「上司が嫌い」は退職理由になる。でも直接言ってはいけない。

「上司が嫌い」は退職理由になる

上司が嫌い!

これは十分退職理由になります。

というのも、嫌いな上司がいるとあなたが思っている以上に、仕事への悪影響があるからです。

たとえば、

  • 意思の疎通がうまくいかない
  • 報連相を嫌がってしまう
  • 意識して上司を避けてしまう
  • 人事評価に納得できない

というようなことが起き、仕事が思うように進まなくなるのです。

実際に異動・転職した人の約20%が、「上司が嫌い」を理由にあげているほど、嫌いな上司がいるのは深刻な問題。

でも上司に対して「嫌いだから辞めます」とは言えませんよね。

この記事では「上司が嫌い」「嫌な上司がいる」は退職理由になるのか。

退職するときはどう話せばいいのか、について紹介しています。

「嫌いな上司がいるから退職したい」と思ったときに、参考にしていただければ嬉しいです。

「上司が嫌い」は退職理由になるの?

上司が嫌いは退職理由になる

「上司が嫌い」は退職理由になります。

なりますが……理由として上司や会社に言ってはいけません。

ただもめるだけです。

もちろん、後先考えなければ退職理由にできますよ。

たとえば・・・。

胸ポケットに退職届けを忍ばせ「お話があります」と上司を会議室に呼び出したあなた。

「何の話だろう」

そう思いながら会議室に表れた上司。
待ち構えていたあなたは、上司の顔面めがけて退職届けを投げつけ。

「あんたが嫌いだから今日で会社を辞めます!」

と、啖呵を切って会議室から出ていきます。
立ち去るあなたの背中を見つめ、呆然とする上司・・・。

なんてことが出来たらさぞかし胸がスカ―っとするでしょうね。

でも現実にはとても無理です。

ドラマでもこんなシーンはありません。

よく考えてみてください。

こどものころ周りにいる友達は、みんな気の合う人だったでしょうか?

学生の頃は? 気の合わない人、嫌いな人は一人もいませんでしたか?

きっと一人くらい、気の合わない人や嫌いな人、苦手な人がいたはずです。

今まで出会ってきた友達でさえ、好きな人と嫌いな人がいた.

それなのに、社会に出たら好きな人だけになるはずがありませんよね。

なので嫌いな上司がいても何の不思議もないのです。

でも、だからと言って、退職するとき上司に向かって「あんたが嫌いだから」とは言わないようにしましょう。

退職すれば上司と会うことはまずありません。

ですが絶対に会わないとは言い切れません。

どこまでばったり会うかもしれない。

なのに「あんたが嫌いだ!」と宣言してまで、関係を悪化させる必要がありますか?

「上司が嫌い」は退職を考えるきっかけにはなりますが、退職理由にはしない方がいいのです。

退職する前にやってみること

やめる前にできること

どの会社に転職しても、好きな人もいれば嫌いな人もいます。

気の合う人もいれば、合わない人もいますよね。

つまり職場を変えても、広い意味で人間関係の形は変わらない、ということ。

なので人間関係が嫌で退職する人は、別の会社に行っても同じように嫌な人間関係でつまずきます。

できれば退職届けを提出する前に、上司の関係を改善する努力をしてほしいのです。

そのための方法は次の5つ。

  • 目の前の仕事に集中する
  • 上司に完璧を求めない
  • 上司を好きになる努力をしてみる
  • 「ホウレンソウ」を徹底して行う
  • 別の部署への異動を希望する

目の前の仕事に集中して働けば、一生懸命働く姿に好感を持ってくれるかもしれません。

報告・連絡・相談をこまめに行う部下は、上司からするとかわいいものです。

上司が目をかけてくれるようになれば、たとえ嫌いな上司でも「目をかけてくれるから」と許せるかもしれません。

好きになる努力をすれば、ひょっとすると好きになれるかも…しれません。

とはいえ何をやっても嫌いなものは嫌い、かもしれませんが…。

でもまずはできることをやってみて、それでもだめなら異動願いを出しましょう。

部署が変われば上司も変わります。

距離が離れれば「嫌い」という感情も消えるはずです。

退職を考えるのは、手を尽くしてからでも遅くありません。

ホンネとタテマエは使い分けて

本音と建て前は使い分ける

あるアンケートによると、退職理由として会社に伝えた内容は「家庭の都合」が一番多かったそうです。

ところが本当の退職理由を尋ねるアンケートでは「職場の人間関係」が1位でした。

この結果からわかることは、退職理由で本音と建前を使い分けている人が多い、ということ。

その証拠として、本当の退職理由を言えなかった理由は「円満退職をしたかった」が一番多かったのです。

本当は、

「あんたと一緒に仕事なんて出来るか! 辞めてやるわ!」

そう言って退職したかったかもしれません。

そう言えれば気持ちはスッキリしますよね。

でも冷静になって考えてみてください。

  • 次の職場に行ったら今の上司がお客になるかもしれません
  • 自分の子供と上司の子供が同級生になる可能性もあります
  • あるいは奥さん同士が同じ職場になることも考えられるのです

出会う可能性が低いとしても、人の縁はどこでつながるかわからないもの。

ムダに関係をこじらせるよりは、家庭の都合や一身上の都合などを理由にして、揉めないようにした方がいいですよね。

嫌いな上司でも「ご相談があります」とアポを取る

まずはアポを取る

退職届を提出するときは、嫌いな上司に話すのが嫌で、上司の上司に話をしたくなることがあります。

ですがそれは上司の顔を潰しているようなもの。

下手をすると退職日まで、色々な嫌がらせを受けるかもしれません。

実際に退職を決めてから「無視された」「突然仕事が無くなった」などの嫌がらせを受けている人がいます。

なので余計な波風を起さないためにも、退職届は直属の上司に手渡しで提出しましょう。

と言っても…いきなり上司の机の前に立って「これお願いします」と、退職届を渡さないでくださいね。

まずは「〇〇課長、ご相談したいことがあります。少しお時間を頂けないでしょうか?」とアポを取ってください。

このとき「ご報告があります」はNGです。

退職の意思がダイヤモンドよりも堅く固まっていたとしても、「報告」ではなく「相談」にする方が、相手への敬意を表現できます。

あとは退職届を提出し理由を上司に話すだけ。

間違っても「あんたが嫌いだから辞めます」とは言わないでください。

「上司が嫌いだから」で辞めても意味はない

いやなものはいや

ぼくは「上司が嫌いだから」と言って辞めた人を何人か知っています。

みんな同じ上司に対して、「この人とは一緒に働けない」と言って辞めていきました。

この話は当時の社長から聞いたのですが、退職の原因となった上司は営業部長だそうです。

営業部長は当時営業部にいた社員全員が、「営業部長が嫌い」で退職したという伝説を持っています。

「営業部長が転勤してくるのなら辞めます」

「あの人とはとても一緒に働けません」

と、隠すことなくストレートに伝えてやめたそうです。

話を聞くと、営業部の社員は営業部長からものすごい嫌がらせ(部長は嫌がらせをしている自覚がない)を受けていたようで、我慢ができなかったのでしょう。

ですがこれだけ周りから色々言われた営業部長も、結局定年まで勤めています。

つまり何が言いたいのかというと。

「あの人とは一緒に働けない」と複数の人に言われた上司でも、定年まで処罰なしで勤めています

つまり退職するときに「あいつが嫌いだから!」と爆弾をおとしても、癇癪玉ほどの威力もないのです。

せめて最後に一矢報いたい、という気持ちもあるかもしれません。

ですがその矢が届くことはないでしょう。

威力が足りずに目の前で落ちるのが関の山です。

むだに攻撃しようとはせず、「立つ鳥跡を濁さず」を基本に円満退職をしてください。

嫌いな上司のために汚点を残すなんて、バカバカしいですよ。

在職中に仕事を探す

次の仕事を探す

「上司が嫌い」で退職するのは構いません。

ですが、次の仕事が見つかっていないのは大問題です。

また「上司が嫌い」で退職した場合、転職先の志望動機を考えるのも一苦労ですよね。

「上司が嫌いで退職しました。御社では今までの経験を生かして頑張ります」

そんな志望動機で採用してくる会社はまずありません。

なので在職中に転職活動を始め、辞めるときは次の仕事を見つけていることが理想です。

とはいえ在職中の仕事探しは、時間を作るのが難しくなかなか思うように進まないもの。

そんな時に利用してほしいのが、転職のほぼすべてを「完全無料」でサポートしてくれる転職エージェントです。

転職エージェントがサポートする内容は主に次の6つ。

  • キャリアの相談
  • 求人の紹介
  • 面接のセッティングとスケジュール管理
  • 履歴書や職務経歴書の添削
  • 面接対策
  • 内定後の給与交渉

転職エージェントはあなたの経験やスキルと希望から、なるべく近い求人を探して紹介してくれます。

また履歴書や職務経歴書の添削、面接のスケジュール管理、内定後の交渉まで代わりに行ってくれるのです。

さらに転職だけではなく、退職のサポートを行ってくれるのも特徴のひとつ。

つまり転職エージェントを利用すれば、在職中の忙しい時でもスムーズに転職活動を行うことができます。

ぼくのおすすめは『リクルートエージェント』と『doda』

『リクルートエージェント』は、業界最大手の総合転職エージェントで、保有する求人数が多いのが大きな強みです。

担当者によってサービスの質にばらつきがありますが、とにかく求人数が多いので、案件モレを防ぐためにも登録は必須。

紹介される求人の数=転職で成功する確率。

この事実を踏まえると、リクルートエージェントは登録必須です。

リクルートエージェント

『doda』はパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する、リクルートエージェントと1・2を争う総合転職エージェントです。

提案力に定評があり「悪い口コミ」もほとんどなく、担当者の当たり外れが少ない転職エージェントだと言われています。

職務経歴書の添削や面接対策・カウンセリングなど、実践的なサポートが素晴らしいと高評価。

本気で転職を考えている全ての方におすすめです。

doda

まとめ

「上司が嫌いだから」は退職を考えるきっかけにはなりますが、退職理由にはしない方が無難です。

もし退職理由にすると…

  • 上司との関係が悪化する
  • 退職まで嫌がらせを受ける

…という可能性があります。

上司と2度と会わないならいいかもしれません。

ですが、この先絶対に会わないという保証はありませんよね。

ひょっとすると…

  • 子供同士が同級生になる
  • 妻同士が同僚になる
  • 元の会社が取引先になる

…ということも考えられます。

そういった可能性を考えると、退職理由で「上司が嫌い!」とは言わないほうがいいんです。

退職理由は家庭の都合や一身上の都合にして、円満退職を目指しましょう。