「仕事がつまらないから辞める」でもいい

「仕事がつまらない」という理由で辞めてもいいのでしょうか?

結論を先に言うと「仕事がつまらない」も、仕事を辞める立派な理由になります。

なので辞めてもいいのですが、何のあてもなく辞めるはオススメしません。

当たり前ですが、お金がなければ生活ができなくなります。

あてもなく仕事を辞めるということは、収入がゼロになる危険性がある、ということです。

なので辞める前に次の仕事を探すか、生活できるだけの収入を確保してから辞めるようにしましょう。

この記事ではなぜ「仕事がつまらない」という理由で、仕事を辞めてもいいのかについて書いています。

つまらないで辞めてもいい理由

なぜ「仕事がつまらない」で辞めてもいいのか、その理由を説明します。

つまらない仕事では結果が出ない

仕事がつまらないとどうしても嫌々やることになります。

当然集中できませんし、ムダに時間が長く感じるものです。

すると仕事にストレスを感じるようになり、もっと行くことが嫌になってきます。

また嫌々やっている仕事では、結果を出すことも難しいでしょう。

つまり、つまらない仕事を続けるメリットがないのです。

行動することで未来が変わる

つまらない仕事を続けると「仕事がつまらないな。辞めたいな」という気持ちを、モンモンと抱えながら生活していくことになります。

年を取ると「あの時仕事を辞めていれば」と、自分の行動力の無さを後悔するかもしれません。

でも思い切って仕事を辞めることで未来を変えることができます。

良い未来になるのか悪い未来になるのかはわかりません。

ですが少なくとも「あの時仕事を辞めていれば」と後悔することはないはずです。

仕事を辞めることで3年後、5年後の未来を変えることができます。

方向転換をするのは当たり前

自分の人生ですからチャンスがあれば仕事を辞めるのも、独立するのも自由です。

就職したからといって、定年までその企業で勤め続けないといけない理由はありません。

やりたいことが途中で変わることもよくある話です。

スタートする前にゴールを決めて、そこに向かってただ歩くだけの人生が魅力的だとは限りませんよね。

それに決めた通りにゴールまで行ける保証はどこにもないのです。

だから途中で方向転換をしてもかまいません。

ただきっかけが「仕事がつまらない」ことだった、というだけです。

仕事は生活を豊かにする手段でしかない

仕事は生活を豊かにするための手段でしかありません。

つまらない・面白くないと思いながら、毎日8時間、定年まで働く生活が豊かだと言えるでしょうか。

自分の人生に責任を持てるのは自分しかいません。

だから「つまらない」で仕事を辞めてもいいのです。

あてもなく辞めてはいけない

「仕事がつまらない」は仕事を辞める十分な理由になります。

でも何のあてもなく辞めてはいけません。

なぜならお金を稼がないと、生活していくことができないからです。

仕事を辞める前に次の仕事を見つけるか、生活していけるだけの収入源を作るようにしてください。

在職中に仕事を探す

つまらない仕事を辞める前に、自分がやりたいと思う仕事を探してください。

もし「やりたい仕事がわからない」けど「今の仕事はつまらないから辞めたい」のであれば、とりあえず求人雑誌を読んでみましょう。

珍しい職業の情報が載っているので、読んでいるだけでも楽しめるはずです。

またネットで求人情報をみて、面白そうな仕事を探してもいいですね。

そしてやりたい仕事が見つかった、本格的に転職活動を始めてください。

プロに相談する

「今の仕事がつまらない」のであれば、次の仕事は異業種か異職種になるはずです。

少なくとも同じ仕事をやりたいとは考えていませんよね。

なので転職活動を行うときは転職エージェントを利用してください。

異業種異職種への転職は今までの経験やスキルを、その業種や職種にあわせて効果的にアピールする必要があります。

これが意外と難しく、効果的にアピールするにはある程度の経験が必要です。

だから仕事として大勢の転職をサポートしてきた転職エージェントに相談します。

転職エージェントは「完全無料」で、求人紹介から面接の段取り、履歴書や職務経歴書の添削、面接対策などのサポートを受けることができます。

オススメの転職エージェントはリクルートエージェントです。

リクルートエージェントを選ぶ理由は次の3つです。

  • 取扱求人数が業界最多
  • 非公開求人が業界最多
  • 経験実績が豊富

異業種異職種へ転職するのなら、なるべく多くの求人に申し込む必要があります。

また今までの経験を効果的にアピールするには、豊富な経験と実績が必要です。

なので業界№1の求人数を誇り、なおかつ幅広いユーザーから支持されているリクルートエージェントを利用します。

登録は無料なので、悩むのなら相談することをオススメします。

公式サイトはこちら⇒リクルートエージェント

週末だけ起業する(副業を始める)

会社員として働くことが嫌なら起業することもできます。

でもいきなり仕事を辞めて起業することは、無謀以外の何物でもありません。

まずは商売のアイディアを考え、本当に稼げるかどうか実践してみる必要があります。

そのため仕事を辞めずに休みの日を利用して、小さく商売を始めてください。

最初は失敗するかもしれません。

でも仕事を辞めていなければ、少なくとも生活はできるはずです。

まずはコツコツと実績を積み重ねていき、生活できるレベルに達したら仕事を辞めればいいのです。

まとめ

「仕事がつまらない」ことは、十分辞める理由になります。

人生は一度きりですし、自分の人生に責任を持てるのは、自分だけです。

なので面白い仕事を求めて仕事を変えることは、何の問題もないと言いきれます。

でも何のあてもなくいきなり仕事を辞めるのは、オススメできません。

なぜならお金がないと、生活していくことができないからです。

「仕事がつまらない」で辞めるときは、十分に準備をしてから辞めるようにしてください。

面倒な登録が不要の転職アプリ

※記事の中でも紹介しているかも。でも本当にお勧めできるアプリなんです。

次のような悩みを感じていませんか?

  • すぐ転職するわけじゃないが情報が欲しい
  • 転職を考えているが活動する時間がない
  • 仕事がつらくて、できれば辞めたいと思う
  • 転職エージェントに登録するのは抵抗がある

こういった悩みを抱えている方に紹介したいのが、ジョブクルの転職アプリ。
その理由は次の6つの特徴があるからです。

  • 面倒な登録が不要
  • 完全無料
  • チャットで転職コンシェルジュに相談できる
  • 電話や面談をする必要がない
  • 退職や転職に関する相談なら何でもOK
  • 転職エージェントと遜色のないサービスが受けられる

ぼくも転職エージェントを利用したことがありますが、電話で話したり面談で会うことが意外と億劫なんです。
「無理に勧められそう」とか「断られたらいやだな」と言う不安も感じます。
それにちょっと相談したいだけで、本当に登録していいのかどうかも悩みますよね。

そんな不安を全て取り除き、気軽に転職のプロに相談できるのがジョブクルの転職アプリです。

ぼくも実際に使ってみましたがかなり具合がいい。
なによりチャットで転職のプロに、気軽に相談できるところがすごく気に入っています。
しかもサービスの内容は転職エージェントと比べても大きな違いはありません。

気軽に相談できてしかも親切に対応してもらえる。
インターフェイスの使い勝手に少し不満はありますが、電話をする必要も、会いに行く必要もないのは大きなメリットです。
良かったら試してみてくださいね。

転職 ジョブクル:転職のプロが正社員求人を提案するチャット相談型 転職アプリ
ジョブクル
開発元:Smiloops
無料
posted with アプリーチ