読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

転職、働き方を考えるブログ

契約期間内だけど派遣の仕事が難しいから辞めたい!退職理由は?

派遣から正社員

派遣の仕事が難しいから辞めたい

派遣社員は正社員と違い「期間の定めがある」雇用契約になっています。

そのため「契約期間が満了するまで」仕事を続けるのがルールです。

でも中には、最初に聞いていた仕事と違ったり、想像していたよりも仕事が難しかったり、職場に馴染めなかったり、と言った理由で辞めたいと思うこともありますよね。

結論から言えば、契約期間内でも退職することは出来ます。

この記事では、契約期間内に退職するにはどうすればいいのかを説明します。

 

 

契約内容をチェックする

派遣期間は契約で決められていますから、まずは契約内容を確認し契約更新がいつなのかをチェックします。

もし契約更新日が近いようなら、「更新しない」ことを伝えればそれで辞められます。

ただし、3月30日が契約更新日なのに、3月29日に「更新しない」ことを伝えるとトラブルになります。

遅くても更新日の2週間前、出来れば1ヶ月前には伝えたいところです。

 

また、派遣会社の就業規定に、派遣社員からの退職規定がないかも確認する必要があります。

派遣社員就業規則、と言う名前が多いようです。

もし退職規定の中に「退職の申し出が承認されたとき」と記載があれば、退職を申し出て認められることで契約期間内でも辞めることが出来ます。

認められるまでが大変かもしれませんが、粘り強く交渉するしかありません。

 

退職の意思を伝えるのは派遣元

退職の意思を伝えるのは、当たり前ですが派遣元の社員です。

雇用契約は派遣会社と派遣社員が結んでいるもので、派遣先の会社と派遣社員が契約を結ぶことはありません。

間違えることはないと思いますが、念のため。

 

やむを得ない事情があれば退職はできる

さて、本題の契約期間内に辞められるかと言うことですが、これはやむを得ない事情があれば問題なく辞められます。

やむを得ない事情とは、健康上の理由(例:就職後になって手術が必要な病気になった)や家族の事情(例:家族の病気や要介護状態、夫の転勤など)、あるいは契約に相違があった場合です。

連絡だけで済むことがほとんどですが、場合により証明できる物が必要になることもあります。

派遣会社としても、契約途中で派遣社員に辞められると変わりの人を手配しないといけませんから、確認しておきたいのでしょう。

 

最悪仕事に行かないという方法もあるが…。

どうしても辞めたい場合の最後の手段は、お勧めはしませんが、仕事に行かなければ2週間で退職扱いにはなります。

ただし、最初に書いたように派遣社員は期間の定めがある雇用契約を派遣会社と結んでいます。

もし仕事をすっぽかし、そのまま行かなくなれば2度と仕事を紹介してもらえないでしょう。

 

また、突然仕事を辞めて行かなくなるなど、一方的な契約破棄を行うと、損害賠償を請求される可能性があります。

そんなことはないと思っている人も多いようですが、実際に労働者が一方的に契約を解除して、損害賠償を請求されたケースは存在します。

(ケイズインターナショナル事件:興味のある方は調べてみてください)

と言ってもかなり稀なケースですけどね。

 

最後に

仕事が難しく覚えられなくて辞めたい、人間関係に馴染めないと思っても、契約期間が満了するまでは働きましょう。

もし、契約期間が長くどうしても耐えられない場合は、派遣元のスタッフに相談してください。

基本は契約期間が切れるまで仕事をして、契約更新をせずに辞めるものです。

難しいかもしれませんが、もし長期勤める自信がないのであれば、最初はなるべく短い期間で契約し、更新していくことも考えてください。

最初の更新で派遣先から契約を解除される可能性もありますが…。期間の定めがある契約は難しいですね。

 


転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi