bunoshi

転職と働き方を考えるブログ

経験不問求人は未経験者より経験者が優位。未経験者は自己アピールが重要

経験不問求人は未経験者より経験者が優位

未経験の職種や業界に転職しようと思ったら、「未経験可」や「経験不問」と書かれている求人を探しますよね。

ところが、経験不問の求人に申し込んだのに「即戦力を求めている」と言われ断られる方がいるのも事実。求人に書かれている「経験不問」とはいったい何を意味しているのか。

この記事では、経験不問の求人について書いていきます。

 

経験不問の意味

ただ「経験不問」とだけ書いてある求人もあるので、「何の経験が不問なの?」と悩んでしまう方も居るでしょう。

一般的に求人は中途採用を目的としているものが多く、経験不問の意味は「業界経験不問」か「職種経験不問」もしくは「業界・職種経験不問」のどれかになります。

「社会人経験不問」の求人もないとは言いませんが、探す方が大変。「経験不問」と書かれていても、ビジネスマナーや一定期間の社会人経験は求められると考えた方が無難でしょう。

 

経験不問求人を出す理由

企業が経験不問の求人を出すのには「経験者のみにすると極端に応募人数が減ってしまう」ケースと、「業務拡大や人手不足でとにかく人が欲しい」ケースの2つがあります。

最近は多くの企業が人手不足に陥っていますから、とにかく人手が欲しくて「経験不問」にすることも多くなっています。

いずれにしても企業としては、なるべく多くの人に会い、その中から良い人材を採用したくて「経験不問」にすることがほとんど。

つまり、未経験者でも採用される可能性は十分にあるのです。

 

アピールが重要

「経験不問」の求人であれば、未経験者でも採用される可能性はありますが、それでも経験者が優位なことに変わりはありません。

熱意もやる気も適性も同じくらいの人がいたとしたら、経験者を採用したくなりますよね。経験者であれば教育コストも少なくて済みますし、即戦力を期待することも出来ます。

とは言え未経験者が全く採用されないわけではなく、アピール次第で採用される可能性は高くなるのです。

 

接点を見つけ出し実績をアピールする

未経験者が「経験不問」の求人で採用されるには、今の仕事と面接を受ける仕事の接点を見つけ出す必要があります。

例えば店員から商品企画への転職を希望する場合は、広告や売り場展開のアイディアを「企画」と考えてアピールすることが出来ます。

営業から総務を目指す場合でも、顧客対応や他部門との折衝をアピールすることが出来ますよね。

全然違う業種・職種への転職を目指すのなら、接点を見つけ出してアピールすることが大切です。

 

未経験での転職をめざすなら

未経験での転職は「経験不問」と書かれている求人でもかなり厳しいのが現実です。

理由は色々ありますが、応募者のアピール不足も原因にあります。つまり、希望する職種と現職との接点が見つけられず、なんとなく「周りがすごいと言う実績」をアピールしてしまっているのです。

その結果、熱意が面接官につたわらず空回りしてしまい、不採用となってしまうのです。

 

転職エージェントに相談する

「経験不問」の求人でも経験者が優位になることは先に書いた通りです。また、未経験者でも仕事の接点を見つけ出しアピールすればチャンスがあることも、書きました。

残る問題は、どうやってアピールポイントを見つけ出すか、です。

アピールポイントを見つけ出すには、転職エージェントに相談するのが近道。今までの職務経歴から希望する業界・職種へのアピールポイントを見つけ出すのは、エージェントとしての仕事だからです。

転職エージェントは面接対策も一緒に行ってくれます。面接対策の中には当然アピールポイントも含まれているのです。

今まで数多くの転職者を見てきたエージェントが相談に乗ってくれるのですから、これほど心強いものはありません。

転職エージェントは、経験と実績から考えて最大手のリクルートエージェントがおすすめです。

登録はこちら⇒リクルートエージェント

 

最後に

経験不問の求人は、「業界経験不問」「職種経験不問」「業界・職種経験不問」の3つがありますが、「社会人経験不問」の求人は数が極端に少なくなります。

また、企業が「経験不問」求人を出す理由は、出来るだけ間口を大きく広げ、より多くの人と会い、その中から良い人材を採用したいと思っているからです。

つまり、経験者の方が優位ですが、未経験者にもチャンスはあります。そのためには自己アピールがとても大切になってくるのです。

本気で採用されたいと思うのなら、転職のプロにも相談してみてください。一人で悩むより答えを見つけやすくなるはずです。


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi