bunoshi

転職と働き方を考えるブログ

30代未経験の転職で資格は必要か

30代未経験の転職で資格は必要か

30代で未経験の転職を目指す場合、資格を取得することに一定の意味はあります。
ですがやみくもに資格を取得すれば良いわけではなく、評価につながらない資格もあるので注意が必要です。

この記事では、30代が未経験の転職を考えた場合、どんな資格を取得するべきかについて紹介しています。

転職で重視されるのは「実務経験」

大前提として、転職市場で評価されるのは「資格」ではなく「実務経験」です。
高度な資格をもつ「未経験者」よりも、「実務経験」のある無資格者の方が、企業から求められています。

その理由は簡単で、中途採用に求められるのは「即戦力」だからです。
とはいえ未経験者だけで考えた場合は、「無資格者」よりも「資格所有者」の方が有利になります。

「実務経験」が求められるとはいえ、未経験で転職を考えるのなら、資格を取得することに一定の意味はあると言えるでしょう。

評価につながる資格とは

では実際にどんな資格が評価されるのでしょうか。

実務経験と資格がセットになっている

一番評価の高いのは、実務経験者がその関連資格を取得している場合です。
実務経験者が関連資格を取得していると、専門知識をきちんと身につけている証明として、資格が扱われます。

目指す職種に関連した資格を学ぶ

未経験者の場合は、未経験で目指す職種に関連した資格を取得するべきです。

たとえば

  • 経理・財務であれば簿記や税理士、公認会計士など
  • 人事であれば社会保険労務士、キャリアコンサルタント
  • 不動産業界であれば、宅地建物取引士、不動産鑑定士

と言った具合です。

資格を取得することで、「基本的な知識の証明」と「やる気」を示すことができます。
未経験の転職であれば、目指す業界や職種に関連した資格を取得するべきです。

評価につながらない資格とは

評価につながらない資格とは、実務経験とも、目指す職種とも関係がない資格です。

たとえば不動産業界と関係のない方が、宅地建物取引士を取得しても、仕事に生かすことはできません。
あるいはIT業界へ転職する方が「不動産鑑定士」を履歴書に書いても、何の評価もされないでしょう。

業界や職種と関係のない資格を履歴書に書くことで、マイナス評価になることもあります。

転職で資格を評価してもらうには、「目的」や「意義」をはっきりさせることが大切。
直接仕事に関係のない資格は、評価につながりません。

転職で評価されやすい資格

業界や職種に関係なく、取得することで評価されやすい資格もあります。

  • TOEIC
  • 簿記
  • マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

どの資格を取得すればいいのか分からない方は、とりあえず上の3つから勉強しても良いかもしれません。
一番のオススメは、資格とは違いますが「TOEIC」です。

TOEIC

資格とは違いますが、英語力があると転職で高評価を得やすいものです。

国内マーケットが頭打ちになり、今はどの業界でも海外進出を検討しています。

一切検討していない企業でも、取引先に外国人がいることも多いものです。
時には英語で営業資料を作成せざるを得ないこともあります。

また展示会などに出展する企業なら、海外の来場者に対応するため、英語力がある人材を求めているでしょう。

つまり英語力があるだけで、評価してくれる企業がある、ということです。
(750点以上あると、かなりの高評価になります。)

簿記

経理や財務に関わらない方でも、簿記の知識は必須だといえます。

なぜなら企業の成績を示す財務諸表は、全て簿記を基準にして作成されているからです。

3級を取得していれば、基本的な知識がある証明にもなります。
2級を取得していれば、事務職の求人に応募することもできるでしょう。

また営業や人事・総務などでも、簿記の知識があれば有利に働くはずです。

MOS

今は事務処理のほぼ全てをパソコンで行います。
その際に使うソフトは、ほぼマイクロソフトオフィスでしょう。

それだけに、マイクロソフトオフィススペシャリストの資格は、取得しているだけでパソコンを使える証明になります。

どちらかと言うと事務職向けの資格です。
ですが営業や製造などでも、資料作成にマイクロソフトオフィスを使いますよね。

またAccessが使えると、データベースを自分で作ることもできるので、幅広く応用できるのも特徴です。

最後に

30代未経験で転職する場合は、「基本的な知識の証明」と「やる気」を示すために、資格を取得する意味はあります。

ただし評価されるのは、目指している業界や職種に関係した資格だけです。

よくある勘違いとしては、「行政書士」や「宅地建物取引士」「中小企業診断士」などを、「有名だから」と取得することです。
関連のある業界では評価されますが、関連のない業界や職種では、「何のために取得したのか」と、疑問を抱かれることになります。

もし関連する資格がないのなら、ビジネススクールやセミナーに通い、ビジネススキルを磨いた方が評価には結びつきやすいはずです。

未経験での転職は、目指している業界や職種に関連した資格を取得することが大切です。


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi