40代仕事辞めたい病の解決策

仕事辞めたい病にかかる理由と癒し方

仕事を辞めたい。
辞めたくて辞めたくて仕方がないけど、なかなか辞められない。

そんな悶々とした気持ちを抱えながら働く40代は大勢います。

「いつかは辞めてやる!」

そう思っても、次の仕事のこと、生活のこと、家族のことを考えると、辞めたくてもやめられませんよね。

この記事では、40代の「仕事辞めたい病」を解決する方法を紹介しています。

仕事辞めたい病とは

仕事辞めたい病とは、「仕事を辞めたい」と思いながらも辞めることに不安を感じ、辞められずに悶々としている状態のこと。

悶々とする理由には…

  • 自分に厳しい
  • 人間関係がつらい
  • 辞めたいけど辞められない

…などの理由があります。

自分に厳しい

自分に厳しい人は、知らず知らずのうちに自分を追い詰めてしまいます。

例えば「仕事を辞めたい」と思う気持ちを、「甘えている」と考える方。

こういう方は「たいして仕事もできないのに、辞めてどうするつもりだ!」 と、自分に発破をかけてしまうものです。

自分に厳しいという意味では、とても素晴らしい考え方です。
ですが度が過ぎると自分で逃げ道を潰してしまいます。

結果として「辞めたい」⇒「辞めちゃだめだ」のループになり、悶々とした気持ちになってしまうのです。

職場の人間関係がつらい

様々な年代の人が一緒に働く職場では、人間関係がつらくなることがあります。

なぜなら感じ方も考え方も違う人が大勢いるうえに、上司や先輩、さらに上の上司など、慣れない上下関係にストレスを感じるからです。

また職場で身近な存在である上司や先輩との関係に躓くと、途端に人間関係がつらくなります。

仕事も思うように進められなくなり、会話にも入りにくくなってしまうでしょう。

その結果一人で悩みを抱え込んでしまい、悶々としていきます。

仕事を辞めたいけど言えない

仕事を辞めたいと思うけど、誰にも相談できない。
あるいはどう伝えたらいいのか分からない時も、気持ちが悶々としていきます。

家族に申し訳ない

「家族に申し訳ない」という気持ちから、仕事を辞めたいと言い出せないことがあります。

  • 仕事を辞めると生活が苦しくなる
  • 子供の学費を稼がないといけない
  • 家のローンが残っている

など、生活費のほとんどを担っている方ほど、家族の気持ちを優先して考えてしまい、仕事を辞めたいと言い出せなくなります。

人手不足で辞めづらい

人手不足の仕事は辞めると周りに迷惑がかかりそうで、辞めづらいものです。

そして毎日の仕事に飲み込まれ、残業や休日出勤で体力を削られていきます。

さらに「辞めたいけど辞められない」のループにハマり込み、精神的にも疲れてしまうのです。

その結果悶々とした気持ちを抱え込むようになります。

仕事辞めたい病の解決策

仕事辞めたい病の悶々とした気持ちを解決するには、次の5つの方法があります。

  • 異動願を出す
  • 辞めてから次のことを考える
  • 次の仕事の目途をつけて辞める
  • 我慢する
  • 原因を解決する

異動願を出す

社内で異動すれば、上司と合わない、仕事が面白くないなどの問題を解決できます。

なので仕事辞めたい病を解決するのに、異動願の提出は一定の効果があるものです。

注意点としては、「仕事が嫌だ」という理由では異動できない、ということ。

会社は従業員のわがままに付き合ってくれるほど、優しいところではありません。

異動を希望するのなら、会社の利益に結び付く理由を説明しましょう。

辞めてから次のことを考える

とりあえず今の仕事を辞める。
そして辞めてから次のことを考える、という方法もあります。

辞めれば気持ちがすっきりしますし、悶々とした気持ちも少しは晴れる…はずです。

ですがいきなり仕事を辞めるのは、お勧めできません。

なぜなら40代の転職は、想像している以上に厳しいからです。

関連記事:40代の転職は想像以上に厳しい!

次の仕事の目途をつけてから辞める

40代が仕事を辞める時は、次の仕事の目途をつけてから辞めるべきです。

なぜなら普通の40代を中途採用する企業がほぼないから。

勢いだけで仕事を辞めると、次の仕事を見つけるのに苦労しますし、最悪の場合仕事が見つかりません。

そういった事態を回避するためにも、必ず次の仕事の目途をつけてから、辞めるようにしてください。

我慢する

今の仕事を我慢して続けることも、仕事辞めたい病を解決するひとつの方法です。

どんな悩みもそうですが、時間がある程度解決してくれます。

何年かかるかわかりませんが、嫌な上司は異動や退職でいつかいなくなります。

面白くない仕事でも、出世すれば内容が変わるものです。

ただ、あまり長い間我慢するのもつらいため、我慢するなら定年まで働く覚悟を持つべき、かもしれません。

悶々とする原因を解決する

今の仕事を続けるために、悶々とする原因を解決するために、行動することも大切です。

例えば給与が安いことが原因なら、給与アップの交渉をする、副業を始めるといった解決策があります。

上司と合わないのなら、仕事中以外は距離を置く、話し合いの場を設けてもらう、こともできますよね。

「仕事を辞めたいけど…」という悶々とした気持ちを抱えているより、行動を起こすことで気持ちがすっきりするケースもあります。

辞める覚悟があるのなら、解決するための行動を起こしてみてはいかがでしょうか。

仕事辞めたい病は悪化するとうつ病になる

仕事を辞めたい病は、悪化するとうつ病になります。

うつ病は憂うつな気分が続き、さまざまな意欲(食欲、睡眠欲、性欲など)が低下する病気。
腹痛や吐き気、頭痛などの身体的な自覚症状を伴うことも珍しくありません。

仕事辞めたい病は悶々とした気分を抱え込むこと。
それが長く続くと、うつ病の引き金になってしまうのです。

なので長く我慢するのではなく、できるだけ早く解決するための行動を起こすべきです。

最後に

仕事辞めたい病は、辞めたいけど辞められないという状況で、悶々とした気持ちを抱えるから起こります。

なので仕事辞めたい病を癒すには、悶々とする環境から離れるか、原因を解決するしかありません。

40代という年齢を考えると、外に新しい環境を求めるのはリスクが高い。

なのでできれば、社内異動をお願いするか、原因解決のために動くことをお勧めします。