bunoshi

転職と働き方を考えるブログ

20代後半が未経験の仕事に転職するには

20代後半が未経験の仕事に転職

20代後半は未経験の転職にチャレンジできるギリギリの年代です。
しかも30代に近くなるほど、未経験の仕事に転職することが難しくなっていきます。

もしチャンレンジしたいと思うのなら、なるべく早く行動を起こしましょう。

この記事では20代後半の、未経験の転職について書いています。
「未経験の仕事にチャレンジしたい」と思ったとき、参考にしていただければ嬉しいです。 

28歳がギリギリのライン

20代はスキルや経験が不足していても、ポテンシャル重視で採用されることがあります。
この「ポテンシャル」を重視してもらえるギリギリの年齢が28歳です。

28歳以降はより経験とスキルが重視され、即戦力を求められるようになります。
未経験の転職も不可能ではありませんが、30代になると「ポテンシャル」を重視されることはありません。
たとえ未経験であっても、経験やスキルを結び付けて考えないと、未経験での転職はかなり難しくなります。

つまり28歳までに、仕事で役立つ経験やスキルを身につけておくことが大切です。

未経験の仕事に転職する際のアピールポイント

20代後半の転職で、未経験の仕事を目指す際のアピールポイントは次の4つです。

  • 社会人経験
  • 今までの経験とキャリア
  • 転職を実現させるための取り組み
  • 熱意とポテンシャル

ひとつずつ説明します。

社会人経験

社会人経験とは、概ね次の2つを指します。

  • 基本的なビジネスマナー
  • 仕事に対する責任感

正社員として働いた経験があれば身についているものです。

今までの経験とキャリア

今までの経験とキャリアを、希望する職種や業界に結び付けてアピールする必要があります。
ポテンシャルという強みがあるとはいえ、「やってみたい」「面白そう」などの動機では、なかなか採用されません。

転職で企業が求めることは、「どう貢献するのか」です。

今までの経験やキャリアを棚卸して、「〇〇の経験を生かし、△△で貢献いたします」と伝えることが大切です。

転職を実現させるための取り組み

未経験の転職は「やってみたい」だけでは厳しいものがあります。
「未経験で転職するために、どんな努力をしたのか」
これが熱意とやる気を測るうえで、大切な要素にです。

未経験の転職を実現させるための取り組みとして、次の4つが考えられます。

  • 関連する資格の勉強・取得
  • スクールやセミナーの受講
  • 通信講座の受講
  • 職業訓練校へ通う

ひとつずつ説明します。

関連する資格の勉強・取得

資格は「業務独占資格」でない限り、「経験が伴わないと意味がない」と、言われることもあります。

ですが資格を勉強することで、その仕事に対する知識が身につきます。
「知識がある」ということは、「仕事の下地ができている」こと同じこと。
当然仕事の覚えも早くなるものです。

また未経験での転職では、関連する資格を勉強し、取得したという「熱意」が評価されることも多くあります。

スクールやセミナーの受講

スクールやセミナーの受講も、業界や職種の基礎知識を身につけることができます。
働いているとスクールに通うのは難しいかもしれませんが、セミナーの受講はできるはずです。

セミナーを受講し業界の現状と今後の見通しを知ることで、志望動機をより具体的にすることもできます。
面接の受け答えでも役に立ちますので、積極的に受講してください。

通信講座の受講

知識を身につけるという意味では、通信講座の受講も有効な手段です。

受講できる期間が決まっているため、期限を区切って効率よく勉強することができます。

職業訓練校へ通う

すでに退職している場合は、職業訓練校に通う方法もあります。
授業を受けることで、独学よりも理解しやすいでしょう。

また失業給付金の受給期間が延長されることもあるので、退職後の勉強方法としては最適です。
(*詳しくはハローワークに問い合わせてください)

熱意とポテンシャル

未経験の仕事を目指す上で、熱意とポテンシャルはとても大切な要素です。

  • 未経験の仕事に就きたい理由
  • そのために努力してること
  • 将来の目標
  • 企業にどう貢献するのか

この4つを熱意を持って話してください。

やる気と行動が伴えば評価も高くなり、採用されやすくなります。

未経験OK求人の探し方

未経験の仕事に転職するには、未経験可の求人を探す必要があります。
そのために次の3つは必ず利用してください。

  • ハローワーク
  • 転職サイト
  • 転職エージェント

ハローワークは退職が決まっていないと求人を紹介してくれません。
ですが地元の中小企業は、ハローワークだけに求人を出すことが多いため、情報を集めるためにも利用することをオススメします。

求人紹介以外にも、様々な支援(職業訓練校や各種講座など)があるのも特徴です。

転職サイトは自宅で求人情報を集めるのに最適です。
掲載されている求人数も多く、未経験可の求人も沢山あります。
履歴書や職務経歴書の書き方など、参考になる記事が多いのも特徴です。

転職エージェントは豊富な非公開求人の中から、未経験可の求人だけを紹介してもらえます。
それ以外にも、履歴書・職務経歴書の添削や面接対策、給与交渉まで、無料でサポートしてもらえます。

とくに転職活動で負担になる、面接の調整やスケジュール管理も行ってくれるので、効率よく転職活動を進めることができます。

オススメの転職エージェント

◆リクルートエージェント
国内最大手の総合転職エージェントです。
担当者によって差があると言われますが、利用者からの評価はとても高く、幅広い多くのユーザーから支持されています。
業界や役職に関係なく、転職活動では必ず利用するべきエージェントです。
登録はこちら⇒リクルートエージェント

◆DYM
既卒・第二新卒・フリーター向けの就職サービス。
100%正社員求人のみを取り扱い、書類選考をスキップして最短1週間で入社した例もあります。
エージェントが就職できるまで二人三脚でサポートするので、初めての転職や、就活でも安心です。
公式サイトはこちら⇒DYM 就職

◆マイナビエージェント
20代からの評判が高い転職エージェントです。
2017年に体制強化を行い、評判が一気に高くなっています。
30代の転職にも力を入れているので、20代でなくとも相談する価値はあります。
公式サイトはこちら⇒マイナビエージェント

最後に

20代後半は未経験の転職にチャレンジできるギリギリの年代です。
しかも30代に近くなるほど、未経験の仕事に転職することが難しくなっていきます。

未経験の仕事に転職するのなら、「経験・スキル」と「ポテンシャル」、そして「熱意」を上手にアピールしてください。

この記事が20代後半で、未経験の仕事へ転職を考えている方の、参考になれば幸いです。


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi