30代は年収がダウンしても転職するべきか

30代で年収が下がる転職は、よほどの事情がない限り避けるべきです。
なぜなら30代はキャリアを固め、育てるための時期。
このタイミングで年収が下がる転職をすると、元に戻すことが難しくなります。

この記事では、30代で年収がダウンしても転職するべきかどうかを考えています。

30代の転職で年収が下がる理由

30代の転職で年収が下がる理由は、考えられる範囲で次の5つ。

  1. 未経験の仕事に転職した
  2. 突然のリストラにあった
  3. 退職後に転職活動を行った
  4. 見えない費用に気が付かなかった
  5. 労働契約書を確認しなかった

ひとつずつ説明していきます。

未経験の仕事に転職した

30代で未経験の仕事に転職すると、多くの場合年収が下がります。
ですが自ら望んで未経験の仕事に転職している場合は、ある意味仕方がないといえます。

突然のリストラにあった

突然のリストラで仕事を失うと、再就職先が見つかったとしても、多くの場合年収が下がるようです。
40代、50代でリストラされると、再就職先を見つけることさえ困難なケースもあります。

退職後に転職活動を行った

退職後の転職活動は、収入がゼロになることで、貯金を切り崩しながら生活せざるを得ません。
そのため転職活動に時間が掛かると、とりあえず生活を維持するために、妥協して就職することになります。

その結果、前職よりも収入が下がってしまうのです。

見えない費用に気が付かなかった

会社から支給されているものを考えずに転職すると、年収と一緒に出費も増え、結果として使えるお金が減ってしまうことがあります。
これではせっかく年収が増えたのに、何の意味もありませんよね。

制服や備品、住宅手当など、今は支給されているが転職すると失うものも、考慮することが大切です。

労働契約書を確認しなかった

転職で労働契約の内容を確認しないと、労働条件が今よりも悪くなることがあります。
このケースは労働契約書の内容を確認していれば、起こることがありません。

企業は労働者に労働条件を明示する義務があります。
必ず労働契約書の内容を確認し、納得がいかない場合は交渉するか、別の仕事を探すようにしてください。

30代で年収が下がると元に戻すのが難しい

30代で年収を下げる転職をすると、元に戻ることが難しいと言われています。
その理由は、給与は評価によって段階的に増えていくものだからです。

ほとんどの企業は「給与テーブル」によって、従業員に支払う給与を決めています。
また給与テーブルは「年齢」だけではなく、「能力給」によって段階的に分けられていることが多いようです。
「能力給」を上げるには、好成績を収め上司に評価される必要があります。
そして1年間であげられる上限が決まっているものです。

つまり一度年収を下げてしまうと、「能力給」を元の水準まで上げることが難しくなります。
仮に戻せたとしても、何年もの時間が必要です。

そのため、できれば30代で年収を下げる転職は避けるべきです。

年収以外の価値があるなら転職する

30代で年収がダウンしても転職するのなら、年収以外の価値がある場合だけにするべきです。
たとえば次の2つのケース。

  • プライベートを重視
  • 好きなことにチャレンジ

プライベートを重視したい方にとって、忙しすぎる仕事を続けることにメリットはないかもしれません。
プライベートを重視できるのなら、たとえ年収が下がっても、今より働きやすい職場に転職したいと思うでしょう。

また好きなことを仕事にできるチャンスがあれば、年収よりもやりがいを求めるかもしれません。

いずれにしても、30代で年収がダウンするのなら、年収以外の価値がある転職をするべきです。

最後に

30代の転職で年収がダウンすると、取り戻すことが難しくなります。
将来のこともありますし、よほどの事情がない限りは年収がダウンする転職を避けるべきです。

とは言えその転職に年収以上の価値があるのなら、気にせずに転職するべきかもしれません。

少なくとも「転職しなければよかった」と後悔することがないように、よく考えてから転職をしてください。