bunoshi

転職、働き方を考えるブログ

「それ、残業です!」サービス残業を当たり前にする変な習慣

サービス残業

職場の雰囲気がそうさせるのか、会社によって不思議な習慣ってありますよね。

「この業界は残業代なんてでないだろ」とか「残業は15分単位でカットします」とかね。

この記事では、職場で見かける変な習慣について書いています。

「あれ?この会社なんかおかしい?」と思ったら、参考にしてみてくださいね。

 

この業界は残業代なんて出ない

たまに聞く「この業界は残業なし!休日出勤が当たり前!」と言う言葉。

確かに裁量労働制が適用されていて、残業代のつかない業種(記事の取材や編集、放送番組、映画の製作など)はあります。

ですが裁量労働制を適用できる業種は限られていますから、例えば建築業の現場作業で「この業界は残業なし!」と言っていたら、多くの場合法律違反です。

なかには今までそうだったから残業代が出ないものだと勘違いをして「残業代なんて出ない!」と言っている方も居ます。

例えば、美容師の業務時間外のカット練習。

多くの場合、カットの技術を上げるために個人的にやっていますから残業代は出ませんが、勘違いして通常の残業代も出ないと思い込んでしまうことがあります。

その結果「美容師は残業代が出ないのが当たり前」だと言いだしてしまうのです。

勘違いで「この業界は残業なし!」と言う人が多いですから、「おかしいな」と感じたら調べてみると良いかもしれません。

 

残業時間は15分単位でカット

残業時間を10分単位、15分単位で計算して、端数を勝手にカットする方法です。これ、意外とやっている会社が多いみたいですね。

残業時間は1分単位で計算、集計する必要がありますから、僅かかもしれませんがカットされた分はサービス残業になります。

この端数カットでよく聞く理由が「仕事が終わってから話をしている」「制服から着替えている時間がある」などです。

確かにごもっともな理由に聞こえますが、本当に話をしているかどうかは調べないと分かりませし、従業員全員が話をしているとは限りませんよね。

もっともな理由に聞こえるのですが…これも変な習慣ですよ。

 

制服に着替えるのは就業時間前

就業時間前に仕事が出来る体制になっておくことが当たり前。そう教わった方も多いと思います。なので、制服に着替えるのも当然就業時間前です。

ですが、制服の着用が義務付けられている場合、制服に着替える時間も労働時間になります。もっと言えば更衣室から作業場への移動も労働時間です。

就業時間前に仕事が出来る体制になっておくこと!

そう言われると心得として当たり前に聞こえますよね。だから何の疑問も持たず、制服に着替えてから席に着く、タイムカードを押してから私服に着替えてしまう。

もっともな理由が付くだけに、流されやすい習慣でもあります。

 

朝早くから仕事をするのは従業員の勝手

朝早く出社して、新聞を読みながら朝食を食べて、食後のコーヒーを飲んでいたらサービス残業にはなりません。

ですが、仕事が終わらずに朝早く来てやるのは残業になります。

残業は、定時後会社に残って仕事をすることが一般的ですよね。なので、朝早くから仕事をしていても「残業」じゃないような気がしてしまうのです。

就業時間前に朝礼や掃除がある場合も残業になります。

「朝早く来るのは従業員の勝手」だと言い張る人事の方を見たことがありますが、定時間内では終わらない量の仕事があり、やむを得ず朝早く来ているのに「勝手」はひどいですよね。

ちなみに、自主的に残業をしている社員に対して上司がそれを放置していれば、黙示の指揮命令があったとされ残業時間になるそうです。

 

家で仕事をすれば残業じゃない

仕事を家に持ち帰ってやった場合も残業になるケースがあります。

そもそも家に持ち帰らないと終わらないほどの仕事を任せるのはどうかと思いますが…。

認められることが多いのは「納期に間に合わないのでやむを得ず家に持ち帰った」「期日の短い課題が出ている」などです。

納期の余裕があり通常業務で十分終わる仕事を、上司からの指示もないのに家に持ち帰っても残業にはなりません。

 

「みんなやっているから」で麻痺していく

協調性って大切ですよね。日本人は特に周りとの関係を大切にしますから、みんながやっているとそれが普通のような気持になってしまいます。

さらに悪いことに職場には「同調圧力」が存在します。簡単に言えば「空気読めよ!」ってことです。

  • みんなが残業をしていると先に帰りにくい
  • みんなサービスで残業しているから自分もそうしている
  • 「おかしい」と思っても、言葉にすることが出来ない。

そして、いつの間にか考え方まで周りと同じになっていき、「みんなやっているから」と麻痺してしまうのです。

 

最後に

会社は狭い空間ですから、中に変な習慣があっても中々是正されません。

10分単位で残業時間をカットすることを当たり前のようにやっている会社も多いですよね。制服への着替えは就業時間前と言うのが意味当たり前になっている会社もあります。

その会社で習慣になっていることを変えるのはものすごく難しいですが、もし「おかしいな」と感じることがあるのなら、立ち止まって考えてみることも大切です。

 

関連記事

残業代が出ない会社は今すぐ辞めて転職するべきだ! 

残業代が出ない!?請求や相談はどうすればいい? 

 


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi