bunoshi

転職と働き方を考えるブログ

「仕事を辞めたい、だけど理由がない」そんな時どうする?

「仕事を辞めたい、だけど理由がない」そんな時どうする?

「特に理由はないけど、仕事を辞めてゆっくりしたい」

働いていると、ふとしたタイミングでそう思うことがあります。

 

長期連休明けの初日や、忙しすぎて自分の時間が全然取れないときは特にそう思いますね。

だからと言って退職届をだすわけでもなくて、「あ~、辞めてのんびりしたいな~」と、気持ちだけがだらけているのです。

なかにはこんな風に考えている方も…。

・毎週月曜日になると辞めたくなる

・出勤時間も退勤時間も休みの日も常に辞めたい

ここまで来たら、「もう辞めたら?」って言いたくなりますよね。

 

さて、特に理由はないけど仕事を辞めたいとき、「理由を明確にして、それでも辞めたけば行動に移す」ことはおすすめできません。

たぶん疲れているだけですから、休みでも取って旅行にでも行けばいいのです。

 

この記事では、そんなふわっとした「なんとなく辞めたい」気持ちについて書いていきます。

 

堅実的なアドバイスは「辞めたい理由を明確にする」

「理由はないけど仕事を辞めたい」

そんな方に贈る、堅実的で最も適切に聞こえるアドバイスは「辞めたい理由を明確にすること」です。

 

まず、時間をとって「なぜ辞めたいと思うのか」を考えてください。

皆の仕事を辞めたい理由には、次のようなものがあります。

  • 人間関係がうまくいかない
  • 仕事内容が気に入らない
  • 給料が安すぎる
  • 全然評価してもらえない
  • 労働時間が長すぎる

辞めたい理由が明確になったら、次は「本当に辞めたいのか」をじっくり考えます。

それでも辞めたいと思ったら、行動あるのみ! 退職届を書いて仕事をやめましょう!

 

というアドバイスですね。

でもこれね。

現実的というか、押し付けと言うか、今一しっくりこないアドバイスですよね。

「なんとなく辞めたい」と言っている人は、本気で辞めたいと思っていないはずです。

たぶんね、疲れているだけなんですよ。

 

空白期間の長い人に日本の会社は冷たい

「なんとなく辞めたい」と思って本当に辞めてしまう人が少しでも減るように、離職後の空白期間が長いとどうなるか説明しますね。

 

日本の会社は「空白期間」のある人にすごく冷たいんです。

なぜか。

それは、採用担当者が次のように考えるからです。

 

空白期間=離職している期間=ブランク

 

そう、仕事から離れている期間は「ブランク」だと考えられ、頼みもしないのに色々な心配をしてくれます。

  • 仕事に対する意欲がない
  • 「夢」を追いかけるタイプの人
  • 勘やスキルが鈍っている人

そんな心配をした結果、ブランクの長い人は採用されにくくなっていくのです。

 

ちなみに、ブランクが長くても次のような人は採用されやすいと言います。

  • 留学をしていた
  • 介護をしていた
  • 難関資格の勉強をして取得した

言い方を変えると、「理由もないのに長期間働かない奴は、就職できないよ」ってことです。

つまり「なんとなく辞めたい」と言う一時の感情で辞めてしまうと、思わぬ苦労をすることになるのです。

 

就職している1番の利点は、給与が出ること

思わぬ苦労で一番つらいのが「お金」です。

一度でいいから、仕事も収入もない期間を経験してみると、「就職しているだけで給与が出る」というありがたみが分かります。

お金が入ってこないのに、毎月貯金が減っていくあの恐怖感。

 

「このお金が無くなったらどうなってしまうのだろう」

 

そんなことを考え出すと、夜も眠れないほどの不安に襲われます。

 

だから、「なんとなく辞めたい」と思うなら、辞めたい理由を明確にして辞めるんじゃなくて、とりあえず今の仕事を続けてほしいのです。

 

辞めたい理由を明確にしても仕方がないでしょ?

 

そんなことに時間を使うくらいなら、なんとなく休みを取って、なんとなく旅行にでも行けばいい。

気持ちをリフレッシュさせれば、「辞めたい」という気持ちもなくなるかもしれませんよ。


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi