bunoshi

転職と働き方を考えるブログ

【職場別】薬剤師の仕事のやりがい

薬剤師の仕事のやりがい

薬剤師の資格を取ったものの、調剤薬局で働いたらいいのか、それとも製薬会社か、病院か、はたまたドラッグストアか、と就職先に迷っている方も多いのではないでしょうか。

そんな迷える方むけに、職場別で仕事のやりがいを紹介しますので、ぜひとも参考にしてもらえると嬉しいです。

 

調剤薬局

「調剤業務」「服薬指導」「薬歴管理」が主な仕事になる調剤薬局。最近では「かかりつけ薬剤師」の取り組みも始まっています。

では、調剤薬局で働く薬剤師のやりがいとは何でしょうか。

調剤薬局でのやりがい

調剤薬局で働く薬剤師は、患者さんの健康に直接かかわり信頼関係が築けること、そして患者さんの病気が治ったり、お礼を言われたりすることにやりがいを感じています。

また、患者さんから薬だけでなく健康についても質問されることが嬉しいと感じる方が多いようですね。また、薬剤師としてのスキルを磨けることもやりがいに繋がっているようです。

2016年からはじまった「かかりつけ薬剤師」の取り組みも、薬剤師としてのスキルを磨き、より患者さんの身近な存在として働くことが求められています。

言い方を変えれば、患者さんの相談に乗り信頼関係を築き、そして薬を管理する、という関係をさらに深めていくと、自然と「かかりつけ薬剤師」に結びついていくのです。

調剤薬局でのやりがいを求めるのなら、かかりつけ薬剤師を目指すのも一つの方法ではないでしょうか。

やりがいが感じられないとき

調剤薬局で働く薬剤師は、患者さんとの距離が遠くなると「やりがいが無い」と感じるようです。

例えば、指示されたとおりの調剤しかできない、処方箋を捌くだけになっている、患者さんとコミュニケーションが取れない、などです。

また、調剤業務が多すぎると「仕事の幅が狭い」と感じたり、必要以上に薬を処方する医師に失望することもあるようです。

こういったことからも、「やりがいが無い」と感じるのは、患者さんのために働けないときだと言えるでしょう。

 

ドラッグストア

ドラッグストはでは「調剤業務」「服薬指導」「薬歴管理」以外にOTC薬の説明も大切な仕事。

ドラッグストアで働く薬剤師は、どんなことにやりがいを感じているのでしょうか。

ドラッグストアでのやりがい

ドラッグストアでのやりがいは、調剤薬局と同じように「患者さんの役に立っている」ことが大きいようです。患者さんのなかには処方箋と一緒にOTC薬を代われる方も多く、飲み合わせを説明したり、ときには「売らない」と言う選択をすることもあって、調剤薬局とは違うやりがいを見出すことが出来ます。

給与が高いこともやりがいに繋がっているようです。

やりがいが感じられないとき

逆にやりがいを感じられないのは、品出しやレジと言った一般業務ばかりで調剤を行う機会が少ないときだそうです。

ドラッグストアでは薬以外の商品もたくさん扱っていますから、処方箋が無いと手伝わざるを得ませんよね。このことが薬剤師のやる気を奪う原因になっているようです。

 

製薬会社

製薬会社で働く薬剤師は、薬の研究・開発や治験コーディネーター、あるいはMRとして営業を行うなど、様々な仕事があります。

では、製薬会社で働く薬剤師のやりがいとは何でしょうか。

製薬会社でのやりがい

製薬会社で働く薬剤師のやりがいは、大きく分けて2通りあります。

1つは、薬の研究・開発を行うことで、患者さんを救える可能性があるということ。

新薬を開発するには大勢の人の力が必要ですが、開発に成功し国から認可が下りたときには、より多くの患者さんを救うことが出来ると思えたとき。

もう1つは、医薬品の最前線で働くことが出来ること。

製薬会社で働く薬剤師の仕事として、MRやCRAがありますがどちらも医薬品の最前線で仕事を行うことが出来ます。MRであれば、医師と信頼関係を築くことができ、営業が上手く回り始めたときにやりがいを感じるようです。

まとめると、製薬会社で働く薬剤師は「患者をサポートする」ことと「仕事の達成感」にやりがいがあるようです。

やりがいが感じられないとき

逆にやりがいが感じられない時は、開発した薬の認可が下りなかったり、営業が上手くいかないとき、あるいは思うように薬の効果が出なかったときです。

一生懸命頑張ってきたのに認められなかったとき、「不甲斐ない」と言う自分への思いや、上手くいかないことへのいら立ちから「やりがいが無い」と考えてしまうようですね。

でも、そういった気持ちを乗り越えて努力するからこそ、認められたときに大きな達成感とやりがいを感じられるとも言えます。

 

病院薬剤師

病院薬剤師は「調剤業務」「服薬指導」「薬歴管理」に加え、医師や看護師との連携も大切な仕事です。

勤務する病院によっては生活が不規則にやりやすい病院薬剤師ですが、どんなやりがいがあるのでしょうか。

病院薬剤師のやりがい

病院で働く薬剤師は、患者さんとコミュニケーションを取ることで信頼関係を築けたときはもちろん、その家族からも感謝されたときに大きなやりがいを感じるようです。

また、医師や看護師と信頼関係を築くことで、チームの一員として薬剤師のスキルが発揮できることもやりがいに繋がっています。

病院では、薬剤師として総合的なスキルを身に着け、磨くことができますし、さらに磨いたスキルと知識が治療に役立つと、とても大きなやりがいを見出すことが出来るようです。

患者さんの家族からお礼を言われるのも、病院の大きな特徴ですよね。

やりがいが感じられないとき

そんなやりがいのある病院薬剤師ですが、スキルアップを望んで病院を選んだのに、仕事内容が調剤薬局と大差なかったり、患者さんや医師・看護師の期待に応えられないと悩んでしまうこともあるようです。

また、チームなのに意見がかみ合わなかったり、夜勤や当直で家庭と両立できないこともやりがいを見失う原因になっています。

なかにはわがままな患者さんや医師も居ますから、人間関係が辛いことも多いのかもしれませんね。

 

最後に

薬剤師が仕事で感じるやりがいについて書いてきました。

もし、毎日の仕事が忙しく「やりがい」を見失ってしまったら、なぜ薬剤師になったのかを思い出してみてください。

薬剤師は職場が違っても、「患者さんの役に立つ」ことにやりがいを感じています。おそらく薬剤師を目指したのも「患者さんの役に立ちたい」からではないでしょうか。

初心を思い出せば、見失っていたやりがいを見つけるきっかけになるはずです。

 

登録はこちら⇒リクナビ薬剤師


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi