30代ニートが社会復帰するにはいきなり正社員を狙うべき

30代のニートが社会復帰するには、いきなり正社員を狙うべきです。

仕事に慣れるためにアルバイトをする方法もありますが、現実的ではありません。

たしかに働いた経験のない方がアルバイトを始めることは、社会復帰に向けて一歩前進したといえます。
ですが実際アルバイトとして働くと、正社員よりもキツイことがよくあるのです。

またアルバイトとして働いている間も、時間は過ぎていきます。

「慣れてから正社員になろう」

そう思っている間に年を取ってしまい、申し込める求人がどんどん減ってしまうものです。

だからこそ30代のニートが社会復帰するには、アルバイトよりも正社員を狙うべきです。

30代ニートにアルバイトを勧めない理由

30代ニートにアルバイトを勧めないのには、それなりの理由があります。

同世代が少ない

小売店や飲食店などの比較的見つけやすいアルバイトは、学生が中心になっています。

なので30代がアルバイトとして入社すると、次のつらさがあります。

  • 同世代がいない
  • 話題が合わない
  • コミュニケーションが取れない
  • 浮いている気がする

特に同世代がいないのが致命的で、よほどコミュニケーション能力が高くないと、人の輪に入ることができません。

周りは年下ばかり、話題もかみ合わない、仲間にも入れないでは、アルバイトがただツライだけになってしまいます。

管理者が年下

小売店や飲食店は若くても店長になれる職場です。
つまりバイト先の店長が年下になる可能性も高い。

アルバイトも店長も年下では、さらにコミュニケーションを取るのが難しくなります。

アルバイトをするのなら年上が多いバイトを探す

どうしてもアルバイトをする必要があるのなら、次の条件を満たすアルバイトを探してください。

  • 短期・単発のアルバイト
  • 年上が多い

なぜ短期・単発のアルバイトを探すのか
短期・単発のアルバイトを探すのは、「仕事に行かないといけない」というプレッシャーを防ぐためです。
たとえアルバイトでも毎日数時間、しかも長期間拘束されるとなれば、働くのが嫌になってしまいます。
でも短期間で終わることがわかっていれば、ある程度は耐えられるはずです。
プレッシャーを軽くするために、短期・単発のアルバイトがオススメです。

なぜ年上が多いアルバイトを探すのか
年上は年下を可愛がってくれるものです。
少なくとも年下が多い職場よりは、年上が多い職場の方が馴染みやすくなります。
一生懸命働けば、目をかけてくれる方もいるでしょう。
安心感を得るために、年上が多いアルバイトがオススメです。

アルバイトから正社員を目指す時間はない

30代は社会人経験のある方でも、未経験職種や異業界への転職が難しくなっていきます。

そんな状況で社会人経験のない30台ニートが、ゆっくりとアルバイトをしている時間はありません。

アルバイトをするなら、就職活動と並行して行うべきです。

30代は時間と共に求人が減っていくことを、忘れないでください。

30代ニートが正社員になる方法

では次に、30代ニートから正社員になる具体的な方法を紹介します。

行くべき場所は「職業訓練」

社会人経験がない方は、まず「職業訓練校」に通ってください。

正社員として採用されるには、社会人として基本的なルールとマナーを理解している必要があります。

つまり30代ニートが社会復帰を目指すには、社会人としてのルールやマナーを学ばないといけません。

職業訓練校では社会人として必要なルールやマナーだけではなく、就職に必要な技術や資格を身につけることができます。

また一緒に職業訓練校に通う仲間がいることで、自分だけじゃないという安心感も得られます。

仲間がいることで張り合いも出ますし、何より徐々に心と体を慣らしていくことができます。

なので社会復帰への土台を作るために、職業訓練校へ通うことをお勧めします。

※「ハロートレーニング(就職に向けてスキルを身につけたい方へ) |厚生労働省」

ニートでも採用されやすい仕事を狙う

職業訓練校で社会人としての基本を身につけたら、ハローワークや転職エージェントなどを使って仕事を探しましょう。

もしニートになる前に働いた経験があれば、すぐにでも仕事が探せますよね。

仕事を探すときのポイントは、ニート期間があっても採用されやすい職種を選ぶこと。

たとえば介護職なら人手不足が多いので、ニート期間があっても正社員採用される可能性が高いでしょう。

他にも、次の職種は比較的採用されやすいと言われています。

  • 学歴不問の工場
  • 清掃業
  • ビルメンテナンス
  • 小売業
  • 飲食業
  • 警備

どうしてもなりたい職業がないのなら、上記のような採用されやすい職種を選んでみてください。

ハローワークの特徴

ハローワークでは、面接や履歴書・職務経歴書の書き方などのサポートを行ってくれます。
また気になる求人があれば、相談員があなたの代わりに会社へ連絡してくれます。

つまり自分で申し込みの電話をする必要がありません。

  • 自分で連絡する必要がない

これだけでも精神的な不安はかなり減るものです。
さらにハローワークを通すことで、確実に選考してもらえますし、合否の結果を知ることができます。

転職エージェント

転職エージェントは、転職に関わるほぼ全てのことをサポートしてくれるサービスです。
転職エージェントのサポートは主に次の6つ。

  • キャリア相談
  • 求人紹介
  • 履歴書や職務経歴書の添削
  • 面接対策
  • 面接のセッティング
  • 給与交渉

求人の紹介から面接の対策、セッティングまで行ってくれる、至れり尽くせりのサポートです。
しかも登録は無料。

ただし社会人経験がないとサポートを断られることもあります。
もし断られた場合は、別の転職エージェントに申し込んでください。



オススメの転職エージェント

◆doda
国内規模No.2の転職エージェントです。
案件数・決定数共に業界最大手の『リクルートエージェント』に匹敵する優良エージェントです。
面接対策や職務経歴書などの転職対策で、圧倒的に高い評価を得ています。
doda

◆リクルートエージェント
国内最大手の総合転職エージェントで、取り扱い求人数がダントツで多いのが特徴。
求人数が多ければ当然選択しも増えます。
選択肢が多ければ採用される可能性も高くなるため、就職を考えているのなら、一度は相談するべきエージェントです。
リクルートエージェント

断られても落ち込まない

30代で仕事を探すのは大変です。
社会人経験のある方でも、20社程度は不採用になることが普通で、平均18社は受けないと採用されないそうです。

なので数社断られたからといって、落ち込まないようにしてください。

社会人経験のない30代ニートが、不採用になるのはある意味当たり前のこと。
落ち込むよりも、次の求人にチャレンジしてください。

正社員だけが社会復帰じゃない

身も蓋もないことを言いますが、社会復帰を目指すのに正社員にこだわる必要はありません。

社会復帰を考えると、どうしても「正社員として採用される」ことを目指してしまいます。

ですが社会復帰とは文字通り社会に復帰し、自立した生活を送ること。

そのための方法は正社員だけではありません。

例えばアルバイトとして働き、稼いだお金で生活できるのなら、十分社会復帰をしているといえます。

ネットビジネスでお金を稼いでもいいですし、いきなり独立してもいいのです。

引きこもりだった弟の話

ぼくの弟は両親が離婚したことをきっかけに、学生時代に引きこもりになりました。

周りの心配をよそに、部屋の中だけで長い年月を過ごしたのです。

そんな弟が社会復帰を果たしたきっかけは、コンビニの深夜アルバイトです。

深夜のバイトを選んだのは、人とできるだけ会いたくないから。
実際に働き始めた当初は頻繁に体調を崩してしまい、かなり大変だったようです。

できることから始めればいい

もちろん周りの人たちは、「いい年なんだから正社員にならないといけない」というようなことを言っていました。

ですが、働きに出ただけで体調を崩すようでは、1日8時間も働けるわけがありません。

結局社会復帰を目指すとしても、その人なりの段階の踏み方があるわけです。

弟の場合はそのスタートがアルバイトだった、というだけの話。

つまり社会復帰を目指すといっても、無理に正社員を目指す必要はない、ということ。

自分に合った方法で、できることから少しずつ、社会復帰していけばいいのです。

まとめ

30代ニートが社会復帰を目指すなら、アルバイトではなく正社員を狙いましょう。

正社員なるためには、まずハローワークに行き職業訓練を受けてください。
社会人として最低限のルールやマナーが学べますし、社会復帰の土台も作ることができます。

そして卒業したらハローワークの就職支援や転職エージェントを利用して、採用されるまで求人に応募してください。

この段階を踏めば、正社員になるのも夢ではないはずです。

ただし人によってできることとできないことがあります。

無理をして正社員を目指せば、体調を崩すこともあるでしょう。

大切なのは自分に合った方法で、できることから始めてみること。

いきなりゼロから100を目指すのではなく、1つずつ段階を踏んでいくことも大切です。