bunoshi

転職と働き方を考えるブログ

リクルートエージェントの評判って実際どうなの?

リクルートエージェントの評判

リクルートエージェントは本当に利用するべきなのか、「口コミ」や「評判」をチェックしてから決めたいですよね。

でもネット上にある情報はサイトも口コミも量が多く、結局調べても良いのか悪いのか判断しにくいものです。

そこでこの記事ではネット上にあふれている、リクルートエージェントの「口コミ」や「評判」を調べた上で集計し、その結果を隠すことなく書いていきます。

一つ一つ自分で口コミを調べるよりは時間の短縮になりますから、ザーッとでも良いので目を通してみてくださいね。

リクルートエージェントとは

リクルートエージェントとは、専任のキャリアアドバイザーが求職のサポートを行ってくれる転職支援サービスのことです。

転職エージェントと呼んだ方が一般的かもしれません。

サイト運営会社は「株式会社リクルートキャリア」で、株式会社リクルートホールディングスのグループ会社です。

リクルートエージェントが行っている転職支援サービスは

  • 経験や希望に合わせた求人の紹介
  • 提出書類の添削&アドバイス
  • 面接対策

など、求人探しから採用までのサポートです。

特徴は取扱求人数が業界最多(2017年9月13日時点での公開求人数32,049件 、非公開求人 158,855件)、転職成功実績がNO1(2012年株式会社インテージ調べ)であること。

とくに取扱求人に関しては、DODA(公開求人数39,572件、 非公開求人 130,147件)と比べても2万件も多いので、求人数だけ考えても登録するべきだと言われています。

転職エージェントについて

リクルートエージェントのような転職エージェントは、基本無料でサービスを受けることが出来ます。

なぜ無料なのかというと、求職者を求人企業に就職させることで、報酬を得ているからです。

転職エージェントについて

ちょっと見にくいかもしれませんが、簡単に図にすると上のようなイメージです。

ここで大切なのは求職者が就職しないと報酬が出ないということ。

そのためやる気がないと転職支援が受けられなかったり、対応を後回しにされたりすることもあります。

これはリクルートエージェントだけではなく、転職エージェント全般にそういう傾向があると言えるでしょう。

ブラック企業の求人が紛れている

これは転職エージェント最大手ならではの悩みだと言えます。

リクルートエージェントの利用者数は34万人、そして日本の年間転職者数は74万人(2014年)です。

つまり転職者半分がリクルートエージェントを利用していることになります。

当然企業からすれば、リクルートエージェントに求人を出すことで、必要とされる人材を確保できる可能性が高くなりますよね。

それはブラック企業としても同じなので、何とかしてリクルートエージェントに求人を出そうとします。

恐らく付き合いもあると思いますが、残念ながら一部のブラックと呼ばれる企業の求人が、リクルートエージェントに紛れ込んでいます。

ただしかなり規模の大きい有名企業がほとんどなので、見分けることは簡単なようです。

 

良い評判と口コミ

ネット上でみられる口コミをまとめると、次の3つを良い点として上げることが出来ます。

  • 求人の量が圧倒的に多いのが魅力
  • 面接対策が適切
  • コンサルタントの対応が丁寧

求人の量が圧倒的に多い

求人の量や質は他の転職エージェントと比べて評価している方が多く、そのどれもが高評価でした。

全文を引用すると長いため、概要だけまとめて口コミを紹介します。

  • 求人の量が圧倒的に多く、他の転職エージェントでは3、4件の紹介だったのがリクルートエージェントでは7倍近く紹介してもらえた
  • ニッチな業界・業種を網羅していて、経験のない異業種の求人も紹介してもらうことが出来た
  • リクルートエージェント独占求人も多く、今まで出会えなかった求人を紹介してもらえた
  • 3ヶ月で300件以上の求人を紹介してもらえた

面接対策が適切

転職支援の経験も豊富なため、面接対策が適切だったという評価もみられました。

  • 面接質問例を送ってくれたり、電話で面接の練習に付き合ってもらえた
  • その都度面接の傾向や質問のクセを教えてくれ、対応方法をアドバイスしてもらえた
  • 面接が終わった後に感想を伝えたら、企業側の反応や感触を教えてもらえた

コンサルタントの対応が丁寧

担当になるコンサルタントにより対応に差があると言われがちなリクルートエージェントですが、対応が丁寧だという口コミも多いようです。

  • 担当がとても親身で、今やるべきことを1から説明してくれて、転職活動をスムーズに進める事がでた
  • 「可能性がある限り経歴と照らし合わせて求人を探します」の言葉通り、未経験でも希望した職種の求人を紹介してもらえた
  • 優しいことだけではなく、厳しい事もきちんと言ってくれるから信用できました
  • 前職の経歴は批判せず、あくまで転職者側に寄り添って味方になってくれた

良い口コミまとめ

リクルートエージェントは担当者に差があると言われますが、口コミや評判は高く、幅広いユーザーからの指示を集めています。 

 

悪い評判と口コミ

悪い口コミは、大手企業ならではともいえる内容が多いようです。

  • アンマッチな求人を紹介してくる
  • コンサルタントの対応が適当

アンマッチな求人を紹介してくる

取扱求人数が多く、紹介される求人も多いことで評判ですが、必ずしも要望に合っているとは限らないようですね。

  • 希望しない求人も結構沢山送られてきます。量は多いですが質は最悪です。
  • あまりに志望とかけ離れた求人が送られてくるため、「なぜ送ってくるのか」と聞いたところ「転職とはこういうもの」と言われた
  • 希望の職種・業界・待遇を理解していない、的はずれの求人が多い

コンサルタントの対応が適当

担当により対応に差があるという話はよく聞きますが、はずれに当たるとひどい目に合うようですね。

  • 対応は機械的でマニュアル通りといった感じでした
  • コンサルタント対応が適当で、転職を成功させようという思いが感じられず、求人の数に甘えているように感じました
  • 最終面接となると態度が変わり、面接の受け答えについて事細かに指示されました

悪い口コミまとめ

担当により差があると言われる通り、コンサルタントの対応を指摘する口コミがあります。

なのでもし合わない担当にあたった場合は、変えてもらうことも検討するべきかもしれません。 

 

「担当者次第」で評価が変わる

口コミの内容をまとめると、良い口コミでは。

  • 求人の量が圧倒的に多いのが魅力
  • 面接対策が適切
  • コンサルタントの対応が丁寧

と言われ、悪い口コミでは、

  • アンマッチな求人を紹介してくる
  • コンサルタントの対応が適当

だと言われています。これ、よく見るとコンサルトによって変わる内容だと言えますよね。

つまり一言で言えば、担当になるコンサルタント次第で良くも悪くもなるということですね。

担当を変えることも出来る

リクルートエージェントを効果的に利用するには、相性が悪い、もしくは適当な対応をする担当者に代わってもらうことが重要なようです。

そこで、リクルートエージェントで担当になるコンサルタントを変えることが出来るかどうかですが、これは出来ます。

ただし、変更をお願いするときには次のことに注意する必要があります。

  • 本人に直接言わない
  • 担当を変えてもらいたい理由を丁寧に説明する
  • 次の担当者に求めることを伝える

本人に直接言うのはかなり勇気が必要になりますから、別の方に伝えるようにしましょう。例えば、電話を掛けたときに応答してくれる方、とかですね。

転職支援サービスの問い合わせフォームからメールを送っても良いかもしれません。

もしとんでもない担当者にあたってしまい、変更を申し入れるのも難しいのであれば、別の転職エージェントを利用するのも一つの手です。

 

別のエージェントとしては、同じ総合型転職エージェントで評判の良いマイナビエージェント がオススメです。

 

まとめ

リクルートエージェントの評判と口コミを見てきました。

まとめると、担当者によって対応に大きな差があるようですが、取扱求人数が多く、紹介される求人も多いため利用する価値のあるエージェントだと言えます。

サービスは無料で受けることが出来ますから、まずは登録して気軽に相談することをお勧めします。

登録はこちら⇒リクルートエージェント


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi