bunoshi

転職と働き方を考えるブログ

30代の転職におすすめ!よくわかる転職活動のポイント

30代の転職におすすめ!

「求人の探し方やオススメの職業、オススメの業界を誰か教えて!」

そう思っていませんか?

30代はキャリアを固め、スキルや経験を積み上げていく時期。
それだけに転職で失敗すると、今までのキャリアを失うだけではなく、収入や待遇も大幅に悪化してしまうことがあります。

30代の転職を成功させるには、ポイントを抑え効率よく活動することが大切。

この記事では自らの経験を踏まえて、30代の転職でオススメしたい転職活動の方法を紹介しています。

30代の転職こそ転職エージェントを利用する

先に結論を言います。

30代の転職で「キャリアアップしたい」「給与を増やしたい」「未経験の職種に転職したい」と思ったら、迷わず転職エージェントを利用してください。

なぜなら転職エージェントには、転職活動で大切なことをサポートしてくれる、転職のプロがいるからです。

なぜ転職エージェントを利用するのか

なぜ30代の転職に転職エージェントがオススメなのか。

理由は次の5つです。

  • スキル・経験を元に求人を紹介してくれる
  • 希望に沿った求人を紹介してくれる
  • 履歴書・職務経歴書の添削を行ってくれる
  • 面接対策を行ってくれる
  • 求人企業の情報を教えてくれる
  • 面接後の後押しをしてくれる

つまり転職活動の「面倒くさい部分」を、転職エージェントがサポートしてくれるのです。
しかも!
とても転職がムリだと判断されれば「登録を断ってくる」ので、わかりやすいのもいいですよね。

スキル・経験・希望を加味してくれるから30代以上にオススメ

転職エージェントを利用すると、スキル・経験・希望を加味して求人を紹介してくれます。

ご存知の通り30代の転職では「即戦力」が求められます。
「即戦力」とは「スキルと経験が生かせる」という意味です。

つまり「スキルと経験が生かせる仕事」を探すことが、転職で希望を叶えるための「最重要ポイント」だと言っても過言ではありません。
たとえ未経験だとしても「スキルと経験が生かせる仕事」であれば、十分採用される可能性はあります。

ですが求人票を見てもスキルと経験が生かせるかどうか、判断がつきませんよね。

たとえば求人票に「経理経験3年」と書かれていれば、経験3年未満の方は申し込みにくいずです。
でも実際には経験が足りなくても採用されることがあります。
逆に「5年の経理経験」で申し込んでも、書類選考で落とされることもあるのです。

つまり求人票に書かれている「経験」は、申し込む人を絞りこむ意味合いが強いということ。
だから求人票を見てもスキルと経験が生かせるかどうか、判断がつきにくくなります。

転職エージェントでは求人企業から求める人材像を聞いていますので、あやふやな「経験」で絞り込むことはしません。
なぜなら企業が求める人材と一致しない求職者を紹介すれば、企業から信頼されなくなるからです。
つまり「経験やスキルが生かせるだろう」と、判断した求人だけを紹介してくれます。

何度も言いますが30代は「即戦力」が求められます。
だからこそ「経験やスキルが生かせる」求人を紹介してくれる、転職エージェントを利用するべきなのです。

30代の転職で成功している人は「プロ」のアドバイスをもらっている

ネット上の転職体験談では、「未経験でも転職できた」「年収が増えた」という方ほどプロから次のアドバイスをもらっています。

  • 履歴書の書き方
  • 職務経歴書の書き方
  • 面接対策

なぜプロからのアドバイスが効果的なのでしょうか。

はっきり言って履歴書や職務経歴書は、転職でもしないと書くことがありません。
面接となればもっと経験する回数が少なくなります。

だからプロのアドバイスが役に立つのです。

転職のプロは求職者と求人企業を結び付けることを仕事にしています。
つまり毎日と言っていいほど、履歴書や職務経歴書、面接に関わっているのです。

転職エージェントを利用すれば、無料でプロの知識と経験を分けてもらうことができます。

民間の職業紹介機関に求人を出す企業が増えている

最近は転職サイトや転職エージェントと言った、民間の職業紹介機関に求人を出す企業が増えています。

これは厚生労働省の調査結果でも明らかになっていることです。

企業規模別転職者の募集方法

ハローワークと民間の職業紹介機関で、約40%の求人情報を得ることができます。

つまり転職サイトや転職エージェントといった、民間の職業紹介機関を利用しないと、得られる情報が少なくなる、ということです。
求人情報を効率よく集める意味でも、転職エージェントには利用する価値があります。

まとめ「30代の転職では転職エージェントを利用する」

まとめるとこうなります。

30代の転職で「キャリアアップしたい」「給与を増やしたい」「未経験の職種に転職したい」と思ったら、迷わず転職エージェントを利用してください。

オススメの転職エージェント

◆リクルートエージェント
国内最大手の総合転職エージェントです。
担当者によって差があると言われますが、利用者からの評価はとても高く、幅広い多くのユーザーから支持されています。
業界や役職に関係なく、転職活動では必ず利用するべきエージェントです。
登録はこちら⇒リクルートエージェント

◆DODA
国内規模No.2の転職エージェントです。
案件数・決定数共に業界最大手の『リクルートエージェント』に匹敵する優良エージェントです。
面接対策や職務経歴書などの転職対策で、圧倒的に高い評価を得ています。
公式サイトはこちら⇒DODA

◆マイナビエージェント
20代からの評判が高い転職エージェントです。
2017年に体制強化を行い、評判が一気に高くなっています。
30代の転職にも力を入れているので、20代でなくとも相談する価値はあります。
公式サイトはこちら⇒マイナビエージェント

 


ここから先は求人の探し方や経験の積み方などを紹介しています。
項目ごとに完結していますので、もし興味があれば、読み進めていただけると嬉しいです。 

30代の転職で大切なこと

ライバルより早く求人を見る

30代の転職で大切なことは次の3つ。

  • キャリアの棚卸を行う
  • 転職で譲れること、譲れないことを決めておく
  • 足りない資格や経験を補う

ひとつずつ説明していきます。

キャリアの棚卸を行う

キャリアの棚卸は転職活動を行う前に必ず行ってください。
理由は次の3つです。

  • 自分の強みを理解していないことがある
  • 弱みだと思っていたことが、強みになることがある
  • まとめることで、理解しやすくなる

「自己評価」と「他己評価」が違うことはよく知られていることです。
キャリアも同様で、自分でみたキャリアと他人から見たキャリアでは、強みや弱みが異なることがあります。

また一度キャリアの棚卸を行っておけば、職務経歴書を書くときにも役立ちます。

大変かもしれませんが、キャリアの棚卸は必ず行うべきです。

キャリアの棚卸のやり方

キャリアの棚卸は、次の項目を時系列で書き出していきます。

  • 経験してきた業務やプロジェクト
  • 問題解決や完全、打ち上げなどの成果
  • 成果を出すまでの過程
  • 過程の中で学んだスキルと経験や失敗
  • マネジメント関連

イメージとしては次の図のようになります。

キャリアの棚卸

転職で譲れること、譲れないことを決めておく

転職で譲れること、譲れないことを決めておくことも大切です。
なぜなら希望を全て満たせる求人はそうそうありませんし、内定後に選択を迫られることもあるからです。

  • 勤務地(自宅から_分、または_㎞)
  • 給与(最低_万円、できれば_万円)
  • 勤務時間(始業_時、終業_時)
  • 休暇・休日(完全週休二日、年間120日、100日でも可)
  • 仕事内容
  • 役割・ポジション(できれば課長、係長でも可)
  • 職場環境や社風
  • 人事評価
  • 福利厚生

上記内容を決めておくことで、求人も探しやすくなります。

足りない資格や経験を補う

希望する仕事や職種に転職するために、経験が不足する、あるいは資格が必要な場合は、在職中に補うようにします。

そのための方法として次の4つが考えられます。

  • プロジェクトに立候補する
  • スクールやセミナーに通う
  • 資格の勉強、取得をする
  • 異動願をだす

大切なのは将来のキャリアを描いてから行動することです。

退職後に資格と経験を身につけるには職業訓練校に通う

ぼくは営業から経理に転職したとき、経験と資格(簿記)を身につけるために、職業訓練校に通いました。

退職後の転職活動で困るのは、収入がゼロになることです。
転職するには資格が必要だとわかっても、次の仕事が見つからないと焦ってしまい、勉強どころではありません。
でも職業訓練校に通っている間は雇用保険から手当がもらえ、資格試験を受けることもできます。
さらに数カ月間、希望した職種の会社で実務経験を積むこともできるのです。

だからこそ、退職後に資格の勉強をしたい方には、ピッタリの制度だといえます。

ちなみにぼくは、職業訓練校を卒業後、資格と経験を身につけたことで営業から経理への転職を、未経験で達成しています。
未経験職種を目指している、職業経験を積みたいという方にとっては素晴らしい制度ですよ。

興味のある方はお近くのハローワークで相談してみてください。

自分で求人を探すときのポイント

ハローワークや転職サイトを利用し、自分で求人を探すときに大切なポイントが1つだけあります。

それは「新着求人を誰よりも早く見る」ということ。

求人には「早い者勝ち」の側面があります。
もちろん書類や面接で採用する人を決めますが、応募者に加わるには応募期間内に申し込まないといけませんよね。
またいち早く応募すれば応募期間内でも採用が決まることもあります。

逆に言えば、応募が遅いと応募期間内でも締め切られることがあるのです。

新着求人を誰よりも早く見ることは、十分すぎるほど価値があるといえるでしょう。

ライバルより早く求人を見るには

転職で成功するには、新着求人の情報を他人より早く手に入れることが大切です。
たとえ掲載期間が1カ月あったとしても、採用枠が埋まれば面接すらしてもらえませんよね。

それに人より早く情報を手に入れられれば、人よりも早く行動に移すことができます。

では実際にはどうやって、求人情報を手に入れればいいのでしょうか?
それはハローワークや転職サイトの更新日を狙って求人を見に行けばいいのです。

ハローワークの求人更新日

まずハローワークで求人が更新されるタイミングを知りましょう。

◆◆ハローワークのパソコン◆◆

午前中受付分はその日の午後2時以降に更新
午後2時以降の受付分は翌営業日までに更新

◆◆インターネットサービス◆◆

PM9時30分までの受付分を翌日午前6時ごろに更新

つまり直接ハローワークに行った方が、早く情報を見ることができます。

※地域により差がある場合があります。

転職サイト

転職サイトの更新日はそれぞれ違っています。

リクナビNEXT 水・金更新
マイナビ転職 火・金更新
エン転職 月・木更新
MIIDAS(ミーダス) 随時
転職サイト@type 火・金更新
ピタジョブ 随時

いくつか登録しておき、狙って見に行くのがいいですね。

先に見るだけじゃダメ。行動するから価値がある

更新日を把握して誰よりも先に見に行くことで、ライバルに差をつけることができます。

でも求人を他人より先に見るだけでは何の価値もありません。
応募するからこそ、人より先に見る価値があるのです。

興味のある求人を見つけたら迷わず行動するようにしましょう。

会いたいと思わせる職務経歴書を作る

履歴書と一緒に提出する職務経歴書。
職務経歴書は次のポイントに気を付けながら、採用担当者が「会いたい」と思う書き方をすることが大切です。

  • 時系列でだらだら書かない
  • A4用紙2枚以内に収める
  • 経歴が多ければ「逆年代順式」で書く
  • 複数分野の経験があれば「キャリア式」で書く
  • 工夫したこと、身につけたことも書く
  • 専門用語はつかわない
  • 成果は「数値」「客観的事実」を書く 
  • 「読みやすさ」を考えて書く
  • 企業が求める人材を考慮して、アピールする内容を変える

「逆年代式」とは、直近の経験を最初に書き、進むにしたがって年代をさかのぼっていく書き方。
経歴が多く過去から現在に進む書き方では、長くなってしまう方にオススメです。

「キャリア式」とは、経験してきたことを「職務分野」ごとにまとめて書く方法。
複数分野(営業・総務・店員・本部など)の経験がある方に、オススメの書き方です。

面接は第一印象を重視する

面接のポイントは「第一印象」です。
質問の回答や自己アピールの内容などの事前準備を行ったら、あとは「第一印象」をよくすることに全力を注いでください。

人の印象は初めて出会った瞬間の10秒ほどで決まる、そう言われています。
また一度悪い印象を持たれると、印象を変えるのに数年かかるという研究結果もあるほどです。

つまり面接では、第一印象を悪くするとほぼ採用されないと考えて構いません。
逆言えば第一印象が良ければ、その後若干失敗しても採用される可能性があります。

面接は第一印象重視!

極論かもしれませんが、第一印象とはそれほど大切なことです。

余談:未経験で事務職を目指す方法

30代未経験で事務職を目指すのは、正直難しい面があります。
なぜなら事務職は、圧倒的に人気の高い職種だからです。

とは言え絶対にムリというわけではありません。
本気で目指すのであれば、まずは今の会社で事務職(経理や総務)への異動を希望してください。

異動を実現させるためには、求められる資格を調べて勉強することも大切。
すくなくとも未経験で転職するより、社内で異動する方が可能性は高いはずです。

未経験で事務職に転職するには

もし社内での異動が難しいのなら、その時は転職で目指してください。

未経験で事務職を目指すときに大切なことは、今の仕事を絶対に辞めないこと。
辞めてしまうと焦りが生まれてしまい、興味のない仕事に転職することになりかねません。

未経験で事務所に転職するには、まず必要とされる資格を学びます。
そして利用できる求人媒体は全て利用し、事務職の求人に片っ端から申し込みます。

とにかく数を申し込むことで、問われる経験やスキル、面接で聞かれる質問の傾向がわかってくるはずです。
それらをひとつずつ対策していき、採用されることを目指してください。

何度も言いますが事務職はとにかく人気の高い職業です。
つねに経験者がライバルとなりますから、諦めずに粘り強く取り組むことが大切です。

関連記事「一般事務への転職は本当に難しいのか?」 

最後に

転職のコツは「相手が求める人材であること」。
そのためには「実績・スキル・専門性」や「マネジメント力」がとても大切です。

なんて言われても、正直よくわかりませんよね。

実際に自分では「大した経験じゃない」と思っても、相手からすれば「喉から手が出るほど欲しい」こともあるのです。
なので転職では「実績・スキル・専門性」や「マネジメント力」を、客観的に見てもらうことが大切になってきます。

そのためにも、30代の転職では転職エージェントの利用をオススメします。


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi