェントを使って常に情報を集め、希望する求人が出たらすぐに申し込める体制を整えておくことが大切です。

ただし、化粧品業界はとても狭い業界だと言われていて、競合他社に動きを知られることを嫌がって、求人が転職サイトに出ないケースもあります。

そのため、良い求人は転職エージェントが握っていることが多いので、転職活動も転職エージェントを中心に進めると良い結果が出やすいようです。

何より大切なのは、今の仕事をいきなり辞めないこと。そして、諦めないことです。

 

登録はこちら⇒リクルートエージェント


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi