仕事を複数の社員が同時に辞めてもいいのか。違法性は?

仕事を同時に辞める

社員が3人揃って仕事を辞めました。
なんでも、社員によって上司の態度に差があり、差別されている気がしたそうです。

そこで気になったことが、複数の社員が同時に退職してもいいのか、ということ。

3人揃って辞めた社員は部署が違ったため、仕事への影響はほとんどありません。
ですがもし、この3人が同じ部署だったとしたら…。

会社の営業に影響が出る可能性もあるわけです。

ということでこの記事では、社員が同時に辞めることに問題があるのかどうかを紹介します。

おすすめ記事:会社の辞めかた。今すぐ辞める方法から円満退職まで徹底解説!

偶然退職が重なったのなら問題なし

労働者は民法627条で退職の自由が保障されています。
そのため会社は、「退職したい」と言っている社員を止めることができません。

つまり、同時に複数の社員が辞めるとしても、たまたま退職日が一致したのであれば何の問題もないのです。

会社はお願いするしかない

複数の社員が同時に辞める場合、会社は退職日をずらしてもらうようにお願いするしかありません。

本当に揃って辞めないといけないのか。
新しい社員を採用するまで猶予を貰えないか。

たとえ複数の社員が同時に辞めるとしても、それぞれに理由があり、たまたま退職が一致したのであれば、止めることができないのです。
それほど労働者の退職の自由は、強い権利なんですね。

違法性が指摘されるケースもある

ただし同時に退職することが、事前に計画されていた場合は話が変わってきます。

例えば上司のことが嫌いで、みんなで一斉に辞めて困らせてやろうと企んだ場合は、会社から営業妨害で訴えられる可能性が出てきます。
さらに、退職したことで発生した損害に対する賠償金の請求。
営業を妨害するために退職したことを理由にした懲戒解雇。
その上退職金は没収されるでしょう。

また、就業規則に同業他社への転職の禁止(競業避止義務)があるにも関わらず、退職者全員が同業他社へ転職した場合はさらに違法性が高くなります。

つまり…

  • 同時退職を計画したか
  • 同じ会社に転職するのか
  • 全員で会社を立ち上げないか
  • 辞めたことで会社に損害がないか

…という部分を見られるようですね。

そして違法性が認められると…

  • 損害賠償請求
  • 懲戒解雇処分
  • 退職金の減額

…を罰として受けることがあります。
さらに同じ会社へ転職すると、転職先の会社が損害賠償請求を受けることもあります。

まとめると、複数の社員が会社を困らせるために同時退職を計画して実行に移すと、違法性が指摘されるかもしれない、ということです。

退職のルールに従えば問題はない

最初にも書きましたが、たまたま退職が重なっただけであれば、何の問題もありません。
複数の従業員が同時に辞めるとしても、会社は止めることができないのです。

ただし、会社を困らせる目的で同時退職をすると、違法性を問われることがあります。
もし会社のことが嫌いで、困らせてやりたいと思ったとしても、計画を立てて同時退職を実行するのは辞めましょう。

関連記事:退職時期のルール。退職の意思表示から最短2週間で退職出来る




おすすめのまとめ記事 仕事を辞めたい

30代の転職