bunoshi

転職と働き方を考えるブログ

30代前半の転職と後半の転職の違い

30代前半の転職と後半の転職の違い

30代前半の転職と後半の転職には違いがあります。

たとえば未経験の転職は、30代前半ならまだやる気だけでも採用される可能性があります。

ですが30代後半になると「やる気」だけでは採用されにくくなります。

つまり企業が求めるものが、30代前半と後半では異なってくるのです。

この記事では30代前半の転職と、後半の転職の違いを紹介しています。
転職しようか悩んだときに、参考にしていただければ嬉しいです。

みんなの転職理由

DODAが発表している「転職理由ランキング」では、30代の転職理由は次のようになっています。

1位:会社の将来性が不安
2位:ほかにやりたい仕事がある
3位:給与に不満がある
4位:残業が多い/休日が少ない
5位:専門知識・技術を習得したい
6位:U・Iターンしたい
7位:幅広い経験・知識を積みたい
8位:業界の先行きが不安
9位:雇用形態を変えたい
10位:市場価値を上げたい

会社の業績悪化をきっかけに、将来を考えて転職に踏み切る人が多いようです。
今は大企業でも倒産する可能性がある時代だからこそ、早めに対策をとっているのかもしれませんね。

また給与や休日、将来性や業界の先行きなど、「不満」や「不安」を理由に転職する方が多いこともわかります。

意外なのは「ほかにやりたい仕事」があるから転職する方が多いこと。
おそらく未経験の仕事にチャレンジしていると考えられますが、2位にランクインしているのは驚きです。

ただしこれはDODAのアンケート結果。
他のサイトのアンケート結果を見ると、また違った結果になりますので、あくまでも参考程度に見てください。

参考までに「ミドルの転職」が行っているユーザーアンケートの上位3位は、次のようになっています。

1位:待遇、福利厚生に不満がある
2位:給与に不満がある
3位:キャリアアップのため

「ほかにやりたい仕事がある」は8位でした。

転職エージェントのアンケートは、そのエージェントの特徴が出るものです。
もしかするとDODAを利用することで、未経験の仕事にチャレンジしやすいのかもしれませんね。

30代前半と後半で企業が求めるものの違い

30代は即戦力やマネジメントスキルが求められるようになる、というのはよく言われる話です。
ですが同じ30代でも、前半と後半では求められるものが若干違ってきます。

イメージとしては次の表のようになります。

 

30代前半

30代後半

異業種・異職種

×

同業種・異職種

異業種・同職種

同業種・同職種

(※イメージです)

また求められるものも、次のように変化していきます。

 

30代前半

30代後半

即戦力

マネジメントスキル

×

柔軟性

変化の対応力

(※イメージです)

◆即戦力
30代が即戦力を求められることは、すでに理解されているはずです。
当然30代前半よりも後半の方がキャリアは長くなりますから、より即戦力を求められることになります。
ただし即戦力と言っても、同業界同業種で通用するスキルだけを指すのではありません。
「顧客」や「販売経路」などが生かせるのであれば、異業種異職種でも即戦力だと判断されます。

◆マネジメントスキル
30代でマネジメントスキルを身につけている方は、かなり稀な存在です。
それだけに、マネジメント経験があるとすれば、転職でかなり優位に働くことでしょう。
当然30代前半よりも後半の方が身につけている可能性が高く、年齢を重ねるごとに、マネジメントスキルが求められるようになっていきます。

◆柔軟性
長くビジネス経験を積んでいると、良くも悪くも頭が固くなります。
とくに1つの会社しか勤務経験のない方は、固定観念に縛られやすいようです。
新しいやり方を受け入れられる、臨機応変に対応することができる。
こういった柔軟性は、年齢に関係なく求められ続けます。

◆変化の対応力
柔軟性に似ていますが、変化への対応力も企業が求める力の一つです。
たとえば今はITが目まぐるしい発展を遂げ、マーケティングや販促のツールが急激に変化してきました。
最近ではIOTも話題になっています。
こういった時代の変化に対応できる力も必要となります。

30代前半の転職ってどうなの?

30代前半の転職をまとめると、次のようになります。

  • 一定の経験が求められる
  • 未経験での転職は難しい
  • キャリアを生かせば年収UPも可能

30代前半は今までのビジネス経験から、ある程度「即戦力」が求められる年代です。
そのため未経験の転職は、少しずつ厳しくなっていきます。
ある意味では、未経験の仕事にチャレンジできる最後の年代とも言えるでしょう。

転職を成功させるには、今までの経験とキャリアを生かし、さらに伸ばすための転職をすることが大切です。
仮に未経験の仕事を目指す場合でも、今までの経験が生かせる仕事であれば、戦力として採用される可能性があります。

一定のスキルや経験があれば、キャリアアップ転職をしやすい年代だといえるでしょう。

30代後半の転職ってどうなの?

30代後半の転職をまとめると、次のようになります。

  • 即戦力を求められる
  • マネジメント経験が求められ始める
  • 未経験での転職は考えるべきではない
  • キャリアアップを中心に転職するべき

30代後半はビジネス経験も長いため、より即戦力が求められます。
そのため未経験の仕事を目指す場合も、今までの経験を生かし「即戦力」であることをアピールすることが大切です。
もしマネジメント経験があれば、転職の幅が大きく広がります。

30代後半の転職は、在職中に時間をかけて、納得のいく求人が出るまで待つことが大切。
経験やキャリアを生かせれば、転職をきっかけに大きく飛躍することもできるでしょう。

転職のリスクも考える

年代に関係なく、転職には必ずリスクがあります。
たとえば転職をきっかけに人間関係が悪くなるかもしれません。
優秀な部下を失うかもしれませんし、発言力も弱くなる可能性があります。

勢いだけで辞めてしまえば、仕事が見つからないリスクと、生活費が無くなるリスクを背負うことになるのです。

転職活動は、年齢が上がるにつれて長期化しやすい傾向があります。
こういった転職のリスクを少しでも減らすためにも、在職中に仕事を探すことが大切です。


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi