bunoshi

転職と働き方を考えるブログ

転職活動に疲れた30代に贈る疲れを癒す方法

f:id:ranmaru-24mensou:20170813132832j:plain

転職活動をしていると、急に疲れを感じることがあります。その原因のほとんどは、思うように転職活動が進まないことにあります。

ぼく自身、転職活動が上手くいかず家族と揉めたこともありますし、仕事を探すのが嫌になったこともあります。

この記事では、転職活動につかれた体と心を癒す方法について書いています。「つかれたー。」と思ったら、参考にしてみてください。

 

転職活動につかれる理由

「不採用が続く」「在職中の活動がきつい」「生活費が無くなりそう」など、転職活動が思うように進まない不安や焦りが原因です。

30代は家庭を持ち生活の要になっていることも多く、家族を守らないといけないというプレッシャーも、疲れを増大させる要因になっています。

不採用が続いた

不採用が続くと、今まで積み上げてきたキャリアを否定されたような気持になり、落ち込む方が大勢います。

また、応募した企業から「不採用になった理由」を教えてもらえないことも、悩みを大きくする原因です。

理由も分からずキャリアを否定された気持ちになりますから、精神的に疲れてしまうのも仕方がないと言えます。

在職中の転職活動がきつい

30代の転職活動は在職中に行うことがほとんどです。

求人探し、履歴書の作成、応募、面接の段取り、スケージュール管理などを、昼間働きながら行うと想像以上に負担となります。

面接に行くために有休を使ったり、定時に帰宅したりすることも精神的な負担になるようです。

生活費が無くなりそう

退職してからの転職活動は、仕事が決まらないと貯金を切り崩して生活することになります。

仕事が決まらず貯金だけが減っていく生活は、いつかお金が無くなるかもしれないという恐怖との闘いです。

 

2つの解決策

転職活動に疲れたとき、解決する方法は2つあります。それは、転職を諦めるか転職先を見つけるかです。

転職活動を辞める

在職中に転職活動を行っているのなら、一度辞めてしまうのも手です。

在職中であれば、転職活動を辞めても仕事が無くなることはありません。生活費が底をつくこともないでしょう。

しばらく休んで「どうしても転職したい」と思ったときに再開しても良いのです。

転職先を見つける

今の職場に大きな不満がある、あるいはすでに退職しているのなら、転職先を見つけるしか疲れを取り除く方法はありません。

ただ、今までと同じやり方で転職活動を進めても疲れがたまるだけですから、活動方法を見直すようにしましょう。

 

転職活動を見直す

転職活動が上手くいかないのは、活動方法に問題があることも多いのです。まずは転職活動の方法を見直し、悪い点があれば改善しましょう。

転職先が見つかるまでの期間

エンジャパンの調査結果によると、30代の転職活動にかかる期間は次のようになっています。

在職中の転職でかかる期間

  • 1ヶ月半以内:0%
  • 3ヶ月以内:9%
  • 6ヶ月以内:7%
  • 7ヶ月以上:4%

退職後の転職でかかる期間

  • 1ヶ月半以内:3%
  • 3ヶ月以内:3%
  • 6ヶ月以内:9%
  • 7ヶ月以上:5%

全体の半年転職活動を行っても仕事が決まらない場合、活動方法が間違っている可能性があるかもしれません。

転職エージェントを利用する

転職エージェントを利用していない方は、利用するようにしてください。

転職エージェントは、求人の紹介、履歴書・職務経歴書の添削、面接の段取りとスケジュール管理、面接対策、内定後の待遇の交渉など、転職に関わるほぼすべてのことをサポートしてくれます。

在職中の転職で負担になる部分を代わりに行ってくれますから、一人で活動するよりも効率よく進めることが出来るようになります。

条件を限定し過ぎない

仕事を探す際に多くの条件を求めすぎていませんか?

転職を選ぶ基準は次のように沢山あります。

  • 給与・賞与など
  • 休日日数
  • 残業や求人出勤の有無
  • 福利厚生
  • ボーナス
  • 勤務地
  • 仕事内容
  • 職場の雰囲気

全ての希望を満たす求人は、探す方が困難ですし、仮に見つかったとしても採用されるとは限りません。

譲れない条件は1つか2つに絞り込み、他は妥協することも大切です。

考え方を見直す

在職中に仕事を探している方は、「辞めたい」と思う気持ちと「会社に残るメリット」を天秤にかけていることがあります。本気で辞めたいと思っていないが故に仕事が見つからず、結果として疲れてしまっては本末転倒です。辞めるか続けるか、気持ちを固めることが必要です。

また、「30代だからこの転職で最後にしないといけない」と思い込み、仕事選びが慎重になり過ぎるのも問題です。慎重に選び抜いてもその会社に採用されるとは限りませんし、企業研究を行ってもその会社の本質を知ることは出来ません。

失敗したくないのなら、失敗しないために沢山応募してどんな会社なのかを見ることが大切です。

 

息抜きも大切

仕事と転職活動だけを行っていると、不採用が続かなくても疲れてしまいます。集中力もそんなに長くは続かないものです。

たまには、本を読んだりゲームをしたり、街に出かけたりして息抜きをすることも大切。肩の力を抜くことで、「頑張ろう」と言う気持ちが芽生えることもあります。

 

最後に

転職活動の疲れを癒すには、転職活動を辞めるか転職先を決めるしかありません。

在職中に転職活動を行っているのなら、転職活動を一度辞めて、「どうしても転職したい」と思ったときに再開しても良いのです。

すでに退職している方は、根性を据えて次の仕事が見つかるまで走り抜けてください。仕事が見つかれば、転職活動で感じた疲れは一気に吹き飛ぶはずです。


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi