仕事を辞めていい人、悪い人。状況別で解説します!

・人間関係が面倒くさい
・仕事で大失敗をした
・仕事が忙しくて帰れない

だから仕事を辞めたい!

そう思ったことありませんか?
ちなみに私は、いつも辞めたいと思っています。

仕事を辞めたいと思う人が、おかれている環境は様々。

介護で退職せざるを得ない人。
結婚退職を夢見る人。
宝くじが当たったら仕事を辞めようと思っている人。

副業で独立したい。
そう思っている人もいるかもしれません。

私は何回か転職していますが、仕事を辞めた理由はその都度違います。

「もっと収入を多くしたい」という思いで仕事を辞めたことも。
「これ以上は心がもたない」と追い詰められて辞めたこともあります。

副業で稼げたから辞めたこともありますね。

そんな私の経験を踏まえて、仕事を辞めていい人、悪い人を紹介します。

スポンサーリンク

仕事を辞めていい人

まずは仕事を辞めていい人から。
私は仕事で、精神的にギリギリのところまで追い詰められた経験があります。

なので、こういう人は仕事をやめたほうがいい! という明確なラインを持っています。

それがこちら。

・職場の人間関係がひどい
・心身に影響が出ている
・鬱になりそう

この3つに該当する人。
そして、どうにも耐えられそうにない人は、今すぐにでも辞めましょう。

辞めないとあなたが壊れてしまいます。

もうすこし、詳しく見ていきますね。

人間関係が辛い人は辞めていい

人間関係がつらい人は、仕事を辞めてもいい。
なぜなら人間関係は働きやすさを左右する、すごく重要な要素だから。

いろいろなアンケートでも、人間関係は退職理由の上位です。
そのくらい、悩んでいる人が多いということ。

私も人間関係でさんざん悩みました。

足を引っ張る後輩。
話を聞いてくれない上司。

今だから言いますが、職場全員に無視されたことも。
仲間外れにされたこともあります。

人間関係から切り離されると、仕事がメチャクチャつらいものになるんですよね。
それこそ、自分が何のために存在しているのか分からなくなるくらいに。

そんなつらい状況で、我慢して勤め続けても…つらいだけ…ですよね。
我慢すればするほど、あなたの心が疲弊してしまいます。

だから辞めたほうがいいんです。

もし、定期的に配置換えや異動があるなら、そこまで待ってもいいでしょう。
退職して新たに仕事を探すのは、想像以上にパワーが必要です。
生活費の心配もありますよね。

ただ、配置換えなどがないなら、早めに辞めるべきです。

うつ病になりそうな人

うつ病になりそうな人は、早めに辞めるべきです。

私は職場で仲間外れにされたとき、仕事もありませんでした。
出社したら机に座り、マニュアルを読んで定時まで我慢する。
そんな生活だったんです。

本当に気が変になりそうでした。

最後には耐えられなくなり、
「仕事を辞めさせてくれ」
と、妻に泣いて頼んだことがあります。

もしも、職場の悩みが理由でうつ病になってしまった。
あるいは、そうなりそうな人。

我慢しちゃだめです。
我慢すればするほどつらくなっていきます。

まず、休職を考えてください。
それがだめなら、早めに仕事を辞めましょう。

「人は会社の宝」だという人もいます。
ですが、社員を宝のように扱ってくれる会社を知りません。

大手企業でさえ、長時間労働や過度なノルマ。
ありえない短納期対応で、社員が疲弊しています。

疲れたなら休め。

なんて言ってくれません。
仕事を回すために、とにかく働けと言われるだけです。

仕事で心や体を壊したとき、保証してもらえればいいほうだと思ってください。
ましてや、会社が守ってくれるなどと思わない事です。

うつ病は体力的にも精神的にも限界が来た証拠。

治療に時間とお金もかかります。
転職するときにもマイナス要素となります。

それなら、会社のために我慢する必要はありませんよね。

自分を犠牲にするよりは、仕事を辞めた方が良いはずです。

今の仕事が向いていない人

「まずは三年頑張ってみろ」と言う上司や先輩は多いもの。
「石の上にも三年」を信じているんですよね。

でもこれ、はっきり言って時代遅れです。

今の時代は変化のスピードが速すぎて、合わない仕事を三年も続けるのはもったいない。

できればすぐにでも仕事を辞めましょう。
そして、興味の持てること、やりたいことを仕事にするべきです。

もう少し仕事を頑張ってみようと思うのなら、期間を区切ってください。
目安は1年くらいです。

仕事の面白さを知るには、腰を落ち着けて本気で努力する必要があります。
でも3年も必要ありません。
本気で頑張る期間は、1年もあれば十分です。

まずは1年。

本気で取り組んでください。

それで仕事の面白さを見つけられず、ただ辛いだけなら仕事が合っていない証拠。
仕事を辞めて、自分に合った仕事を探しましょう。

状況を変えようと努力した人

仕事がつらいとか面白くないとか。
人間関係がうまくいかないとか。

そんな状況を変えようと努力したけど、結局変わらなかった。
それなら、仕事を辞めてもいいんです。

仕事で納得のいかない事。
理不尽なことはたくさんあります。

私もいろいろなモノを見てきました。

経理の不正や経費の使い込み。
仕事中のアダルトサイト閲覧などなど…。

普通に考えるとありえないようなこと。
そんなことが、当たり前のように行われているものです。

そんな、おかしな会社に就職すると大変です。
「自分がおかしいんじゃないか!?」
なんて思ってしまうからです。

もちろん会社の体制を変えようと色々努力ました。
不正を直接注意をしたこともあります。
役員や社長と直接話をしたこともあります。

それでも、おかしな会社の体質は変わらないものです。

というかですね。
社員が騒いだところで会社が変わるはずがないんですよ。

もし今。
会社に不満があって、状況を変えようと一生懸命努力した。
だけど会社が答えてくれなかった場合。

今の仕事は辞めて、ほかの仕事を探すべきです。

何度も言います。
会社の体質は、簡単には変わりません。

今までこうだったから、これからも同じが良い。

そう考えている人がほとんどです。

改善しようと精いっぱい努力した人は、仕事を辞めましょう。
そして、そのまじめな性格を、ほかの会社で生かしてください。

勢いだけで仕事を辞めると間違いなく失敗する

仕事を辞めてもいい人でも、勢いだけで仕事を辞めると間違いなく失敗します。

先のことを何も考えていない。
準備もしていないんだから、失敗して当たり前なんです。

昔、こんな言葉を聞いたことがあります。

日本はなんでもそろっていて、なんでもできる国。
でも、お金がないと何にもできない国。

この言葉はある意味真実です。

寝る場所も、着る服も、食べるものも。
水も、なにもかも、お金がないと手に入りません。

つまり、仕事をしないとだめなのです。

今、仕事を辞めてどうしますか?
次の仕事は決まっていますか?
食べていけるだけの貯えがありますか?

「仕事を辞めてから探しても何とかなる」と言う考え方は危険です
ぼんやりとした気持ちで過ごしていけるほど、世間は甘くないのです。

できれば仕事を辞める前に、次の仕事を見つけてください。
最低限、辞めるための準備はしましょう。

勢いだけで仕事を辞めると、間違いなく失敗します。
それも軽い失敗ではなく、取り返しのつかない失敗になりやすいのです。

仕事を辞めちゃダメな人

その場の思いだけで仕事を辞めちゃダメです。
勢いだけで仕事を辞めると、間違いなく失敗します。

ましてや、主観性のない退職理由だとその後すごく苦労します。

ということで、仕事を辞めてはいけない人について話しますね。

不満だけ言っている人

仕事の不満や愚痴ばかりの人は、仕事を辞めてはいけません。
例えばこんな愚痴ですね。

・仕事が多すぎる
・正しく評価してもらえない
・給与が少ない
・残業が多すぎる

もし仕事が多すぎるなら、上司に相談しましょう。
無理な指示ばかりなら、断ればいいんです。

はっきりと断ることで、頼まれる仕事が減ることもあります。
上司の態度が一変して、働きやすくなることもあります。

むしろ仕事を頼まれすぎると感じるのは、仕事ができるから。
あるいは、人並み以下しかできないからです。

はっきりと断ることも。
キャパオーバーを伝えることも仕事のうち。

その結果、仕事が遅ければ上司から怒られます。
仕事のできる人なら、周りも納得してくれます。

つまり断ることで、あなたがどう思われているかわかるんです。

社風や評価、給与については上司に相談する。
あるいは、あなたの働き方を変えることで、改善することもあります。

もちろん、そもそも仕事のできない人が何を言っても無駄です。

この会社の社風が・・・。
ぼくの評価が低い・・・。

そんなことを言ったところで、取り合ってはもらえません。

まずは行動してみること。

自分から見た自分自身と、周りから見たあなたは驚くほど評価が違う。
なんて話も、よくあることですから。

間違っても不満だけ言っている人が、仕事を辞めちゃダメです。

介護のために退職を考えている人

介護のために退職するのは辞めましょう。
下手をすると人生が詰みます。

なぜなら、再就職がメチャクチャ難しくなるからです。

親の介護で心身ともに疲れた。
できれば仕事を辞めたい。

そう思う気持ちはわかります。
親族や行政の協力も得られない。
いつ終わるとも分からない介護に追われると、気分が滅入ってきますよね。

大切な親のために、仕事を辞めて面倒を見てあげたい。

という方もいるでしょう。

親の年金が入ってくるから、仕事を辞めても生活に支障はない。
介護が終わってから再就職すればいい。

そう思うかもしれません。

ただ、介護離職は社会問題になっているんです。
介護を理由に仕事を辞めてしまうと、再就職がものすごく難しいからです。

だから、介護を理由に仕事を辞めると、人生が詰むかもしれない。
そんなリスク、負いたくありませんよね?

まず会社に、介護休暇や時短勤務を相談してください。
社会問題になっていますから、会社もそれなりの対応をしてくれるはずです。

介護に疲れたからと、いきなり仕事を辞めないこと。
介護が終わった後のことを考えて、行動することが大切です。

すごく疲れている人

多すぎる仕事に連日の残業。
休日出勤も重なってもう疲れた!
辞めたい!

そう思っている人は、仕事を辞めちゃダメです。
まず仕事を休んで、疲れを取ってください。

そもそもですね。
疲れて頭が回らないときに、大事な決断をするべきじゃない。

なぜなら疲れていると、判断力も鈍るからです。
判断力が鈍っているのに退職を決断したら、絶対に後悔します。

こんなはずじゃなかった。

必ずそう思います。

「仕事を辞めてから休む」と言う方法もあります。
ありますが…。
一度仕事を辞めたら復職できませんよ?

それでも、後悔しないと言い切れますか?

疲れているなら休む!
これが大切。

ゆっくり休んで疲れを取ってから、

なぜ仕事を辞めたいのか。
仕事を辞めてどうするのか。
改善する方法はないのか。

などをゆっくり考えてください。

仕事を辞めたいけど言い出せないときはどうするか

仕事を辞めたい。
でも言い出せない。

そんな時どうすればいいのか。
ポイントを紹介します。

「同僚に相談すると会社にばれる」を逆手に取ってみる

もし、「仕事を辞めたい」と会社に言い出せないなら。
わざと口が軽い同僚に相談しましょう。

口が軽い同僚に相談すれば、間違いなく周りの人に伝わります。
周りの人に伝われば、辞めざるを得ない環境が作れるでしょう。

うまくすれば、上司から呼び出してもらえることも!

まぁここまでいかなくても、噂に便乗して上司に伝えることもできます。

ただ注意してほしいことがひとつ。
「辞めたい」のが会社にばれると、職場に居づらくなることがあります。

やっぱり辞めたくない。

そう思っても居場所がなくなってしまうのです。

なので、辞めようかどうか悩んでいるなら、会社の人には相談しないこと。

「絶対にやめる!」

そう決めてから、本当にばれてもいいときだけやってみてください。

関連記事:仕事がつらくて辞めたいとき、誰に相談するべきか

会社にばれるのが嫌なら信頼できる友人に相談する

会社にばれるのが嫌なら友人に相談しましょう。
というのは、なぜか会社の人に相談すると、ウワサになるからです。

これ、相手の信頼とか関係ありませんよ。

なので、会社にばれるのが嫌なら、信頼できる友人に相談しましょう。

人に相談することで、仕事を辞めたい理由が明確になることもあります。
何より気持ちがすっきりします。

仕事を辞めようか悩んでいる。
そんな現状を打破するような、素晴らしいアドバイスももらえるかもしれません。

1人で悩むよりは信頼できる友人に話を聞いてもらう。
これだけでも、悩みを解決する効果があるものですよ。

関連記事:仕事を辞めたいけど怖くて言えない君へのアドバイス

家族に言えないときは、相談から始める

家族に「仕事を辞めたい」と、突然伝えれば、間違いなく反対されます。

特に一家の大黒柱として家庭を支えていたら、言い出しにくいですよね。
そして言えば必ず止められます。

家族の理解を得るには、まず今置かれている状況を説明すること。
そして、相談することから初めて下さい。

突然切り出すと驚きも大きくなり、反対される確率も上がります。
ですが、常日頃から相談していれば理解も深まるものです。

何より、これからも生活を共にしていく家族です。
悩みを相談したほうが、良い関係が築けますよ。

円満退職するための「仕事を辞める理由」

さて、仕事を辞めたいときに気になるのが、会社に伝える理由ですよね。

先に言っておきますが、退職理由で会社の愚痴を言うのはNGです。

会社に不満があるからと、
「退職理由を聞かれたら、今までたまっていたうっぷんを晴らしてやろう」
とは、間違っても思わないでください。

今の会社が、転職後にお客様になるかもしれません。
将来何かしらの仕事で、付き合いがあるかもしれないのです。

それに、もし退職理由で仕事への不満を伝えたとします。

でも「その部分は改善するから辞めないでくれ」と言われたらどうしますか?

「改善してもやめます」

なんて言ったら、「言っていることとやっていることが違う」と、あなたが非難されますよね。

なので、会社への不満は心の中だけにとどめておいて、円満退職を目指しましょう。

ホンネとタテマエは違うもの。

わざわざ不満を伝えて、会社に付け入るスキを与える必要はありません。

最適な退職理由は「一身上の都合」

法律上は、仕事を辞める理由を伝える必要はありません。
なので、退職理由は「一身上の都合」で十分。

もし深く聞かれるようなら、こう答えたらどうでしょう。

〇〇に興味が出たのでそれに関わる仕事がしたい
ほかの正解を知ることで自分自身をスキルアップさせたい

前向きな理由を伝えれば、会社も納得しやすいはずです。

万が一、上司がしつこく退職理由を聞いてくる。
あるいは書かせようとしてきた場合は、毅然とした態度で断ってください。

それが難しければ、こう言ってください。

キャリアアップのために辞めます
違う業界で働いてみたいと思っています

前向きな理由を言えば、追及されにくくなります。

ちょっと難しい話をしますね。

実は労働法では、使用者が強制労働や強制貯蓄などで労働者を職場につなぎとめてきた、悪しき習慣を排除しています。
そして退職理由を詳細に言わせることは、この繋ぎとめを誘発する可能性があるので、許されていないのです。

簡単に言うと、上司が知らずに違法行為をしている、かもしれないのです。

お世話になった上司のためにも、詳細を答えるようなことはせず濁してあげましょう。

もうひとつ。

同業他社へ転職すること。
あるいは営業情報漏洩を理由に、退職理由を詳細を聞かれることもあります。

が、これも退職理由を詳細に聞く理由にはなりません。

普通の会社なら深く聞いてくることはありません。

ただ中には、引き留めに躍起になって、やたら時間をかけて聞かれることもあります。

つまり「退職理由を詳細に伝える必要ない」ことは、知っておいて損のない知識です。

と言っても、もめても後々面倒ですよね。

なので、しつこいときはキャリアアップを退職理由にしましょう。
ふつうは「一身上の都合」で十分です。

「不満」を退職理由にするのはやめよう

仕事を辞めるときに会社への不満を理由にするのはやめましょう。
不満を理由にすると、逆に引き留められることがあります。

「それは改善するから辞めないでくれ」

そういわれてしまうんです。

不満がなくなってしまえば、やめる理由もなくなりますよね。

給与が低い⇒じゃぁ増やしてやる
評価されていない⇒昇格させてやろう

そんな切り返しが目に浮かびます。
もちろん会社にとって、必要な人材であることが前提ですが。

また、退職すれば縁が切れる。
そう思って不満を言う人もいるようですが、人の縁はそう簡単には切れません。

将来取引先になる可能性もあります。
子供の学校で保護者として合う可能性もあるのです。

「立つ鳥跡を濁さず」と言いますよね。

その言葉の通り、跡を濁しても良いことはひとつもありません。
なので、不満を仕事を辞める理由にするのはやめましょう。

仕事を辞める前に転職先を探しておこう

仕事を辞める決意を固めた。
家族の理解も得られた。
会社にどう話をするかも決めた。

あとは退職届を提出するだけ!

となったとしても、ちょっと待ってください。

辞める前に大切なことが一つ残っています。
それは、次の仕事を探しておくことです。

もし辞めてから次の仕事を探そうと思っているのなら、考え直してください。
退職後の転職活動は、精神的にも金銭的にも辛くなりやすいのです。

退職後の転職活動が辛くなる理由

退職後の転職活動が辛くなる理由のほとんどはお金です。
収入がなくなったことで、生活が苦しくなるんですよね。

早い人は1か月。
遅い人でも3か月ほどで次の仕事が見つかります。

ただはまると、何年も探し続けることも…。

失業給付金が出るし貯蓄があるから大丈夫!

そう思うかもしれません。
ですが、収入ゼロで生活をしていくのはかなり大変。

日々減り続ける貯金を見ていると、夫婦仲も悪くなります。
それに、お金が減っていく恐怖は、耐え難いものがあります。

こうなると焦りだすのが人というもの。

最後にはこう言い始めます。

生活のためだから仕方がない
とにかく働かないと
もう仕事なら何でもいい!

そして、妥協しまくって適当に就職するんです。

これ、普通に生活できるようになったとき、猛烈に後悔します。

「やりたい仕事はこれじゃない」

そんな思いが生まれ、また「辞めたい」と思うんです。

自分が納得のいく仕事に転職するためにも。
生活費で苦労しないためにも。

転職先は在職中に探すようにしましょう。

関連記事:仕事を辞めてから転職活動をするメリット・デメリット

自分で出来ない事は転職エージェントに相談しよう

在職中に転職先を探したい!
そう思っても、毎日の激務や残業で時間が取れない人も多いはず。

また、同僚や上司に相談することもできない。
近く人相談できる友人がいない。

そんな人もいるでしょう。

そんな時、頼りになるのが転職エージェントです。

忙しい仕事の合間を縫って、求人を探すのは大変ですよね。
転職エージェントなら、あなたのスキルや経験にあった求人を紹介してくれます。

よい求人を見つけても、働きながらだと面接の段取りも取りにくいですよね。
転職エージェントなら、面接の日時を代わりに調整してくれるんです。

転職先が決まっても、給与交渉はやりにくいですよね。
転職エージェントなら、難しい給与交渉を代わりにやってくれます。

しかも無料で。

ちなみに相談だけでも利用できます。

本当に転職するべきか
今後のキャリアプランをどうすればいいのか

そんな漠然とした思いを相談するだけでも利用できるんです。

なので転職を考えている人。
転職したいけど何をするべきかわからない人も、ぜひ相談してください。

おすすめはリクルートエージェント

理由は、取り扱い求人数がメチャクチャ多いから。

転職でも恋愛でも、出会いって大切ですよね?

出会いが多ければ、それだけ理想の人に会える確率が高くなります。
求人も同じで、数が多ければ理想の職場に出会う確率が高くなるんです。

つまり、求人数が多ければ、それだけ成功しやすいということ。
ついでに言うと、求人数が多いということは、企業から信頼されているということでもあります。

だから、リクルートエージェントがおすすめなんです。

公式サイトはこちら➡リクルートエージェント

まとめ

誰でも一度は「仕事を辞めたい」と思ったことがあるもの。
でも、本当に辞めるのは勇気が必要です。

本当にやめていいのかどうか。

悩んだときにこの記事を読んでください。

そして、本当に仕事を辞めたいのかどうか。
自分を見つめなおすきっかけになれば、うれしいです。

タイトルとURLをコピーしました