bunoshi

転職と働き方を考えるブログ

30代でキャリアチェンジする前に考えたい5つのこと

30代でキャリアチェンジ

30代はキャリアを固め、経験やスキルを身につけていく時期。
ですが「このままの仕事でいいのだろうか」と悩むこともあります。

なかには「今の仕事がツライ」、あるいは「新しいことにチャレンジしたい」からと、キャリチェンジを考える方もいるでしょう。

「キャリアチェンジ」と聞けばなんとなく格好いい気がしますが、要は「未経験の仕事」にチャレンジするという意味です。
はっきり言って30代でキャリアチェンジを行うことは、様々なデメリットがあります。
できればキャリアはそのままに、経験やスキルを身に着けて行く方が将来は安定しているはずです。

もし、キャリアチェンジしたいと思ったら、次の5つのことを考えてみてください。
そして「本当にキャリアチェンジするべきなのか」を、冷静に考えてみることが大切です。

1.なぜキャリアチェンジしたいのか

キャリアチェンジしたいのには、必ず理由があるはずです。
なぜキャリアチェンジしたいと思ったのか、その理由をしっかりと考えてください。

  • なぜ今の仕事じゃダメなのか
  • キャリアチェンジして何がやりたいのか
  • なぜ新しい仕事をやりたいのか
  • 将来どうなりたいのか
  • 異なる部署に異動させられたらどうするのか

今までのキャリアを捨てることになりますから、「今の仕事じゃダメなのか」と言うのは、誰もが疑問に思うことです。
できれば仕事への不平・不満からキャリアチェンジを考えるのは、辞めてください。
キャリアをゼロから築くことは、想像よりも難しいことです。
前向きな理由がなければ、続けていくことは難しいでしょう。

また、キャリアチェンジをしても、異なる部署に異動することがあります。
これもキャリアチェンジのリスクとして、頭の片隅に置いておくべきです。

2.異動でキャリアチェンジできないか

キャリアチェンジをするのなら、社内で異動することが一番です。
なぜなら仕事を失うこともありません。
部署が変わるだけで済み、転職先を探す必要も、人間関係をゼロから築く必要もないのです。

もちろん部署が変われば環境や同僚も変わりますが、同じ会社内ですから、転職するほどのストレスはないでしょう。

キャリチェンジを考えたら、まずは社内で異動出来ないか、上司に相談するべきです。

キャリアチェンジ転職をするのなら

社内での異動が難しそうであれば、転職を考えることになります。
ただしキャリアチェンジ転職は、かなり難しいと思ってください。

3.企業にどう貢献するか

30代がキャリアチェンジ転職をする場合、「この仕事がやりたい」と言う熱意だけで採用されることはありません。
今まで身につけた経験やスキルを使って、企業にどう貢献するのかを説明する必要があります。

もし企業に貢献する方法が思いつかないのなら、キャリアチェンジは諦めるべきです。

30代に企業が求めるのは「即戦力」。
未経験者を採用する場合は、新卒か20代が優先されます。

30代の場合はたとえキャリアチェンジだとしても、「どう貢献するのか」が大切。
それが分からないのであれば、転職先を見つけることは難しくなります。

4.待遇が悪くなることに抵抗はないか

キャリアチェンジとは、今までの経験やスキルを捨てて、ゼロからやり直すのと同じです。
当然給与は下がりますし、役職が付くこともないでしょう。

もし今大手企業に勤めているのなら、転職先は中小企業かベンチャー企業になります。
大手企業がリスクを冒してまで、30代未経験者を採用することは、ほとんどありません。

なのでキャリアチェンジ転職を行うのなら、今よりも待遇が悪くなることを覚悟してください。
「仕事は変えたいけど待遇は変えたくない」と考えているのなら、転職するべきではありません。

ここに書いてあることが信じられなければ、退職する前に転職活動を始めてみてください。
待遇を変えずにキャリアチェンジをする難しさが、理解できるはずです。

5.年下の指示を素直に聞けるか

キャリアチェンジ転職を行うと、年下から仕事を教わることになります。
年功序列が当たり前だった時代と違い、今は年下の上司がいたとしても、気にならない方が増えているようです。
ですがもし、年下から仕事を教わること、指示されることに抵抗があるのなら、キャリアチェンジ転職は諦めるべきです。

キャリアチェンジした時点で、その仕事に対しては「初心者」になります。
面接では「貢献出来ること」を聞かれたとしても、実際は一人前になるまで経験者から仕事を教わる必要があります。

仕事を教えてくれる方が、必ず年上になるとは限りませんよね。

むしろ新人も経験者にも仕事を覚えさせるために、入社2・3年の20代が指導するはずです。
そのため年下から教わることに抵抗がある方は、キャリアチェンジ転職に向いていません。

諦めて今のキャリアを伸ばした方がいいでしょう。

最後に

キャリアチェンジをしたいと思うことは、悪いことではありません。
むしろ社会人として経験が増えるほど、キャリアチェンジしたいと思うものです。

その理由には好奇心もありますし、仕事がツライとか嫌だといった、ネガティブなものもあります。
だからこそなぜキャリアチェンジしたいのかを、冷静に考えることが大切です。

キャリアチェンジは思っているほど簡単なことではありません。
異動ならまだしも転職をするのなら、それ相応の覚悟が必要です。


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi