bunoshi

転職、働き方を考えるブログ

転職で後悔しないために大切な3つのこと

転職で後悔しないために大切な3つのこと

有効求人倍率が過去最高を更新し、雇用状態も改善してきたためか、会社都合での離職者が8万人減少。逆に自己都合での退職者が3万人増加しているようです。

総務省では、雇用情勢の改善を背景に、より良い条件を求める転職などが増えたと考えているようです。

色々と厳しい時代ですし、雇用情勢が改善されればより良い待遇を求めて転職する人が増えるのは当然の流れとも言えますが、転職は必ずしも良い事ばかりではありません。転職した人の3分の1が後悔し、前の会社に戻りたいと考えているとも言われています。

将来のことを考えて転職したのになぜ後悔してしまうのか。その理由多くは事前の準備不足にあります。

この記事では転職で後悔しないために大切なことを紹介します。

 

みんなの転職理由

最初にみんなの転職理由を見てください。次の順位はDODAが発表している「転職理由ランキング」です。

1位:ほかにやりたい仕事がある

2位:会社の将来性が不安

3位:給与に不満がある

4位:残業が多い/休日が少ない

5位:専門知識・技術を習得したい

6位:U・Iターンしたい

7位:幅広い経験・知識を積みたい

8位:雇用形態を変えたい

9位:市場価値を上げたい

10位:土日祝日に休みたい

転職する理由から考えると「やりたい仕事に就く」「将来性のある会社に転職する」「給与UP」が達成できれば転職して後悔することはないはずです。

1位の「やりたい仕事に就く」のは正直難しい面があるのでこれだけを求めて転職すると後悔する可能性が高くなります。

ただ、「会社の将来性」や「給与の不満」はきちんと調査すれば転職で後悔することは少ないはず、なのになぜ3人に1人が後悔しているのでしょうか。

次に、転職で後悔する理由を見てみます。

 

転職で後悔する理由

次の順位もDODAの調査結果です。

1位:給与が希望と異なる

2位:経営者や社員と合わない

3位:社風が合わない

4位:経営状態や将来性が不安

5位:残業が多い

6位:仕事内容が希望と異なる

7位:組織や環境が整っていない

8位:休日が少ない

9位:正当に評価してもらえない

10位:キャリアアップ出来ない

「給与に不満」や「会社の将来性」がどちらの調査でも上位にランクイン、さらに「残業・休日」「仕事内容」に不満を覚える人は転職しても意外と大勢いるのです。

せっかく転職したのになぜ、転職理由と同じような内容で後悔してしまうのか、これは最初に書いたように事前の準備不足が原因です。

 

転職で重視することを明確にする

まず大切なのは転職で叶えたいことを明確にすることです。

転職で重視される項目は概ね次の9つになります。

  1. 勤務地
  2. 給与
  3. 勤務時間
  4. 休日
  5. 仕事内容
  6. 役割、ポジション
  7. 職場環境
  8. 評価、人事制度
  9. 福利厚生

この中で、「絶対に転職で叶えたいこと」と「譲っても良いこと」をきちんと分けてください。

注意点としては、生活に必要な費用を見積もっておくことです。この中には、今の会社で支払っていない費用も含まれます。例えば「制服」「事務用品」などが支給されていたのに、転職先では支給されないならそれは必要な費用にプラスされます。

費用の計算を間違えると、最悪「給与は増えたけど足りない」ことにもなりかねませんので、注意が必要です。

 

事前調査や確認をきちんと行う

転職で後悔しないために事前調査もきちんと行ってください。

求人票を見れば「給与」や「待遇」、就業条件などを知ることが出来ます。ホームページを見ることで業務内容や部署ごとの仕事内容もある程度把握できるはずです。

将来性があるかどうかも調べればわかりますよね。お店やショールーム、イベントなどに足を運んでどんな会社なのか確認することも大切です。

長時間労働が怖いのなら、深夜に電話をかけてみたり会社を見に行ったりしても良いですよね。

また、面接に行く際は自分が評価されるだけだとは考えず、相手の会社を評価しましょう。

受付の応対はどうか、事務所に活気があるか、従業員の顔色は…など、見るところは沢山あります。

面接では、自分が担当する業務を確認することも大切。出来れば将来についても話をしておきたいところです。

 

転職エージェントに相談する

自分一人ですべてを調べるのには限界があります。特に、会社の内情や雰囲気などは入社しないと分かりにくいものです。

そこでお勧めしたいのが、転職エージェントです。

転職エージェントは、求人企業に直接出入りしていますから内情についての情報を持っています。また、求人紹介や面接のスケジュール管理、履歴書の添削や面接対策と言った転職に関わるほぼすべてのことをサポートしてくれます。

転職エージェント最大手のリクルートエージェントは、大企業の関連会社など業績が安定していて待遇の良い求人も多く、質も高いことで評判です。

担当になるキャリアコンサルタントにより対応に差が出てしまうのが玉に瑕ですが、大手ならではの経験と実績からくるアドバイスはすごく参考になるので、利用者の多くが「満足した」と感じているようです。

非公開求人の取扱数も「業界最大」と言えるほど豊富で、リクルートエージェントを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

求人の質だけを考えても登録する価値がある転職エージェントです。

登録はこちら⇒リクルートエージェント

転職エージェントを利用することで、有利に進めることが出来るのです。

 

最後に

転職で後悔する人は事前の準備が不足しています。

転職で叶えたいことに優先順位をつけるのはもちろん、求人企業の内情や仕事内容もきちんと確認することが大切。

そして、採用が確定する前に労働条件を書面でもらうことも、とても大切なことです。

ただ、一人で転職活動をしていると労働条件を書面でくださいとは言い出しにくいもの。そんな時も転職エージェントを利用していれば相談することが出来ます。

転職で後悔しないためには

  1. 転職で叶えたいことに優先順位をつける
  2. 事前調査と確認をきちんと行う
  3. 転職エージェントに相談する

この3つが大切です。


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi