bunoshi

転職と働き方を考えるブログ

30代未経験の転職は今がチャンス!

f:id:30代未経験の転職は今がチャンス

30代未経験の転職を考えた場合、普通に考えると中途採用に求められるのは実績と経験。その傾向は年齢が増すごとに強くなっていくと言われています。

ところが、最近は慢性的な人手不足もあり、従業員不足で倒産する中小企業も出てきました。人手不足から30代の未経験でも採用したいと考えている企業が増えているのです。

人手不足が深刻化する理由

人手不足が深刻化するのには3つの理由があります。

  1. 労働人口の減少
  2. 20代の減少
  3. 完全失業率の改善

少子高齢化に伴い労働人口が減少しています。その結果、退職者が出ても補う人材が確保できない企業が増えているのです。また、未経験者を採用する際に20代を求めても、20代自体が少なく採用出来ない企業もあります。

さらに、完全失業率の改善で仕事を探している人自体が減っているのです。

転職失敗するのは企業と求職者のミスマッチが原因

労働人口の不足で、転職者にとっては仕事を選びやすい状況になっていますから、30代未経験でも採用される可能性が十分にあります。

それなのに、スキルや経験不足を理由に転職が上手くいかないことが多くあるのです。

これは、求職者と求人企業とのミスマッチが原因だと言われています。

つまり、求職者は「希望する職種や給与・労働条件」の仕事を探すのが難しく、企業側は「必要な経験やスキルを持った人材」を見つけることが出来ずにいるのです。

仕事を探すときは自分で求人を調べ、申し込みをする方がほとんどですが、求人票だけでは企業の内情まで分からないですよね。

企業側も求人票に書いた以上の情報を求職者に届けることが難しいのです。

お互いにきちんとした情報を得られなければ、認識にずれが生じ、求職者と求人企業とのミスマッチが起こるのも当たり前ですよね。

ミスマッチを解消するには転職エージェントを利用する

そんなミスマッチを解消し、転職を上手く行かせるためには転職エージェントの利用をお勧めします。

転職エージェントは直接企業に訪問して求人を得ていますから、求人企業の内情に詳しく、求めている人材を把握しています。

また、求職者とも直接コンタクトをとって希望の職種や給与・勤務地を確認し、資格や経歴、経験についても話をします。つまり、転職エージェントは求職者と求人企業両方の情報を持っているのです。

お互いの情報を持っていればミスマッチは起こりにくくなりますから、求職者にとって最適な情報を選んで提供することが出来るのです。

30代未経験での転職を成功させるために、転職エージェントに登録するのが近道です。

リクルートエージェントに登録する

転職エージェントを利用するとき、必ず登録するべきなのが「リクルートエージェント」です。

案件総数・内定決定数ともにNo.1の国内最大手の総合転職エージェントで、大企業の関連会社など業績が安定していて待遇の良い求人も多く、質も高いことで評判です。

非公開求人の取扱数も「業界最大」と言えるほど豊富で、リクルートエージェントを利用することで思わぬ求人と出会えることがあります。

担当者によりムラがあるとも言われますが、それはどのエージェントでも同じこと。

それ以上に、大手ならではの経験と実績からくるアドバイスはすごく参考になり、口コミ調査では第二新卒案件からハイキャリア層まで幅広いユーザーからの支持を集めています。

求人エリアも全国対応しており、業界・職種の知識に精通した頼れる専任アドバイザーがあなたの転職活動をフルサポート! 転職を考えたら必ず登録するべきエージェントです。

登録はこちら⇒リクルートエージェント

 

参考記事

みずほ総合研究所「少子高齢化で労働人口は4割減

総務省統計局「労働力調査(基本集計) 平成29年(2017年)6月分 (2017年7月28日公表)


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi