bunoshi

転職、働き方を考えるブログ

仕事を辞めたいとき、誰に相談しますか

相談します

仕事を辞めたいと思ったとき、誰に相談しますか?

上司?同僚?それとも家族でしょうか?

 

「仕事を辞めたい」

という相談は、相談する相手を慎重に選ばないと、とんでもない結果を引きおこす原因にもなります。

もし誰に相談するべきか悩んでいるのなら、この記事を参考にしてみてください。

 

上司

直属の上司であれば、部下であるあなたの相談を親身になって聞いてくれるかもしれません。

辞めたい理由によっては、仕事の量や進め方など、具体的な対策をとってくれる可能性があります。

ですが、安易に「仕事を辞めたい」と相談するのはおすすめできません。

「辞めたいほど悩んでいる」と思ってくれる上司なら良いのですが、中には「辞めるなら辞めろ」と、辞めざるを得ない環境に追い込む上司もいるのです。

なので、上司に相談するときは「仕事を辞めたい理由」について相談しましょう。

仕事を辞めたいと思うのには、何かしら理由があるはずです。

その理由について「悩んでいます」と話した方が、上司としても回答しやすいですよね。

直属の上司だからこそ、安易に「辞めたい」と相談しないようにするべきです。

同僚

同じ職場で働く同僚であれば、「職場の仲間」という意識が強く、相談にも親身になってくれるはずです。

居酒屋でお酒を飲みながら話をすれば、気持ちもすっきりするでしょう。

ひょっとしたら、あなたと同じことで悩み、同じように辞めたいと思っているかもしれません。

ですが、同じ職場で働いている以上、「仕事を辞めたい」と話すのは避けるべきです。

同僚に悪気がなくても、ふとしたことから上司の耳に入り、「あいつはいつか辞める気だ」と思われてしまうかもしれないのです。

「仕事を辞めたい」という話は、本人よりも周りの方が敏感に反応します。

同じ職場であれば、「辞めたい」という話は避けるべきです。

親・兄弟

親に相談すれば、豊富な社会人経験から客観的な目線でアドバイスをしてもらえます。

また、違う会社で働いた経験から、他の職種はどうなのかという話を聞くことも出来るでしょう。

ですが、会社の内部事情を知らないため、「分かってほしいのに分かってもらえない」というジレンマが生まれることもあります。

親は子供の幸せを願っていますから、外から見た良い会社で働いていれば「辞めないでほしい」と思うものです。

自分が今勤めている会社は外からどう見えているのか。

そういった、客観的な目線を求める場合には、最適な相談相手と言えます。

妻・夫

一緒に生活している家族に相談する場合は、止められることを前提にしましょう。

とくに、あなたの収入が生活費の大半を占めている場合は、仕事を辞めることで生活が変わってしまいますから、最初は反対されます。

なので、相談するときは「辞めたい」ではなく「悩んでいる」と切り出すべきかもしれません。

何に悩んでいるのかをしっかりと話、その上で「辞めたいとも思っている」と伝えてください。

きっと、親身になって話を聞いてくれるはずです。

子供

親が子供に相談するのは、恥ずかしいと思うかもしれません。

ですが、子供が成人している場合は、思っている以上に的確なアドバイスをしてくれることがあります。

また、辞めたいと思う気持ちを理解してもらえれば、妻や夫を説得する手助けをしてくれるかもしれないのです。

恥ずかしがらずに、話をしてみてはどうでしょうか。

友人

職場と関係のない友人に相談すれば、客観的な視点でアドバイスをもらうことが出来ます。

同じ職場で働く人たちと違い、「仕事を辞めたい」とストレートに伝えることが出来るので、相談もしやすいでしょう。

気持ちも伝わりやすく、相談することで気持ちもすっきりするはずです。

たまった不満を吐き出すことで、辞めたいという気持ちが薄れることもありますので、相談相手としては良いですよね。

社内の人に「辞めたい」と相談するのはNG

社内の人に相談する場合は、「仕事を辞めたい」と言ってはいけません。

どんなに信頼できる相手でも、他の人に話が伝わらない可能性はゼロではないのです。

ふとしたことで、上司の耳に入ったり、職場に広まってしまったりします。

それに、他人の退職話は尾ひれがついてしまい、結構大げさに伝わるものです。

最悪の場合、職場に居られなくなることもありますから「仕事を辞めたい」と相談するのは避けるべきです。

相談するのなら、辞めたいと思っている理由だけを話すようにしましょう。

社外の人は良い相談相手

社外の人であれば、気を使うことなく「仕事を辞めたいと思っている」と相談することが出来ます。

そのときは、外から会社を見た印象から、客観的なアドバイスを聞くことが出来るでしょう。

ですが、会社の内情を知らないので、「自分の気持ちを分かってくれない」と感じてしまうこともあります。

仕事の悩みは同じ仕事をしている人の方が伝わるもの。

社外の人は、親身になってくれますが、客観的なアドバイスが多くなります。

プロに相談するのもあり

辞めるべきかどうか悩んでいるのなら、キャリアコンサルタントなどのプロに相談する方法があります。

転職エージェントに相談しても良いのですが、転職する気がないと判断されると相談に乗ってもらえないこともあります。

なので、在職中の相談であれば有料のキャリアコンサルタントに相談してみてはどうでしょうか。

値段は、60分15,000円~20,000円くらいが相場のようです。

ネットで検索すればいくつか見つかりますので、利用を検討してみてください。

 


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi