bunoshi

転職、働き方を考えるブログ

自己評価は甘くなりがち!勢いだけで会社を辞めると後悔しますよ

f:id:ranmaru-24mensou:20170704120718j:plain

誰でも自分に対する評価は甘くなりがちです。

米国で行われたウィリアム=ギロビッチによる心理学実験では、自己評価が他者評価に比べ2割増しになる。と言う結果が鮮明に出たと言われています。

この記事を書いているぼく自身も「おれはもっと仕事のできるやつだ!」と、高い自己評価を信じて退職し、ものすごく苦労しました。

自己評価と言うのはどうしても甘くなるもの。

  • 適性に評価してもらえない
  • 自分はこの程度で終わるやつじゃない
  • あいつよりおれの方が出来るはずだ

と言った高い自己評価から他者評価に不満を持って、勢いだけで退職するのは絶対にやめるべき。かなりの確率で後悔しますよ。

 

自己評価は甘くなりやすい

どうして自己評価は甘くなってしまうのか。その理由はぼくが勢いだけで退職した理由と同じ「おれはもっと出来るやつだ!」と言う思いがあるからです。

周りにこんなことをいう人はいませんか

  • 本気で取り組めばもっと出来る
  • ちゃんと勉強すればもっと成績が良くなる

これらの言葉の裏には「本当の自分はこんなものではない」と言う思いがあります。つまり「将来の自分に対する期待値」が自己評価の中に入っているのです。

将来の期待値が自己評価の中に入っていては、今の自分を適切に評価することなどできませんよね。

他者評価に対する「適正に評価してもらえない」「自分はこの程度で終わるやつじゃない」と言った気持ちも、将来の自分に対する期待値が自己評価の中に入り込み、他者から見た今の自分を認められないから起こるのです。

 

転職であなたを評価するのは他者

今の職場でも転職でも同じですが、自分を評価するのは上司、つまり他者です。

確かに評価する人によって結果は変わりますが、それほど大きく変わることはありません。今の会社で評価が低ければ、他の会社に行っても評価は低くなる可能性が高いのです。

特に、未来の自分に期待した甘い自己評価をもとに転職を考えても、希望通りの結果を得ることは難しいでしょう。

  • おれはこんなもんじゃない
  • 適正に評価してもらえない

これは、他者から受けた評価に対する反発でしかありません。

どうして評価が自分で思うよりも低いのか、その理由を考えることが大切です。

 

他者評価を確認しよう

どうしても評価に納得がいかず、別の仕事を探したいのなら、まずは転職サイトに登録して市場価値を確認しては如何でしょうか。

転職サイトに登録すると、あなたの経歴に興味を持った企業からスカウトメールが届きます。この、スカウトメールの量で自分の市場価値を計ることが出来るのです。

転職サイトに登録したら職務経歴をきちんと入力することが大切。職務経歴が入力されていないとスカウトメールは届きません。

また、送られてくるメールの中身も大切。オープンオファーのように、大勢に送られてくるメールをみて「価値がある」と思わないこと。

企業から直接送られてくるプライベートオファーの量が多くないと、市場価値が高いとは言えないからです。

おすすめの転職サイト⇒リクナビNEXT

 

転職エージェントに相談する

市場価値を確認する方法として、転職エージェントに相談するのもありです。

自分の経歴と転職先に求める条件を正直に伝え、転職先があるかどうかを確認してください。

もし、希望に沿った転職先があるのならそれはチャンスです。すぐにでも行動を起こしましょう。ですが、当てはまる転職先がない、あるいは経歴が不足しているのなら、今の会社で頑張ることをお勧めします。

転職サイトのお勧めはリクルートエージェントです。

転職エージェント最大手のリクルートエージェントは、大企業の関連会社など業績が安定していて待遇の良い求人も多く、質も高いことで評判です。

非公開求人の取扱数も「業界最大」と言えるほど豊富で、リクルートエージェントを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

求人の質だけを考えても登録する価値がある転職エージェントです。

登録はこちら⇒リクルートエージェント

 

最後に

ぼくは「おれはもっとできる!」と仕事を辞め、転職活動を始めたことで市場価値の無さを痛感し、非常に苦労しました。

何度か職場を転々とし、資格を取得したりしながら最終的には良い結果となりましたが、それはもう本当に大変でした。

なので、甘い自己評価でしかも勢いだけで退職するのはお勧めできません。

自己評価と他者評価は乖離していることがほとんどですし、多くの場合他者の評価が正しいからです。

まずは自分の転職市場での価値を確認することから始めてください。その結果次第で、本当に転職するのか今の会社で頑張るのかを決めればいいのですから。


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi