bunoshi

転職と働き方を考えるブログ

30代の転職がうまくいかない11の理由と対処法

30代の転職がうまくいかない

いざ転職活動を始めると、なかなか採用されなくて悩むことがあります。
ぼく自身「もっと仕事ができる」と勘違いして転職活動に臨んだため、悲しくなるほど不採用ばかりが続いて落ち込んだものです。

ですが同じ30代の転職でも、驚くほどスムーズに採用が決まる方もいます。

同じ30代なのに、どうして結果に差が出るのか。
うまくいく人といかない人には、いったいどんな違いがあるのか。

この記事では、30代の転職がうまくいかない理由について紹介しています。
もし転職活動がうまくいかず悩んでいるのなら、活動方法を見直すときの参考にしていただければ幸いです。

1.企業とのミスマッチがある

30代はビジネス経験も10年近くあるため、即戦力を期待されることが多くなってきます。
そのため転職を成功させるには、企業が求める人材にマッチすることが大切です。

よくあるミスマッチの原因は次の4つ。

  • 企業研究を行っていない
  • 経歴を時系列で羅列している
  • やりたいことに目が向き、できることを考えていない
  • 自己中心的なアピールをしている

つまり「企業が求めるもの」に目がいかず、自分の考えを押し付けている、ということです。

まずは企業がどんな人材を求めているのか考えてください。
その上で、自分の経験やスキルが当てはまるかどうか判断することが大切です。

2.年齢相応のスキルがない

「年齢相応のスキル」と言われると、なんだか難しそうですよね。
ですが30代になると、「年齢相応のスキル」が求められるものです。

たとえば管理職にはなっていなくても、リーダーとしてプロジェクトをまとめた経験がある。
あるいは「売上獲得の施策」や「トラブル回避」、後輩の育成なども当てはまるでしょう。

つまり年齢相応のスキルとは、「会社に貢献した具体的な行動と結果」だと考えることもできます。
30代に求められるものが「即戦力」であることを考えれば、年齢相応のスキルもわかってきますよね。

「年齢相応のスキル」がないと、たとえ即戦力だとしても採用されないことがあるので、注意が必要です。

3.実績を残していない

年齢相応のスキルと似たような内容ですが、アピールできる「実績」がないと、うまく行きにくいものです。
たとえ実績を残していても、抽象的な表現で伝えるのはNG。
必ず具体的な数字を交えて、実績をアピールしてください。

たとえば売上対策を行うことで、売上を昨年比110%まで伸ばした。
社員1000人から3人しか選ばれない賞を獲得したことがある、などです。

30代で何の実績もなければ、転職は難しくなります。
アピールできる実績を作るまで、転職活動を辞めるべきかもしれません。

4.自分の能力を過信している

自分の能力を過信して転職活動を始めると、ほとんどの場合失敗します。
ぼくは「自分の能力を過信」して失敗しましたから、声を大にして「辞めておけ」と言いたい。

よく言われることですが、「自己評価」と「他己評価」は違います。
ましてや社会に出てから1社しか経験していなければ、転職市場から見た評価はわからないものです。

そのため「俺はできる」と高く評価しても、転職市場での価値の低さに唖然とすることは、良くある話です。

自分の評価を自分でつけないこと。
転職を成功させるには、「他己評価」を重視することが大切です。

5.熱意がない

30代は「即戦力」や「マネジメント能力」を求められるから、熱意よりも「スキル」や「実績」をアピールする。
この考え方は間違っていません。
ですが「熱意」が抜けている時点で、間違っています。

30代の転職では、「できること」と「はたすべき役割」そして、「やりたいこと」の3つが重要です。

「即戦力」や「マネジメントの雨量」は「できること」と「はたすべき役割」、そして最後の「やりたいこと」は「熱意」になります。

つまり30代は「熱意」だけでは採用されませんが、「熱意」がなくても採用されないということ。
「熱意」は「伸びしろ」としても判断されるので、必ず「熱意」を伝えるようにしてください。

6.履歴書・職務経歴書の書き方が間違っている

履歴書や職務経歴書の書き方でよくある間違いが、アピールポイントがなく、時系列で経歴を羅列していることです。
あるいは「自分が売り込みたいこと」を大きくアピールし、企業に関係のあることを小さく書いていることもあります。

履歴書や職務経歴書の役割は、採用担当者に「この人に会ってみたい」と思わせることです。
そのためには、企業が求めるものに合わせて、経験やスキルをアピールする必要があります。

自己中心的な考え方で書いた履歴書や職務経歴書で、書類選考を通過することは難しいでしょう。
少し面倒くさいかもしれませんが、応募する企業によって、内容を書き換えることが大切です。

7.面接対策が間違っている

面接でやりがちなのが、とにかく自分をよく見せたいからと、経歴を自慢話のように話してしまうことです。

何度も同じことを書きますが、大切なのは企業のニーズを満たすこと。
逆に言えば、求めていない経歴を一生懸命話したところで、何の意味もありません。
むしろ印象を悪くしてしまう可能性さえあります。

大切なのは企業ニーズを満たすこと。
そのために採用担当者が興味をもつ経歴やスキルをアピールしてください。

ちなみに事前に質問に対する回答を用意しておくことは、当たり前のことです。
回答すら用意していないのなら、転職がうまくいくはずはありません。

8.年齢の割に考えが浅い

「年齢の割に考えが浅い」というのも、抽象的でわかりにくいですね。
ですが実際に「もう30代なのに、この程度の考え敷かないのか」と、思われて不採用になる方がいます。

考えが浅いと思われる原因は、主に次の3つ。

  • 将来のことを考えていない
  • どう貢献してくのかを考えていない
  • とりあえず転職できればいいと思っている

こういった考え方をしている方は、面接の質疑応答で採用担当者に見抜かれています。

まずは「できること」と「はたすべき役割」そして、「やりたいこと」をよく考えてください。
その上で企業にどう貢献し、将来どうなっていきたいのか、考えをまとめておくことが大切です。

9.変化に対応できそうにない

ひとつの会社に長く勤めている方ほど、これまでのやり方や「慣習」を常識だと思い込んでいることがあります。
その結果「固定観念」に縛られてしまい、新しいやり方に対応できない方がいることも事実です。

変化に対応する力や柔軟性は、ビジネスを進める上でも大切な要素です。

スマホが普及したことで、マーケティングや販促ツールが大きく変化しました。
もし柔軟な対応が取れなければ、時代に取り残されてしまうことになります。

そのため変化に対応する力や柔軟性のない方は、転職がうまくいかないでしょう。
「自分のやり方が全てではない」こと。
会社によってやり方が違うことを認め、教わろうとする姿勢を示すことが大切です。

10.希望年収が高すぎる

給与は労働の対価としてもらうものです。
つまり「結果」を出すことで、それにふさわしい「金額」をもらうことができます。

ですが稀に、市場価値よりもはるかに高い年収を希望する方がいるようです。

もし年収の額で折り合いがつかない場合は、その会社に入社してすぐに、年収に見合う結果が出せるかどうかを「客観的に」考えてください。
企業が「高い」というのは、「結果が出ない」と思っているからです。

であれば結果が出せる根拠を示すことで、希望する年収を貰える可能性があります。

ただし「結果を出せる」と言った以上、必ず出さないといけません。
強気で交渉することも大切ですが、本当に結果が出せるのかどうか「客観的に」よく考えてみてください。

11.基本的なマナーがなってない

前職でお客様と接する機会がなかったからか、「基本的なマナーを知らない」方がたまにいます。
ぼくの経験で一番驚いたのは、面談の場に緑色の髪の毛で、モヒカン作業服姿で現れた方がいたことです。

見た目は個性が云々と言う話もありますが、面接や面談もビジネスの場です。
それに相応しい恰好がありますよね。
もし個性を重視したいのなら、それが認められる場を探すべきです。

  • 誰が見ても「悪い印象を持たない」格好をする
  • 敬語で話す
  • 椅子には浅く座る
  • 無断で遅刻やキャンセルをしない
  • 必ず挨拶をする

ほかにも色々ありますが、基本的なマナーは少し調べればわかることです。
基本的なマナーがなっていない方が、転職でうまくいくことはないでしょう。

最後に

30代の転職が上手くいかない理由を紹介しました。

もし転職活動がうまくいかず悩んでいるのなら、活動方法を見直すときの参考にしていただければ幸いです。


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi