ボイスレコーダーをメモ代わりに使う。独り言を言うだけで記事の元があっという間に出来あがります。

1日3記事なんとか書き続けていますが、文字数1200以上はあっという間に断念。文章を書くのって思っている以上に大変ですね。

なるべく簡単に記事が書きたくて、ボイスレコーダーをメモ代わりに使う事を思いついたんですが、このボイスレコーダーメモ、相当良いですよ! 書けなくて困っている人にぜひお勧めしたい!

やり方は簡単。

①ボイスレコーダーを買う。

僕が使っているのはこれ。

「パナソニック ICレコーダー 4GB スティック型 ブラック RR-XP007-K」です。
ペン型なのでサイズも小さく、胸ポケットに差した状態で使えます。

会議でも使えますし、セクハラの証拠集めにも良いかも。

②思いついた時に録音する

1つのテーマを決めておくと考えが出てきやすいかも。「恋愛」とか「職場」とか「ダイエット」とかね。

何か思いついたらとにかく録音。どんなにくだらないことでも録音しちゃいましょう。

③録音したボイスを聞きながらパソコンに打ち込む。

ブラインドタッチが出来れば完璧! 耳で聞きながら話すのと同じ速さで入力! 話がつながっているかどうかなんて一切気にせずにひたすら入力!

別に話すのと同じ速さじゃなくでもいいです。

④打ち込んだ文章を意味が通じるように編集

自分で話した言葉だからね。意外と簡単にまとまります。

いやぁ、ボイスレコーダーのメモはなかなか具合が良いですね。ぶつぶつしゃべっているだけで記事の元が出来上がるし、自分の声を聞きながら説明下手だと言うことも良くわかる。

これ、頭で考えた事をすぐ声に出すことで、ひょっとすると話しも上手になるかもしれませんね。

ただ難点は、周りに人がいると恥ずかしくて出来ない事。

今のところ、通勤の車の中限定で使ってます。

記事を書くのが大変だよー! と言う方にはぜひ試してもらいたい方法。お勧めですよ。




本当に向ている仕事の見つけ方

向いている仕事の見つけ方
  • この仕事に本当に向いているのか
  • もっと活躍できる仕事があるはず
  • もっと給与が高い仕事ができるはず
  • 自分の才能を教えてほしい
  • 適職さえわかればすぐに辞めるのに!

そんな悩みを持っている方向けに

自分の才能を知って、向いている仕事を見つける方法

を紹介!

向いている仕事を見つける