bunoshi

転職と働き方を考えるブログ

第二新卒の就活が厳しい理由と転職に適した時期

第二新卒の就活が厳しい

第二新卒の就活はなぜ厳しいと言われるのでしょうか?

この記事では、第二新卒の就活が厳しい理由と、就活の進め方を紹介しています。

第二新卒の就活で悩んでいる方の、参考になれば幸いです。

第二新卒の就活が厳しい理由

第二新卒の就活が厳しいと言われるのは、次の3つの理由からです。

  • 「新卒」という肩書が消える
  • 実績・経験が足りない
  • 優良企業・大手企業にこだわり過ぎる

そして一番の問題は「新卒と同じ感覚」で、就活を行うことにあります。

残念ですが「第二新卒」の就活は、「転職者」つまり「中途採用者」と同じです。
新卒と同じ感覚で就活を行うと、必ず次の点でつまずきます

  • 応募書類の書き方が違う
  • 職務経歴書の書き方が分からない
  • 面接で「新卒」のような受け答えをしてしまう

まずは自分が「新卒ではない」ことを意識し、適切な時期に、適切な方法で就活を行うことが大切です。

積極的に採用する企業も多いが…

マイナビの2016年度の調査では、半数以上の企業が第二新卒の採用に積極的だという結果が出ています。

ですが逆に言えば一定数の企業は第二新卒の採用に消極的、もしくは採用する予定がないということ。

特定の企業に固執するのではなく、柔軟な視点で就活を行うことが大切です。

プロに相談する

第二新卒の就活は新卒と違う知識が必要になるため、次の「プロ」に相談することが大切です。

  • ハローワークの相談員
  • 転職エージェント
  • キャリアコンサルタント

職業を紹介することを仕事にしている方は、間違いなく第二新卒者より知識があります。
つまり相談することで、就活をよりスムーズに進められるのです。

第二新卒の就活の時期

第二新卒の就活は、最適な時期に合わせて計画的に行うことが大切です。
その理由は次の2つ。

  • 求人の件数が多い
  • 十分な研修・教育を受けられる

たとえば企業の繁忙期では、研修に割く人員や時間が不足していることが考えられます。
すると十分な教育を受けることができず、結果として自分自身が苦しむことになるのです。

採用した人材に十分な教育を行えないと、企業としても「無駄なコスト」が発生するため、避けたいと考えます。
つまり第二新卒の就活は、企業にとっても最適な時期があるのです。

では最適な時期とはいったいつなのでしょうか。

1月~3月

第二新卒が就活を行うのに最適な時期は、1月から3月だと言われています。

これは入社時期を4月にすることで、新卒者と教育のタイミングを合わせられるからです。
つまり企業にとって、「研修・教育」にかけるコストを削減できるメリットがあります。

また第二新卒にとっても「同期」を得られるメリットがあります。

通常中途入社の場合、同期はいません。
たった一人で簡単なOJTしか受けられないこともあります。
でも4月入社であれば、「同期」が得られ、きちんとした研究・教育が受けられます。

まとめると次の4つのメリットがあります。

  • 同期を得ることができる
  • 研修をきちんと受けられる
  • 求人も増える
  • 企業はコストが削減できる

デメリットは次の1つです。

  • ライバルが多い

多くのメリットがあることから、1月から3月が、第二新卒の就活に最適な時期だと言われています。

4月~6月

4月から6月は、4月に入社した新入社員の対応に追われているため、中途採用を控える傾向があります。

また翌年度の、新卒採用者の面接時期とも重なっているため、新卒を重視している企業ほど求人を出さなくなるようです。

つまり次の2つのデメリットがあります。

  • 中途採用の教育にかける時間と人材が少ない
  • 求人数も減っている

メリットは次の1つです。

  • ライバルが少ない

デメリットの多い期間ですが、4月は3月に次いで中途採用の求人が多い月でもあります。
企業によっては「教育担当者の負担を減らす」目的で、4月から6月の採用を行うこともあるようです。

ライバルが少ないので、比較的採用されやすい時期でもあります。

7月~9月

一般的に1月から3月に転職活動を行うと4月入社。
7月から9月に転職活動を行うと10月入社になります。

4月入社は新卒者と同期になりますが、10月入社は年齢も経歴もちがう転職者と同期になります。
そのため研修がないことも多く、すぐ仕事に取り掛かることになります。

「研修を受けたい」方にはツライ時期ですが、「すぐ仕事がしたい」方にはメリットになります。

つまり次の3つのメリットがあります。

  • 同期を得ることができる
  • 様々な経歴の人と一緒に働ける
  • すぐ仕事にとりかかれる
  • 1月から3月に次いで求人が多い

デメリットは2つです。

  • 同世代がすくない
  • 研修を受けられない

10月入社で採用される方も多いため、第二新卒の転職としては2番目に適しています。
ですが「研修が受けられない」こともあるので、経験が不足している方には厳しい時期かもしれません。

10月~12月

10月から12月は、概ね4月から6月と同じです。

10月に入社した社員の対応に追われる。
新卒者採用の準備をしなければならない。

などの理由で、人事担当、教育担当ともに忙しい時期です。
そのため中途採用を控える傾向があります。

つまり次の2つのデメリットがあります。

  • 中途採用の教育にかける時間と人材が少ない
  • 求人数も減っている

メリットは次の1つです。

  • ライバルが少ない

ただし10月は比較的求人の多い月です。
ライバルも少ないので、希望する企業の求人があれば、比較的採用されやすいかもしれません。

第二新卒の就活方法

第二新卒の就活方法は次の3つがあります。

  • ハローワークに登録する
  • 転職サイトに登録する
  • 転職エージェントに登録する

ハローワーク

ハローワークには必ず登録してください。

ハローワークは批判的な声もありますが、求人の数はダントツで多い。
約7割の企業がハローワークに求人を出しています。

ハローワークにしか求人を出さない企業も多くあります。

また「面接」や「書類の書き方」の講座を無料で受けられます。
他にも様々なサポートを行っていますので、相談することをオススメします。

転職サイト

転職サイトは求人情報を集めるのに便利です。

ただし実際の活動は全てひとりで行う必要があるため、第二新卒には不向きかもしれません。

転職エージェント

転職エージェントは、無料で転職に関わるほぼすべてのことを、サポートしてくれるサービスです。
サポート内容は主に次の6つ。

  • キャリア相談
  • 求人紹介
  • 履歴書や職務経歴書の添削
  • 面接対策
  • 面接のセッティング
  • 給与交渉

書類の書き方や面接対策など、第二新卒で不足している部分を補ってもらうことができます。

また、大手企業ほど転職エージェントに求人を出す傾向が強く、そのほとんどは「非公開求人」になっています。
「非公開求人」は転職エージェントを利用しないと紹介してもらうことができません。

つまり転職エージェントを利用することで、次の2つのメリットを得ることができます。

  • 転職のサポート
  • 非公開求人の紹介

第二新卒に特化した転職エージェントもありますので、相談することをオススメします。

オススメの転職エージェント

◆リクルートエージェント
国内最大手の総合転職エージェントです。
担当者によって差があると言われますが、利用者からの評価はとても高く、幅広い多くのユーザーから支持されています。
業界や役職に関係なく、転職活動では必ず利用するべきエージェントです。
登録はこちら⇒リクルートエージェント

◆DYM
既卒・第二新卒・フリーター向けの就職サービス。
100%正社員求人のみを取り扱い、書類選考をスキップして最短1週間で入社した例もあります。
エージェントが就職できるまで二人三脚でサポートするので、初めての転職や、就活でも安心です。
公式サイトはこちら⇒DYM 就職

◆マイナビエージェント
20代からの評判が高い転職エージェントです。
2017年に体制強化を行い、評判が一気に高くなっています。
30代の転職にも力を入れているので、20代でなくとも相談する価値はあります。
公式サイトはこちら⇒マイナビエージェント

第二新卒の就活で着るスーツ

就活で着るスーツで困るのが「色」や「柄」です。
もし悩むのであれば、次の組み合わせを参考にしてください。

  • スーツ:紺かグレー
  • ネクタイ:ブルー(派手じゃないもの)
  • シャツ:白(柄のない物)
  • Tシャツ:白
  • ベルト:黒
  • 靴:黒

面白みも何もない組み合わせですが、就活のときは目立つより無難にまとめるべきです。

女性の場合、高いヒールを履いていくと印象が悪くなるようです。
できれば避けるようにしてください。

最後に

第二新卒の就活が厳しいと言われる理由は、「新卒」と同じ感覚で活動を進めるからです。

第二新卒は転職市場でかなり人気があります。
なので「新卒」気分で活動を行わなければ、それほど苦労することはありません。

応募する企業の大企業だけにこだわるのではなく、中小企業も視野に入れてください。
大企業の子会社や地元の優良企業など、選択肢は沢山あります。

そして転職の知識を補うために、プロに相談することをオススメします。

この記事が第二新卒の就活で悩んでいる方の、参考になれば幸いです。


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi