bunoshi

転職と働き方を考えるブログ

精神保健福祉士の仕事とは。高卒でも資格を取得できるのか

精神保健福祉士の仕事とは

ストレスの多い社会で生活することで心を病んでしまう方が増え、精神保健福祉士の需要が増えています。

さらに将来的に精神保健福祉士の活躍する職場は増えると考えられていて、今後も需要がますます大きくなっていくと考えられています。

さて、精神保健福祉士とはどういった仕事なのでしょうか。この記事では国家資格である精神保健福祉士の仕事や給与について書いています。

 

精神保健福祉士の仕事

精神保健福祉士は、不登校や摂食障害、DV・依存症・認知症など、心に問題を抱え生きていくことを辛いと感じている方々の支援者として関わっていくことが主な仕事になります。

ときには、精神上の障害がある方やその家族から相談を受け、日常生活訓練が行える施設を紹介したり、就職に対するアドバイスを行ったりして、よりよい生活ができるように援助することもあるでしょう。

また、入院・外来患者様の相談業務や、入院患者様の退院支援、家族の方や作業所との連携や調整、行政上の手続きなども行わなければいけません。

相談に来た方がその人らしい生活が出来るように、一緒に考え、一緒に喜び、一緒に悩む。そして相談者が元気に生活できるようにサポートするところに、精神保健福祉士のやりがいがあります。

 

精神保健福祉士の職場

精神保健風刺しの職場としては、精神科の専門病院、総合病院内に開設されている精神科、精神科や心療内科のクリニック、保健所や保健センター、精神保健福祉センター、それ以外では児童保護施設や少年院、また老人保健施設や教育機関があります。

その中でも精神保健福祉士が活躍している場としては、精神科病院や保健所があげられます。

精神科病棟で働く場合は精神科に専任することが多く、患者さんの入院中のケアはもちろんのこと、退院後の社会復帰までトータルでサポートを行います。

保健所では「精神保健福祉相談員」という名称で、保健医療について計画の立案や推進、心の問題に関する市民の理解を深めるための普及啓発活動などを行い、都道府県や市町村単位の精神福祉行政に貢献しています。

 

精神保健福祉士の年収

精神保健福祉士の年収は400万円未満だと言われています。

実際にネット上で求人を検索してみると、時給900円~1000円のパートの求人や、初任給20万円~25万円の正社員の求人が出ています。

数はそれほど多くありませんが、未経験可の求人もあるようですね。

求人を探すのであれば、求人サイトだけではなくハローワークもしっかりと利用したほうが早く見つかりそうです。

 

精神保健福祉士の資格

精神保健福祉士になるには、精神保健福祉士国家試験を受験し合格しなければいけません。

精神保健福祉士国家試験の受験資格は大きく分けて次の4つになります。

  1. 福祉系の4年制大学で所定の課程を修了
  2. 福祉系の短大で所定の課程を修了し、実務を1〜2年経験
  3. 一般の4年制大学を卒業し、一般養成施設に1年以上通学
  4. 一般の短大を卒業し、実務を1〜2年経験し、一般養成施設に1年以上通学

細かく分けると11通りになりますが、詳細はこちら(精神保健福祉士国家試験)を確認してください。

一般的ルートは、高校を卒業したら養成施設へ進学して必要な勉強をすることで、卒業時に受験資格を取得することです。

 

学歴が受験資格を満たせない場合

精神保健福祉士の国家試験を受験するには、福祉系の学校を卒業するか、短大か大学を卒業しないと受験資格を得ることが出来ません。ですが、かなり厳しい道のりですが、高卒で資格を取得することも不可能ではありません。

11通りある受験資格の中には「指定施設で相談援助実務を4年こなした後、一般養成施設等で1年以上学んで受験資格を得る」もあるのです。

ただし、ここで言う「指定施設」とは、厚生労働省令が定める施設(精神科病院や精神科・心療内科のある病院や診療所、保健所、保健センター、精神保健福祉センターなど)を言い、これらの施設において、利用者の相談支援業務(生活相談など)を経験する必要があるということになります。

この場合でも受験資格を得られるまでに最短で5年かかります。

 

精神保健福祉士の辛い面

人の心に寄り添う仕事なので、「これ」という答えが無く、相手によって対応を変えないといけません。また、患者さんが病気だと分かっていても、心無い言葉を浴びせられると落ち込むこともあるようです。

中には患者さんに感情移入しすぎて、逆に精神的に病んでしまう精神福祉士の方もいると聞いたことがあります。

さらに、業務独占資格ではないため待遇の改善が難しく、就職先によって給与や待遇の良し悪しの差が大きいことも辛いところですね。

 

最後に

精神保健福祉士の需要は確かに増えていますが、求人を探すのは今でも少し大変です。

面白いことに、精神保健福祉士の求人は都市部に多く、地方では年替わりに少し出てくる程度なのです。

なので、精神保健福祉士として求人を探す場合は、働く場所にこだわらずに探した方が良い結果が出やすいかもしれません。


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi