転職の成功率を高めるには、ハローワークと転職エージェントを並行して利用する

30代の転職はハローワークと並行して転職エージェントを利用することで、成功する可能性が高くなります。
その理由は企業が出す求人の多くが、民間の職業紹介機関に出ているからです。

次のグラフは厚生労働省が調査した「平成27年転職者実態調査の概況」の中の「事業所規模、転職者の募集方法別事業所割合」を元に作成したものです。

■ハローワーク■民間の職業紹介機関■求人雑誌■自社のHP■スカウト■縁故■その他

見ていただくと分かるように、事業規模が大きくなるにつれて「民間の職業紹介機関」を利用する割合が高くなっています。

つまりハローワーク1本で転職活動を行うと、得られる求人情報の量が限られてしまうのです。

逆に言えばあなたに合った求人を探すには、ハローワークだけではなく民間の職業紹介機関(転職サイトや転職エージェント)を利用することが大切。
得られる情報の量が増えればその分選択肢も増えますし、より条件の良い求人に出会うチャンスも増えますよね。

だからこそハローワークと転職エージェントを並行して利用することで、転職の成功率を高めることができるのです。

転職エージェントとは

転職エージェントは登録をすると、完全無料で転職相談に乗ってくれるほか、企業の求人紹介から面接のセッティング、給与交渉など転職に必要なサポートを行ってくれるサービスのことです。

なぜ無料なのかと言うと、転職エージェントはあなたが入社する企業から、謝礼として年収の30%程度を報酬として受け取っているからです。

転職エージェントがサポートする内容は主に次の6つ。

  • キャリア相談
  • 求人紹介
  • 履歴書や職務経歴書の添削
  • 面接対策
  • 面接のセッティング
  • 給与交渉

転職で面倒なことを自分の代わりにやってくれて、面接以外で希望する企業に会うことはほぼありません。

なにより転職エージェントだけが保有する非公開求人が多数あるので、利用することで選択肢を広げることができます。

なおかつ履歴書や職務経歴書の書き方、面接対策などのプロのテクニックを学ぶことができるので、通常の転職活動でもプラスになる要素が多いのです。

転職エージェントのデメリット

転職エージェントの質はピンからキリまであり、悪質な転職エージェントにあたってしまうと、キャリアが台無しになってしまうこともあります。

また規模の小さい転職エージェントは紹介できる求人も限られているため、平気な顔でブラック企業を紹介することさえあるそうです。

なかには無理やり入社させようとするエージェントもいるため、上場している大手の総合転職エージェントを利用することをおすすめします

おすすめの総合転職エージェント

総合転職エージェントは担当するキャリアアドバイザーとの質や相性が重要になります。
なので最低2社~3社は一気に登録し面談を受けてみて、良いと思った方を活用することをおすすめします。

ここでは100社以上ある転職エージェントの中から、特にサービスの質が高い3社を紹介します。

◆DODA
国内最大級の転職エージェント。
担当者の当たり外れが少なく、面接や選考書類の作成などの転職対策で圧倒的に高い評価を得ています。
年齢や役職などに関係なく、どの層にもおすすめの転職エージェントです。
※全国対応
公式サイトはこちら⇒DODA

◆リクルートエージェント
DODAと1、2を争う転職エージェント。
担当者によりサービスに差があるため、他サービスと並行して利用するのが基本。
それでも利用者からの評価は高く、幅広い多くのユーザーから支持されています。
※全国対応
公式サイトはこちら⇒リクルートエージェント

◆マイナビエージェント
キャリア相談が丁寧で親身だと評判が高い転職エージェント。
2017年に体制強化を行い、評判が一気に高くなっています。
とくに転職が初めての方や20代の方におすすめです。
※サービスは首都圏・関西圏のみ
公式サイトはこちら⇒マイナビエージェント

最後に

30代の転職では即戦力を求められることがほとんどです。
ですが自分のキャリアや経験を活かせる求人を探すのは、思っている以上に難しいですよね。

そんな時転職エージェントに相談すれば、あなたのキャリアや経験を加味して求人を紹介してくれます。
だからこそ30代の転職では転職エージェントの利用が必須なのです。

この記事を最後まで読んでくださった、あなたの転職が成功することを願っています。