bunoshi

転職、働き方を考えるブログ

30代で未経験の仕事に転職する難しさと可能性を上げるための方法

30代で未経験の仕事に転職する難しさ

中途採用に求められるのは実績と経験。その傾向は年齢を重ねるごとに強くなっていきます。

20代であれば、将来を期待して未経験でも採用されるポテンシャル採用がありますが、30代では実績と経験が無ければ採用されるのはかなり難しい。

でも、絶対に無理ではありません。

最近では労働人口不足もあって、未経験でも採用する企業が増えているのも事実。最初からあきらめるのではなく、どうしても転職したいと言う思いがあるのなら、チャンレンジする価値はあるでしょう。

 

業種未経験なら転職出来る

未経験で転職するとしても「業種」未経験ならそれほど問題になることはありません。

営業なら営業経験が、経理なら経理の経験がそのまま活かせると考えられることが多く、経験者として応募できる求人も沢山あります。

また、多くの企業は「競業避止義務規定」を就業規則に盛り込んだり、誓約書を作成したりして競合他社への転職を禁止していますよね。

なので、未経験業種への転職は選択肢としてどうしても必要なのです。

もちろん、業種経験者に比べると知識面で劣ることはありますが、逆に違う業種から人を採用することで新しい考え方を求めることも多いのです。

実際に業種未経験可の求人は全体の5割を占めると言われていますから、気になる求人を見つけたらまずは応募してみることをお勧めします。

 

未経験職種への転職は難しい

未経験の転職で難しいのは職種未経験の場合です。

職種未経験の場合は1から教育する必要があるため、どうしても若い人材を採用する傾向にあります。30代よりも20代の方が覚えるのは早いし人件費も安いですからね。

ただし、中小企業の場合は20代が欲しくて募集をかけても人が集まらないことも多く、30代の未経験者でも採用されることがあります。

近年の人で不足もあり、そういった企業は増えていますので職種未経験だからと言って絶対に採用されないわけではありません。

とは言うものの、職種未経験可の求人は全体の10%以下と、数自体が少なく、「今の職種が面白くないから辞める」と言ったような安易な考えでは上手くいかないでしょう。

未経験の職種へ転職を希望する場合は、しっかりと準備をして臨むことが大切です。

 

未経験職種へ転職するために必要なこと

未経験職種への転職は、想像している以上に難しいことがほとんどです。なので、しっかりと準備をして臨みましょう。

在職中に転職活動をする

一番大切なのが、在職中に転職活動をすることです。

30代と言う年齢で20代に負けてしまうことも理由の1つですが、それ以外にも「未経験可」の求人でも経験者が申し込んでくることがあるからです。

つまり、経験者がライバルになることも十分に考えられ、年齢と経験両方で不利になる可能性もあるのです。

そんな厳しい転職活動を退職してから行うのは非常に危険。最悪の場合、仕事が決まらずに生活費が無くなってしまうことも。

仕事を辞めずに転職活動を行えば、じっくり探せますし収入があると言う安心感を得ることが出来ますよね。

在職中に転職活動をするのは、気持ちに余裕を持つためにも大切なことです。

情報を集める

転職したい職種の情報を集めることで、どういった人材が求められているのかを知ることが出来ます。

未経験職種への転職は、今の仕事の中から生かせる経験とスキルを見つけ出すことがとても大切。

まずは転職サイトを利用して、求められるスキルや経験を調べましょう。そして、結び付けられるスキルや経験を探してください。

資格を取得する

経験のない資格は転職活動で優位に働くことはありません。ですが、未経験職種へ転職するための資格取得は「やる気」をアピールする格好の材料になります。

もちろん「在職中」であることも大切。

「将来〇〇と言う職種で働くために、プレイベートを勉強時間に当てて資格を取得。今はさらに上の資格を取得するために勉強中です」

と言うだけで、何もしていない人に比べると印象が格段に良くなります。また、資格を持っていると言うことは最低限の知識があると言う証明にもなります。

転職エージェントを利用する

転職エージェントを利用するのも大切なことです。

転職エージェントは転職のプロですから、職種を変える転職でも活かせる経験やスキルを教えてくれます。もちろん、ダメなときはダメだと言ってもらえます。

第三者の視点でアドバイスがもらえると言う意味でも転職エージェントは利用するべきです。ただし、相手も商売なので口車に乗らないよう注意してくださいね。

転職エージェント最大手のリクルートエージェントは、大企業の関連会社など業績が安定していて待遇の良い求人も多く、質も高いことで評判です。
担当になるキャリアコンサルタントにより対応に差が出てしまうのが玉に瑕ですが、大手ならではの経験と実績からくるアドバイスはすごく参考になるので、利用者の多くが「満足した」と感じているようです。
非公開求人の取扱数も「業界最大」と言えるほど豊富で、リクルートエージェントを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

登録はこちら⇒リクルートエージェント

 

最後に

今は正社員の有効求人倍率が0.99と、仕事を求めれば何らかの仕事に就職できると言う数字が出ています。

もちろん職種によって差はありますが、転職を考える人にとってチャンスであることは間違いありません。

「あの時やっておけば」

と、後悔しないためにも、自分にとって最適な行動を選択してください。


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi