転職して半年で辞めたくなる理由!辛い時期を乗り切るために

転職して半年で辞めたくなる理由!辛い時期を乗り切るために

勤め始めて3ヶ月、あるいは半年経つと、仕事を辞めたいと思う人が多くなります。
不思議なもので3の倍数になると退職者が増えるんです。

そんな話をよく聞きますよね。
では、一番人が辞める時期を知っていますか?

答えは3か月。

実は一番辞める人が多いのは、入社して3ヶ月なんです。

辞める理由は会社になじめないから。

入社して3ヶ月は丁度試用期間が終わるころ。
そして、仕事の内容が変化する時期。

この、変化に馴染めず辞めてしまいます。

次が6か月。

仕事の変化についていこうと必死になって頑張った。
けれど突然「プツン……」と何かが切れ、仕事を辞めたくなる時期です。

しかも入社して6ヶ月は、仕事を辞めたい理由が具体的になってきます。

  • 仕事ができない
  • 周りに気を使い過ぎている
  • 自分に合っていない気がする
  • 職場に上手くなじめない

転職市場での評価を考えると、3年は同じ会社で働くことが理想です。
ですが今は変化が早く、3年も我慢すれば環境がガラッと変わってしまう可能性があります。

なので短期間での転職を繰り返さないのなら、半年で仕事を辞めても良いかもしれません。

しかし3ヶ月、あるいは半年で仕事を辞めてしまうと、次の仕事探しに少なからず影響が出ることは、覚悟しておくべきです。

この記事では、入社半年以内で仕事を辞める前に考えてほしいこと。
半年で辞めた場合、その後の生活がどうなるのかについて、私の実体験を交えて紹介しています。

スポンサーリンク

入社半年は最低限の仕事ができればいい

入社後半年は最低限の仕事ができればいい

新卒や20代の転職であれば、入社半年後は最低限の仕事ができれば問題ありません

30代の中途採用であれば「即戦力」を求められます。
ですが20代はポテンシャル採用が多いので、「即戦力」を求められることはほぼないのです。

とは言え人一倍責任感の強い方は、仕事ができない自分に不甲斐なさを感じて、入社半年で退職を考えることがあります。

仕事がつらいと感じる人もいるでしょう。

入社して半年であれば、会社もじっくり育てようと考えていることが多いので、自分に責任を感じて退職する必要はないんですけどね。

もし本当に仕事ができず、役に立たない人材であれば、会社は容赦なく辞めさせようとします。
場合によってはストレートに退職を勧告することさえあります。

なので会社から退職を勧告されないなら、将来を期待されていると考えてください。
そして入社後半年は、最低限の仕事ができていれば十分なんです。

仕事を続けた場合のメリット・デメリットを考える

メリット・デメリットを考える

「仕事を辞めたい」と思ったときは、今の仕事を続けた場合のメリットと、デメリットを考えることも大切です。

例えば、管理職に空きがなく同僚も大勢いる。
努力しても出世する見込みは少なそうだ、と考えられるのなら転職を考えるべきでしょう。

管理職や上司の給与が、あまり高くない場合も転職を考えるべきです
また会社に対する不満が10個以上ある場合も、転職した方がいいでしょう。

ですが勤め続けることで、次のような結果が得られそうなら続ける価値があります。

  • 資格の受験資格が得られる
  • 業界特有のスキルが身につけられる
  • 管理職になれる可能性がある

つまり「仕事が嫌だから辞める」のではなく、将来を見据えてメリットとデメリットをよく考えることが大切です。

半年で仕事を辞める影響を理解する

半年で仕事を辞める一番のデメリットは、「すぐに辞める人」だと思われることです。
そして短期間での退職は、納得のいく退職理由を用意しないと、面接を通りにくくなります。

この傾向は、短期間の転職を繰り返すほど顕著になります。
とくに短期間での転職を3回以上繰り返すと、転職先はほぼなくなると言われています。

ですが半年での退職が一度だけであれば、それほど心配する必要はありません。

ただし「すぐに辞める人」だと思われていることは間違いないので、納得のいく退職理由を用意し、その印象を覆す必要があります。

再就職について

再就職について

短期間で仕事を辞めると再就職が難しくなります。
その理由は次の2つ。

  • 書類選考に通りにくい
  • 面接官が納得する退職理由が必要

ひとつずつ説明します。

書類選考に通りにくくなる理由

短期間で退職すると書類選考で不採用になる確率が、格段に高くなります。

とはいえ短期間での退職が1回であれば、それほど影響はありません。
ですが短期間で2回、3回と転職を繰り返していると、驚くほど書類選考の通過率が悪くなるのです。

書類選考で不採用になる理由は、短期間で辞める人は採用してもすぐ辞める、と思われるから

経歴を変えることはできませんから、短期間で転職を繰り返さないようにしてください。

余談:短期間で辞めた会社を書かない

本当はやってはいけないのですが、私は短期間で退職した会社を履歴書に書きませんでした。
書くと書類選考で落とされるので、わざと抜いたのです。

なぜ短期間で退職した会社を経歴から抜いたのかと言うと、ある方から「3ヶ月は職歴にならない」と言われたからです。
(期間が短い職歴を外すことは様々な意見がありますので、真似をするときは自己責任でお願いします。)

経歴として書かなければ、書類選考で落ちることも、面接で退職理由を聞かれることもなくなります。
ただし後でバレた場合、即不採用になるかもしれません。

関連記事:試用期間中に退職すると職歴になるのか

面接官が納得する退職理由が必要

さらに困るのが、面接で面接官が納得する退職理由を説明することです。

明確な理由がある場合は問題ありませんが、「仕事が嫌」などの理由で退職している場合、かなり説明に困ることになります。

参考までに、退職理由別の考え方を紹介します。

――労働条件にウソがあって退職した場合

この場合は退職理由を隠す必要はありません。
何があったのかを正直に伝えてください。

ただし「状況を変える努力はしたのか」と言う質問を受ける場合があります。
もし質問されたときのために、解答を用意しておくことが大切です。

――長時間労働が原因で退職した場合

「残業が嫌だ」と伝わらないように、言い回しに注意してください。

  • 日中はだらだらと仕事を進め、残業時間も無駄話が多い環境だった
  • みなし残業時間を超えたのに、残業代が支払われなかった

など、辞めざるを得ない環境だったことを伝えましょう。

――職場に馴染めず退職した場合

ハラスメントがあった場合は、正直に話しても問題ありません。

「意見を言える環境がなかった」「常に怒鳴り声の聞こえる職場だった」など、雰囲気の悪さを伝えましょう。

――仕事が原因で退職した場合

  • 入社したが自分には合わない仕事だった
  • つまらなくてやる気が起きなかった

など、仕事が理由で退職した場合は、理解してもらうことが難しくなります。

  • 将来成長した自分がイメージできなかった
  • 挑戦できる環境で働きたい

など、前向きな理由を伝えるようにし、「なぜ、前職では出来なかったのか」を説明しましょう。

ただし、話に一貫性がないと「ウソをついている」と思われるので、おかしなところがない様に、何度も読み返すことが大切です。

半年でやめると妥協しやすくなる

半年でやめると妥協しやすくなる

半年で仕事を辞めると、次の仕事を見つけるときに妥協しがちになります。
なぜなら短期間で退職すると、再就職が難しくなるから。

再就職が難しくなることで困るのは、生活費が稼げないことです。
仕事を辞めれば収入がゼロになりますから、生活費が稼げないと貯金を切り崩して生活しないといけません

ぼくは3ヶ月で仕事を辞めたことがあります。

仕事を辞めたことで収入はゼロになります。
ですが当時は貯金があったため何とか生活できました。

とはいえ毎月数十万円貯金が減っていく様子を見るのは、恐怖でしかありません。
そして最後には貯金が目に見えて減っていく恐怖に耐えられなくなり、どこでもいいからと転職して失敗しました

「失業給付金がある」と思うかもしれません。
ですが失業給付金を受け取るには、雇用保険に1年以上加入している必要があります。

つまり半年で退職すると、「1年以上の加入」という条件を満たせません。
失業給付金が受け取れないのです。

短期間で仕事を辞めるということは「再就職が難しくなる」だけじゃなく、「生活も困難になる」かもしれないということ。

そして生活のために妥協して仕事を決めやすくなります。
すると「こんなはずじゃなかった」と、後悔する可能性も高くなるのです。

辞める前に仕事を探す

仕事を辞める前に次の仕事を探すべきです。
私は仕事を決めずに辞めて、何度も後悔しました。

だからこそ「仕事を決めてから辞めろ」と強く言いたい。

短期間で仕事を辞めると書類審査で落ちることが増えます。
結果として転職活動に時間がかかります。

時間がかかることで、必ず「生活費」の問題が出てきます。

そして生活費が足りなり、「どこでもいい」と妥協して転職する。
しばらく働くと「やっぱり違う」と思い始め、また仕事を辞めてしまう。

こんなことの繰り返しになりかねません。

毎月決まった額の収入があるだけで、気分的に楽になるものなのです。
気持ちに余裕があれば、仕事を探す余裕も出てきます。

だからこそ、在職中に転職活動を進めてください。

在職中に次の仕事を見つければ、半年で仕事を辞めるデメリットを無くすことができます。

在職中の転職活動は転職エージェントを利用する

在職中の転職活動では、転職エージェントを利用しましょう。
なぜなら効率よく転職活動ができるからです。

まずハローワークは、退職日がある程度決まっていないと求人を紹介してもらえません。
これは、求人企業に迷惑をかけないための処置です。

迷惑とは、応募者に退職する気がなかった。
つまり、書類選考や面接が無駄になることを言います。

この無駄を嫌がるため、退職日が決まっていないと求人を紹介してもらえません。

転職サイトは、必要なことを全て自分でやらないといけません。

求人を探して応募書類を作り、面接の日時の調整をする。
これをすべて自分でやると、手間と時間がかかりますよね。

つまり、働きながら活動するのは大変、ということです。

で、転職エージェントは、面倒なことをサポートしてくれます。
サポート内容は主に次の6つ。

  • キャリア相談
  • 求人紹介
  • 履歴書や職務経歴書の添削
  • 面接対策
  • 面接のセッティング
  • 給与交渉

つまり、面倒な部分もサポートしてくれる。
その分転職活動も進めやすくなる、というわけです。

働きながらの転職活動は、思っている以上に負担がかかります。

だからこそ、転職活動をサポートしてくれる転職エージェントを利用するわけです。

大手転職エージェントがおすすめ

では、どの転職エージェントを利用するべきかというと。
求人数の多い大手がおすすめです。

理由は次の3つ。

・求人が多いほど成功しやすい
・経験が方法
・企業からの信頼も厚い

まず、求人が多いほど選べる求人が多くなります。
結果として、希望する仕事に出会える可能性が高くなります。

これ、当たり前ですよね。
5つの求人から選ぶより、10の求人から選んだほうが、よりよい求人を見つけやすくなります。

とはいえ100も200もあっても困る。
なので、経験の豊富なエージェントを使います。

つまり、あなたのスキルや経験、希望から、よりマッチした求人を紹介してもらえる、というわけです。

最後は企業からの信頼。
取り扱い求人数が多いということは、それだけ求人を出す企業がいる、ということ。

お金のかかることを適当にやる企業はありませんよね。
なので、求人数が多いということは、それだけ信頼されている、ということです。

これらの理由から、転職エージェントは大手をおすすめします。

参考までに転職エージェント大手2社のリンクを張っておきますね。

転職エージェント最大手➣リクルートエージェント
サービスの評価が高い➣doda

この2社なら大きく失敗することはありません。
なので、おすすめです。

最後に

入社して半年たつと、いろいろなことを考えてしまいます。
ふがいなさから「辞めたい」と思うこともあるでしょう。

ですが入社半年は、基本的な仕事ができれば十分です。
会社もそこまで大きな成果を望むことはまずありません。

でももし、どうしても我慢できなくて半年でやめるのなら・・・。

次の会社では長く勤めるつもりで行ってください。
なぜなら多くの会社は、次の3つを重視して転職者を選んでいます。

  • 転職回数
  • 在職期間
  • 退職理由

短期間での転職を繰り返すと、最後には転職できる仕事が限られてしまいます。
それこそ、辞めたいと思いながら毎日働かないといけなくなる、かもしれないのです。

そうならないためにも、短期間での退職は1回だけにして、次は長く勤められる会社を探しましょう

短期間の退職を繰り返さない。
これ、すごく大切なことなので覚えておいてくださいね。

そしてできれば、やめる前に仕事を探してください。
というもの短期間で辞めると、次を探すのが結構大変だからです。

働いていればお金に困ることはほとんどありません。
このことが気持ちの余裕につながります。

結果として、よりよい仕事を見つけやすくなるわけです。

次の仕事まで失敗したくないですよね?
もっと良い仕事に就きたいと思いませんか?

それなら、まずはプロに相談すること!

転職エージェント最大手➣リクルートエージェント
サービスの評価が高い➣doda

ひとりだと同じ答えしか出ません。
より良い結果を得るために、行動しましょう!

タイトルとURLをコピーしました