bunoshi

転職と働き方を考えるブログ

30代が初めて転職するときに気を付けること

30代が初めて転職するときに気を付けること

30代で初めて転職を考えたとき、気になるのは「30代の転職ってどうなの?」ということでしょうか。

一般的に30代の転職は、キャリアアップを目指して行う場合は適齢期だといわれています。
未経験の仕事を目指すとすれば、厳しいと考えるべきでしょう。

ですが最近は、少子高齢化による若年層の不足から、30代でもかなり転職しやすくなっています。
それどころか40代、50代の転職者も増えているようです。

とはいえ何も考えずに転職をすれば、何も考えなかったなりの、どうしようもない結果にしかなりません。

そこでこの記事では、30代が初めて転職するときに気を付けたいことを、紹介しています。
30代で初めて転職を考えている方の、参考になれば幸いです。

30代は「経験」と「スキル」が求められる

30代は社会人経験も10年近くあるため、年齢相応の経験やスキルなどが求められ、即戦力を期待されることがほとんどです。
「年相応」と言う表現自体が抽象的なので分かりにくいですよね。

たとえば「ビジネスマナー」は身についていて当たり前のことです。
職種に対する専門的な知識やスキルも、身についていて当たり前でしょう。
そしてその知識やスキルを使って、教育がなくても一定レベルの貢献ができることも大切な要素になります。
入社後にそのまま活用できる人脈や販売網を持っていると、転職市場での評価はかなり高くなります。

できれば部下や後輩をまとめるリーダーシップや、プロジェクトを成功させた経験などがあるといいですね。
他にも人の意見を聞き入れる素直さや柔軟性、変化に対応する能力もあるとより転職しやすくなるはずです。

30代で言われる年相応とは、企業に貢献できるだけの経験やスキルを身につけているかどうかが大切です。

転職しても通用するのか

大手企業に勤めている方ほど陥りやすい罠があります。
それは「企業の看板」を「自分の力」だと勘違いしてしまうことです。

とくに人脈や販売網で勘違いしがちなので、転職する前に「企業の看板」が無くなっても使えるものかどうかをよく考えてください。

また経験や実績についても、自分の力なのか、上司や先輩の協力があったからなのか、などをはっきりさせることが大切です。

自分の力を勘違いして転職すると、恥をかくどころか「使えない奴」だと思われてしまうこともあります。
経験やスキル、人脈や販売網は転職しても使えるものなのか、よく考えることが大切です。

今の仕事が「嫌」でもすぐには辞めない

転職する理由は人それぞれです。
ネガティブな理由は成功しないといわれますが、転職の理由と結果に関係はありません。

大切なことは、次の仕事が見つかるまで仕事を辞めないこと。
たとえ今の仕事が「嫌だ」と思っても、すぐに退職しないようにしてください。

転職で失敗する理由は、仕事を辞めてから転職活動をすることです。

仕事を辞めると収入がゼロになりますよね。
そしてなかなか次の仕事が見つからないと、生活費の不安が増してきて、妥協して転職してしまうのです。
だから転職に失敗します。

今の仕事が嫌だと思ってもすぐには辞めず、在職中に転職活動を行うことが大切です。

どんな求人があるのかを調べる

転職したいと思ったら、適当でも良いので求人を調べてみましょう。

たとえば今と同じ仕事でどんな待遇の求人があるのか。
求められる資格や経験にはどんなものがあるのか。

違う業界の同じ職種を調べてもいいですよね。
興味のある職種があるのなら、ついでに調べてみましょう。

その結果、経験や資格を満たしている求人が多く、今より待遇が良くなるのなら、成功しやすいと考えることができます。
でも今よりも待遇が悪い、あるいは経験や資格を満たしていないのなら、今は転職するべきではありません。

求人を調べることで、転職市場でのニーズを知ることができます。
ニーズがわかれば将来に向けて準備もできますし、一番良い条件の時に転職することができるはずです。

転職する「目的」を考える

「目的」のない転職は、間違いなく失敗します。
「目的」がないということは、「なんとなく転職する」と言うことです。
つまり今の仕事を辞められればそれでよくて、次の職場がどんなところでも関係ない、ということになります。

これでは転職する意味がありません。

転職は良くも悪くも生活を別のものに変える力があります。

職場も一緒に働く仲間も、仕事内容も机も、通勤時間も会社の場所も全て変わります。
給与や福利厚生、人事評価や社風も全く別のものになることでしょう。

それだけ大きなことを「なんとなく」で決めるのは危険です。

何のために転職するのか。
転職して何を叶えたいのか。

転職する間に「目的」をしっかりと考えてください。


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi